スライド ショーを設定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

PowerPointでスライド ショーを再生する方法を決定するのにには、このダイアログ ボックスを使用します。

自動実行プレゼンテーションを設定する場合は自動プレゼンテーションを作成する資料に切り替える。

種類

種類を表示する] セクションで、参加者にプレゼンテーションを表示する方法を指定するのにオプションを使用します。

  • プレゼンテーションを視聴する前に、 (フル スクリーン表示) 発表者として使用] をクリックします。

  • コンピューターで、またはインターネット上で、ハード ドライブ、CD からプレゼンテーションを表示する対象ユーザーを有効にするには、出席者として参照 (ウィンドウ表示)をクリックします。

    無人のコンピューターから自動実行プレゼンテーションをスクロールする対象ユーザーを許可するには、スクロール バーを表示する] チェック ボックスを選択します。

  • 自動プレゼンテーションを配信するKioskで実行される、自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示)をクリックします。

スライドの表示

スライドをプレゼンテーションで使用できるかを指定するか、 目的別スライド ショーを作成するのには、[目的別スライド ショー ] セクションで、オプションを使用します。

  • プレゼンテーション内のすべてのスライドを表示するのには、[すべて] をクリックします。

  • プレゼンテーションからスライドの特定のグループを表示するのから] ボックスに、表示する最初のスライド番号を入力し] ボックスに表示する最後のスライド番号を入力します。

  • 別の PowerPoint プレゼンテーションから派生したユーザー設定のスライドのプレゼンテーションを開始するには、目的別スライド ショー] をクリックし、プレゼンテーションを目的別スライド ショーで表示する] をクリックします。

    詳細については、 PowerPoint内からプレゼンテーションを開始、作成および目的別スライド ショーを参照してください。

オプションを表示する

オプションの表示] セクションで、オプションを使用して、サウンド ファイル、ナレーション、またはアニメーションでプレゼンテーションを実行する方法を指定します。

  • 継続的にサウンド ファイルやアニメーションを再生する場合は、 Esc まで繰り返す] チェック ボックスをオンに選択します。

  • 埋め込まれたナレーションの再生せずにプレゼンテーションを表示するには、ナレーションなしで表示する] チェック ボックスを選択します。

  • 埋め込まれたアニメーションを再生せずにプレゼンテーションを表示するには、アニメーションを表示しない] チェック ボックスを選択します。

  • 既定では、 PowerPointはプレゼンテーション内のグラフィックの描画をすばやく行うことができます。古いコンピューターでは表示の問題をこの機能が発生することもあります。この機能をオフにする] を [ハードウェアのグラフィック アクセラレータを無効にする] を選びます。

  • ライブの前にプレゼンテーションを行うときは、スライド上を作成することができます。ペンの色] ボックスの一覧で、インクの色を指定するには、[インクの色を選択します。

    ペンの色] ボックスの一覧は、(タイプの表示] セクションで) (フル スクリーン表示) 発表者が選択されている場合にのみ使用します。

  • ドロップダウン リストから、レーザー ポインターの色を選択します。、プレゼンテーション中にキーを押すと、Ctrl キーを押しと] をクリックしてドラッグ マウスの左ボタンをクリックすると、ポインターの注意を引く場合は、スライド上のコンテンツを指すようにします。詳細については、マウスをレーザー ポインターに記事を参照してください。

スライドの切り替え

スライドの切り替え] セクションで、オプションを使用して、1 つのスライド間を移動する方法を指定します。

  • プレゼンテーション中に各スライドを手動で切り替えるには、[手動] をクリックします。

  • スライド切り替えのタイミングを使用して、プレゼンテーション中に自動的に各スライドに切り替え、保存済みのタイミング]をクリックします。

    ヒント:   スライド切り替えのタイミングを使用すると、自動プレゼンテーションのペースを設定します。

複数のモニター

発表、ノートと、次のスライドのプレビューをプライベートで表示するための便利な方法は、発表者ツールを使用して複数のモニターがある場合は、-、参加者には、現在のスライドをメイン台のモニターでのみが表示されます。

詳細については、発表者ビューで複数のモニターを使用して、複数のモニターでプレゼンテーションの実行中に [プライベートで、発表者のノートを表示するを参照してください。

種類

種類を表示する] セクションで、参加者にプレゼンテーションを表示する方法を指定するのにオプションを使用します。

  • プレゼンテーションを視聴する前に、 (フル スクリーン表示) 発表者として使用] をクリックします。

  • コンピューターで、またはインターネット上で、ハード ドライブ、CD からプレゼンテーションを表示する対象ユーザーを有効にするには、出席者として参照 (ウィンドウ表示)をクリックします。

    無人のコンピューターから自動実行プレゼンテーションをスクロールする対象ユーザーを許可するには、スクロール バーを表示する] チェック ボックスを選択します。

  • 自動プレゼンテーションを配信するKioskで実行される、自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示)をクリックします。

スライドの表示

スライドをプレゼンテーションで使用できるかを指定するか、 目的別スライド ショーを作成するのには、[目的別スライド ショー ] セクションで、オプションを使用します。

  • プレゼンテーション内のすべてのスライドを表示するのには、[すべて] をクリックします。

  • プレゼンテーションからスライドの特定のグループを表示するのから] ボックスに、表示する最初のスライド番号を入力し] ボックスに表示する最後のスライド番号を入力します。

  • 別の PowerPoint プレゼンテーションから派生したユーザー設定のスライドのプレゼンテーションを開始するには、目的別スライド ショー] をクリックし、プレゼンテーションを目的別スライド ショーで表示する] をクリックします。

    詳細については、 PowerPoint内からプレゼンテーションを開始、作成および目的別スライド ショーを参照してください。

オプションを表示する

オプションの表示] セクションで、オプションを使用して、サウンド ファイル、ナレーション、またはアニメーションでプレゼンテーションを実行する方法を指定します。

  • 継続的にサウンド ファイルやアニメーションを再生する場合は、 Esc まで繰り返す] チェック ボックスをオンに選択します。

  • 埋め込まれたナレーションの再生せずにプレゼンテーションを表示するには、ナレーションなしで表示する] チェック ボックスを選択します。

  • 埋め込まれたアニメーションを再生せずにプレゼンテーションを表示するには、アニメーションを表示しない] チェック ボックスを選択します。

  • 既定では、 PowerPointはプレゼンテーション内のグラフィックの描画をすばやく行うことができます。古いコンピューターでは表示の問題をこの機能が発生することもあります。この機能をオフにする] を [ハードウェアのグラフィック アクセラレータを無効にする] を選びます。

  • ライブの前にプレゼンテーションを行うときは、スライド上を作成することができます。ペンの色] ボックスの一覧で、インクの色を指定するには、[インクの色を選択します。

    ペンの色] ボックスの一覧は、(タイプの表示] セクションで) (フル スクリーン表示) 発表者が選択されている場合にのみ使用します。

  • ドロップダウン リストから、レーザー ポインターの色を選択します。、プレゼンテーション中にキーを押すと、Ctrl キーを押しと] をクリックしてドラッグ マウスの左ボタンをクリックすると、ポインターの注意を引く場合は、スライド上のコンテンツを指すようにします。詳細については、マウスをレーザー ポインターに記事を参照してください。

スライドの切り替え

スライドの切り替え] セクションで、オプションを使用して、1 つのスライド間を移動する方法を指定します。

  • プレゼンテーション中に各スライドを手動で切り替えるには、[手動] をクリックします。

  • スライド切り替えのタイミングを使用して、プレゼンテーション中に自動的に各スライドに切り替え、保存済みのタイミング]をクリックします。

    ヒント:   スライド切り替えのタイミングを使用すると、自動プレゼンテーションのペースを設定します。

複数のモニター

発表、ノートと、次のスライドのプレビューをプライベートで表示するための便利な方法は、発表者ツールを使用して複数のモニターがある場合は、-、参加者には、現在のスライドをメイン台のモニターでのみが表示されます。

詳細については、発表者ビューで複数のモニターを使用して、複数のモニターでプレゼンテーションの実行中に [プライベートで、発表者のノートを表示するを参照してください。

種類

種類を表示する] セクションで、参加者にプレゼンテーションを表示する方法を指定するのにオプションを使用します。

  • プレゼンテーションを視聴する前に、 (フル スクリーン表示) 発表者として使用] をクリックします。

  • コンピューターで、またはインターネット上で、ハード ドライブ、CD からプレゼンテーションを表示する対象ユーザーを有効にするには、出席者として参照 (ウィンドウ表示)をクリックします。

    無人のコンピューターから自動実行プレゼンテーションをスクロールする対象ユーザーを許可するには、スクロール バーを表示する] チェック ボックスを選択します。

  • 自動プレゼンテーションを配信するKioskで実行される、自動プレゼンテーション (フル スクリーン表示)をクリックします。

スライドの表示

スライドをプレゼンテーションで使用できるかを指定するか、 目的別スライド ショーを作成するのには、[目的別スライド ショー ] セクションで、オプションを使用します。

  • プレゼンテーション内のすべてのスライドを表示するのには、[すべて] をクリックします。

  • プレゼンテーションからスライドの特定のグループを表示するのから] ボックスに、表示する最初のスライド番号を入力し] ボックスに表示する最後のスライド番号を入力します。

  • 別の PowerPoint プレゼンテーションから派生したユーザー設定のスライドのプレゼンテーションを開始するには、目的別スライド ショー] をクリックし、プレゼンテーションを目的別スライド ショーで表示する] をクリックします。

    詳細については、 PowerPoint内からプレゼンテーションを開始、作成および目的別スライド ショーを参照してください。

オプションを表示する

オプションの表示] セクションで、オプションを使用して、サウンド ファイル、ナレーション、またはアニメーションでプレゼンテーションを実行する方法を指定します。

  • 継続的にサウンド ファイルやアニメーションを再生する場合は、 Esc まで繰り返す] チェック ボックスをオンに選択します。

  • 埋め込まれたナレーションの再生せずにプレゼンテーションを表示するには、ナレーションなしで表示する] チェック ボックスを選択します。

  • 埋め込まれたアニメーションを再生せずにプレゼンテーションを表示するには、アニメーションを表示しない] チェック ボックスを選択します。

  • ライブの前にプレゼンテーションを行うときは、スライド上を作成することができます。ペンの色] ボックスの一覧で、インクの色を指定するには、[インクの色を選択します。

    ペンの色] ボックスの一覧は、(タイプの表示] セクションで) (フル スクリーン表示) 発表者が選択されている場合にのみ使用します。

スライドの切り替え

スライドの切り替え] セクションで、オプションを使用して、1 つのスライド間を移動する方法を指定します。

  • プレゼンテーション中に各スライドを手動で切り替えるには、[手動] をクリックします。

  • スライド切り替えのタイミングを使用して、プレゼンテーション中に自動的に各スライドに切り替え、保存済みのタイミング]をクリックします。

    ヒント:   スライド切り替えのタイミングを使用すると、自動プレゼンテーションのペースを設定します。

複数のモニター

発表、ノートと、次のスライドのプレビューをプライベートで表示するための便利な方法は、発表者ツールを使用して複数のモニターがある場合は、-、参加者には、現在のスライドをメイン台のモニターでのみが表示されます。

詳細については、発表者ビューで複数のモニターを使用して、複数のモニターでプレゼンテーションの実行中に [プライベートで、発表者のノートを表示するを参照してください。

パフォーマンス

プレゼンテーションの視覚的なわかりやすくするためのレベルを指定するのには、パフォーマンス] セクションのオプションを使用します。

  • プレゼンテーション内のグラフィックの描画を速くには、[ハードウェア アクセラレータを使用する] を選びます。

  • スライド ショーの解像度の一覧で、[ 解決法では、をクリックしてまたはを 1 インチあたりのピクセル数。多くのピクセル、画像、鮮明まだお使いのコンピューターのパフォーマンスが低下、します。たとえば、640 x 480 ピクセルの画面は、各 480 線、または、各ピクセルに 640 個の点を表示することです。これは、最も悪いの解像度では、まだ最低の品質を提供します。1280 x 1024 ピクセルの画面で鮮明の画像を提供する一方、パフォーマンスが低下とします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×