スライド ショーのタイミングをリハーサルする

スライド切り替えのタイミングを編集する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

スライドのタイミングを記録した後、いくつかの箇所に微調整が必要になっても、ショー全体を記録し直す必要はありません。

さらに詳しく

プレゼンテーションのリハーサルを行い、タイミングを設定する

画面切り替えの速度およびタイミングを設定する

スライド ショーをナレーションとスライド切り替えのタイミングとともに記録する

スライド切り替えのタイミングを記録した後で、タイミングの調整が必要になっても、

スライド ショー全体をもう一度記録する必要はありません。

それには、タイミングを変更するスライドをクリックします。ここではスライド 2「クイック ファクト」の時間を増やすので、

[画面切り替え] タブをクリックします。

[タイミング] グループの [自動的に切り替え] は

オンになっていて、選択したスライドの切り替え時間は 50 秒です。

ここでは、1 分に延長するので、上矢印をクリックして 1 分に変更します。

このとき、[クリック時] チェック ボックスもオンにします。

これは、1 分以内にスライドを切り替えたいときに、クリックして次のスライドに進めるという意味です。

[クリック時] チェック ボックスをオフにすると、自動切り替えの時間が経過するまで待たないと、次のスライドに進めません。

スライドを自動的に切り替えたくない場合、

たとえば、このプロセスのスライドでは、説明に時間がかかることがあるので、スライドを選んで、

[自動的に切り替え] チェック ボックスをオフにします。

すべてのスライドのタイミングが良いかどうかを確認するには、[スライド一覧] をクリックします。

各スライドのサムネイルの下にスライドのタイミングが表示されます。

[標準] をクリックすると、標準表示に戻ります。

スライド切り替えのタイミングを簡単にオフにするには、[スライド ショー] をクリックして、[タイミングを使用] をオフにします。

タイミングを完全に削除するには、[スライド ショーの記録] の横の矢印をクリックして、[クリア] をポイントし、

選択したスライドの [現在のスライドのタイミングをクリア]、または [すべてのスライドのタイミングをクリア] をクリックします。

詳しくは、コースのまとめをご覧いただき、PowerPoint で試してみましょう。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×