スライドを変更する動作設定ボタンを挿入する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

アクションボタンを使用すると、 PowerPointプレゼンテーションをより簡単に移動することができます。ボタンをクリックするか、ボタンの上にポインターを置いてスライドを変更することができます。

すべてのスライドに操作ボタンを挿入する

  1. [表示] メニューの [マスター表示] をポイントし、[スライドマスター] をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [挿入] グループで [図形] をクリックし、[操作] ボタンをポイントして、目的の操作ボタンをクリックします。

    [図形] メニューで使用できるいくつかの選択項目 (アクションボタンを含む) がスクリーンショットに表示されます。
  3. スライド内のボタンを表示する位置をドラッグします。

    ヒント: アクションボタンのサイズを変更するには、ボタンが目的のサイズになるまで角をドラッグします。ボタンの幅と高さの比率を同じに保つには、shift キーを押しながらドラッグします。

  4. [アクションの設定] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を実行して、アクションを開始する方法を選択します。

    スクリーンショットには、マウスをクリックしたときの [アクション設定] ダイアログと、[なし]、[ハイパーリンク]、[プログラムの実行]、[マクロの実行]、[オブジェクトの操作]、[サウンドの再生]、[強調表示] の各タブが表示されています。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  5. 目的の操作をクリックし、[ OK] をクリックします。

    操作

    説明

    なし

    直前の操作設定を取り消します。

    ハイパーリンクを

    別のスライド、プレゼンテーション、URL、ファイルにジャンプする、またはプレゼンテーションを終了する

    プログラムを実行する

    アプリケーションメニューまたは URL アドレスから選択されたプログラムを実行します。

    マクロを実行する

    以前に作成された、または読み込まれたマクロを実行する

    オブジェクトの操作

    プレゼンテーション内のドキュメントやスプレッドシートなどのオブジェクトにリンクする

    サウンドを再生する

    選択したサウンドを再生する

    [強調表示] をクリックする

    プレゼンテーション内のリンクオブジェクトに視覚的な強調表示を追加する

  6. スライド マスター表示で変更が終わったら、メッセージ バーで [マスターを閉じる] をクリックして、標準表示に戻ります。

ヒント: クリップアートやテキストなどの任意のオブジェクトを操作ボタンにすることができます。アクションボタンを作成するには、オブジェクトを選択します。[ホーム] タブの [挿入] グループで [図形] をクリックし、[アクションの設定] をポイントして、[カスタム] を選びます。[アクションの設定] ダイアログボックスで、[アクション] ボタンに必要な選択を行います。

1枚のスライドに操作ボタンを挿入する

  1. アクションボタンを追加するスライドを選択します。

  2. [ホーム] タブの [挿入] グループで [図形] をクリックし、[操作] ボタンをポイントして、目的の操作ボタンをクリックします。

  3. スライド内のボタンを表示する位置をドラッグします。

    ヒント: アクションボタンのサイズを変更するには、ボタンが目的のサイズになるまで角をドラッグします。ボタンの幅と高さの比率を同じに保つには、shift キーを押しながらドラッグします。

  4. [アクションの設定] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を実行して、アクションを開始する方法を選択します。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  5. 目的の操作をクリックし、[ OK] をクリックします。

    操作

    説明

    なし

    直前の操作設定を取り消します。

    ハイパーリンクを

    別のスライド、プレゼンテーション、URL、ファイルにジャンプする、またはプレゼンテーションを終了する

    プログラムを実行する

    アプリケーションメニューまたは URL アドレスから選択されたプログラムを実行します。

    マクロを実行する

    以前に作成された、または読み込まれたマクロを実行する

    オブジェクトの操作

    プレゼンテーション内のドキュメントやスプレッドシートなどのオブジェクトにリンクする

    サウンドを再生する

    選択したサウンドを再生する

    [強調表示] をクリックする

    プレゼンテーション内のリンクオブジェクトに視覚的な強調表示を追加する

操作ボタンにサウンドを追加する

  1. スライドで、[アクション] ボタンを選択して右クリックし、[アクションの設定] を選択します。

    注: [操作] ボタンがすべてのスライドにある場合は、スライドマスターの [操作] ボタンを選びます。

  2. [アクションの設定] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を実行して、アクションを開始する方法を選択します。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  3. [サウンドの再生] チェックボックスをオンにし、目的のサウンドを選択します。

関連項目

スライド切り替えのタイミングをリハーサルして設定する

すべてのスライドに操作ボタンを挿入する

  1. [表示] メニューの [マスター] をポイントし、[スライド マスター] をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [挿入] で [図形] をクリックし、[操作] ボタンをポイントして、目的の操作ボタンをクリックします。

    [ホーム] タブ、[挿入] グループ

  3. スライド内のボタンを表示する位置をドラッグします。

    ヒント: アクションボタンのサイズを変更するには、ボタンが目的のサイズになるまで角をドラッグします。ボタンの幅と高さの比率を同じに保つには、shift キーを押しながらドラッグします。

  4. [アクションの設定] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を実行して、アクションを開始する方法を選択します。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  5. 目的の操作をクリックし、[ OK] をクリックします。

    操作

    説明

    なし

    直前の操作設定を取り消します。

    ハイパーリンクを

    別のスライド、プレゼンテーション、URL、ファイルにジャンプする、またはプレゼンテーションを終了する

    プログラムを実行する

    アプリケーションメニューまたは URL アドレスから選択されたプログラムを実行します。

    マクロを実行する

    以前に作成された、または読み込まれたマクロを実行する

    オブジェクトの操作

    プレゼンテーション内のドキュメントやスプレッドシートなどのオブジェクトにリンクする

    サウンドを再生する

    選択したサウンドを再生する

    [強調表示] をクリックする

    プレゼンテーション内のリンクオブジェクトに視覚的な強調表示を追加する

  6. スライド マスター表示で変更が終わったら、メッセージ バーで [マスターを閉じる] をクリックして、標準表示に戻ります。

ヒント: クリップアートやテキストなどの任意のオブジェクトを操作ボタンにすることができます。アクションボタンを作成するには、オブジェクトを選択します。[スライドショー ] タブの [設定] で、[アクションの設定] をクリックします。

1枚のスライドに操作ボタンを挿入する

  1. アクションボタンを追加するスライドを選択します。

  2. [ホーム] タブの [挿入] で [図形] をクリックし、[操作] ボタンをポイントして、目的の操作ボタンをクリックします。

    [ホーム] タブ、[挿入] グループ

  3. スライド内のボタンを表示する位置をドラッグします。

    ヒント: アクションボタンのサイズを変更するには、ボタンが目的のサイズになるまで角をドラッグします。ボタンの幅と高さの比率を同じに保つには、shift キーを押しながらドラッグします。

  4. [アクションの設定] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を実行して、アクションを開始する方法を選択します。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  5. 目的の操作をクリックし、[ OK] をクリックします。

    操作

    説明

    なし

    直前の操作設定を取り消します。

    ハイパーリンクを

    別のスライド、プレゼンテーション、URL、ファイルにジャンプする、またはプレゼンテーションを終了する

    プログラムを実行する

    アプリケーションメニューまたは URL アドレスから選択されたプログラムを実行します。

    マクロを実行する

    以前に作成された、または読み込まれたマクロを実行する

    オブジェクトの操作

    プレゼンテーション内のドキュメントやスプレッドシートなどのオブジェクトにリンクする

    サウンドを再生する

    選択したサウンドを再生する

    [強調表示] をクリックする

    プレゼンテーション内のリンクオブジェクトに視覚的な強調表示を追加する

操作ボタンにサウンドを追加する

  1. スライドで、[アクション] ボタンを選びます。

    注: [操作] ボタンがすべてのスライドにある場合は、スライドマスターの [操作] ボタンを選びます。

  2. [スライド ショー] タブの [設定] で、[動作設定] をクリックします。

    [スライド ショー] タブの [設定] グループ

  3. [アクションの設定] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を実行して、アクションを開始する方法を選択します。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  4. [サウンドの再生] チェックボックスをオンにし、目的のサウンドを選択します。

関連項目

プレゼンテーションからアプリケーションを開く

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×