スライド ショー クリッカーとしてデジタル ペンを使用する

プレゼンテーション中に自由に移動するペンは、コンピューターから最大 30 フィートまで離れて使用できる、ワイヤレス リモート コントロールです。

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

適切なペンはありますか?Windows 10 はありますか?

Bluetooth をサポートする、Surface Pen 4Wacom Bamboo Ink などのデジタル ペンが必要です。

デジタル ペン

Windows 10 Fall Creators Update がコンピューターにインストールされている必要があります。

ペンとコンピューターをペアリングする

  1. デジタル ペンを有効にするには、デジタル ペンの上部のボタンを約 7 秒間押し続けます。

  2. Windows の [スタート] ボタン スタート ボタン を右クリックします。

  3. [設定] を選択します。

  4. [デバイス] を選択します。

    [Windows の設定] ダイアログ ボックスで [デバイス] を選択する
  5. 左側で [Bluetooth とその他のデバイス] が選択されていることを確認します。

    左側で [Bluetooth とその他のデバイス] オプションが選択されていることを確認します

    近くにある Bluetooth デバイスのリストが示されます。

    使用するデジタル ペンが既にリストに表示されている場合は、"接続済み" としてマークされ、ペンを使用する準備ができています。それ以外の場合は、手順 6 に進みます。

  6. [Bluetooth またはその他のデバイスを追加する] を選択します。

    Bluetooth デバイスを追加する
  7. [デバイスの追加] ダイアログ ボックスで、[Bluetooth] を選択します。

    [デバイスの追加] ダイアログ ボックス
  8. デジタル ペンを選択します。

    デジタル ペンを選択して、Bluetooth 経由でコンピューターに接続することを Windows に通知します。
  9. [完了] を選択して、ダイアログ ボックスを閉じます。

    ペンとコンピューターが接続、またはペアリングされています。

    Windows によって、デジタル ペンがコンピューターに接続されていることが示されます
  10. Windows 10 の左側にある [設定] ウィンドウで、[ペンと Windows Ink] に切り替えます。下部で、[アプリにショートカット ボタンの動作の上書きを許可] を選択します。

    PowerPoint で、ペンのショートカット ボタンの動作の上書きを許可することが必要な場合があります。

    (ペンに一番上のボタンの定義済みのショートカットがある場合は、ショートカットを変更する必要があります)。

ペンをプレゼンテーションのクリッカーとして使用する準備ができました。

ショー タイム

プレゼンテーションを開いて、[スライド ショー] スライド ショー ボタン を開始し、次の "クリック" を開始します。

  • 消しゴムボタンを 1 回押すと、次へ進みます

  • ボタンを押し続けると、前に戻ります

すべての要件

このようにペンと PowerPoint for Office 365 が連携するようにするには、4 つの要件があります。

  • Office 365 1709 以降のバージョンの Office のサブスクリプション。

  • Windows Pen Designs」 (Windows ペンのデザイン) に沿った Surface Pen 4Wacom Bamboo Ink などのデジタル ペン。

  • Windows 10 Fall Creators Update がインストールされたコンピューター。

  • コンピューターとデジタル ペンの Bluetooth のペアリング。

関連項目

自然なジェスチャを使用して Word 文書を編集する

Office で図形やテキストを手描き入力する

ペンを使用してオブジェクトの移動やサイズ変更を行う

発表

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×