スライド プレゼンテーションを記録するためにメディアを追加します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

PowerPoint 2016では、[レコーディング] タブを使用して、スクリーン ショット、画面の記録、(バック グラウンド ミュージック) などの音声またはビデオをスライドに追加できます。

スライドのスクリーン ショットを挿入する場所を開きます。

レコーディング] タブをクリックして >] ボタンのスクリーン ショット> (windows のギャラリーが開きます)

(そのアプリのフル ウィンドウの領域を) に表示されるウィンドウの 1 つを選ぶか、取り込みたい画面の領域を定義するのには、画面の領域を選択します。

  • コンピューターの画面と、関連するオーディオを記録し、[別のファイルとして保存する、 PowerPoint slide―or に埋め込むことできます。方法については、 PowerPoint の画面のレコードを参照してください。

  1. ビデオを追加するスライドを開きます。

  2. レコーディング] タブをクリックして >ビデオ> し、コンピューターまたはネットワーク上のビデオ ファイルが保存されている場所に移動します。ファイルを選択し、[挿入] をクリックします。

    ビデオが「自動再生」   つまり、閲覧者がスライド ショーでプレゼンテーションを見て、ビデオが配置されているスライドに届くと、ビデオがすぐに再生します。ビューアーを開始して再生] をクリックする必要はありません。ビデオでは、再生が終了したら、次のスライドにスライド ショーが自動的に進みます。

    重要な:   ビデオを挿入すると、次のように、ビデオをトリミングする後で、トリムは、ビデオの自動切り替えのタイミングを変更しません。適切なタイミングでスライドを手動で設定する必要があります。(ビデオを選択しとリボンの右端にある、リボンの [画面切り替え] タブをクリックしてのスライドの切り替えを調整する > トリミングしたビデオの長さと値が等しい時間後に設定します)。

    PowerPoint のリボンの [後] ボックスで、[画面切り替え] タブ、[自動昇格させるスライド切り替えのタイミングを設定します。

  1. オーディオ ファイルを追加するスライドを開きます。

  2. レコーディング] タブをクリックして >オーディオ>このコンピューター上のオーディオ> し、オーディオ ファイルが保存されているコンピューターまたはネットワーク上の場所に移動します。ファイルを選択し、[挿入] をクリックします。

    レコーディングは「自動再生」   つまり、閲覧者がスライド ショーでプレゼンテーションを見て、オーディオの録音を配置する場所のスライドで着信すると、すぐに再生します。ビューアーを開始して再生] をクリックする必要はありません。音声は、再生が終了したら、次のスライドにスライド ショーが自動的に進みます。

  1. オーディオを追加するスライドを開きます。

  2. レコーディング] タブをクリックして >オーディオ>録音

  3. サウンドの録音] ダイアログ ボックスで、[レコード] ボタン、 PowerPoint の [サウンドの録音] ボタン ] をクリックして開始話してまたは独自のオーディオを再生します。確認が終わったら、[四角形の停止] をクリックします。使いたい場合は、レコーディングに名前を割り当ててください。[OK] をクリックし、レコーディングは、標準のオーディオ アイコンによって表される、現在のスライドに配置します。

    オーディオのアイコンとコントロール

    レコーディングは「自動再生」   つまり、閲覧者がスライド ショーでプレゼンテーションを見て、オーディオの録音を配置する場所のスライドで着信すると、すぐに再生します。ビューアーを開始して再生] をクリックする必要はありません。音声は、再生が終了したら、次のスライドにスライド ショーが自動的に進みます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×