スライド ショーのタイミングをリハーサルする

スライド ショーのタイミングをリハーサルする

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

それぞれのスライドの表示時間を記録したい場合は、リハーサル機能を使います。 この機能を使うと、スライド ショー表示でプレゼンテーション全体を実行して、各スライドの所要時間を記録できます。 この時間を使ってスライド ショーを自動表示すると、リハーサルや自動プレゼンテーションに役立ちます。

このコースの内容:

スライド ショーのタイミングのリハーサルを行う (2:25)
スライド切り替えのタイミング機能を使ってスライドごとの表示時間を記録し、実際に視聴者に見せるときに、記録された時間を使って自動的にスライドを進めます。

スライドのタイミングを編集する (2:09)
スライドのタイミングを記録した後、いくつかの箇所に微調整が必要になっても、ショー全体を記録し直す必要はありません。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングでは他にも各種のコースを用意しています。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×