スライドを変更する動作設定ボタンを挿入する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

アクション ボタンのヘルプPowerPointプレゼンテーションをより簡単に移動します。ボタンをクリックするか、スライドを変更する] ボタンをポイントします。

すべてのスライドで動作設定ボタンを挿入します。

  1. [表示] メニューで、マスター表示] をポイントし、[スライド マスター] をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [挿入] グループで、図形] をクリックし、[動作設定ボタン] をポイントする動作設定ボタンをクリックします。

    スクリーン ショットは、アクション ボタンを含む [図形] メニューで、使用可能な選択肢の一部を示しています。
  3. ボタンを表示するスライドの場所にドラッグします。

    ヒント: 動作設定ボタンのサイズを変更するには、ボタンが目的のサイズになるまで四隅をドラッグします。同じ] ボタンの幅と高さの縦横比を維持するには、shift キーを押しをドラッグするとします。

  4. オブジェクトの動作設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかを行って、動作を開始する方法を選択します。

    スクリーン ショットをマウスのクリックし、マウスの通過] タブで、オブジェクトの動作設定] ダイアログを表示するなしでは、プログラムの実行、マクロの実行、オブジェクトの動作、サウンドの再生へのハイパーリンクのオプションであるし、蛍光ペン] をクリックします。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  5. 、必要な操作をクリックし、[ OK] をクリックします。

    操作

    説明

    なし

    前のアクションの設定をキャンセルします。

    ハイパーリンク

    別のスライド、プレゼンテーション、URL、ファイル、または両端に飛び越し点のプレゼンテーション

    プログラムを実行します。

    [アプリケーション] メニューから、または URL アドレスから] を選択するプログラムを実行します。

    マクロを実行します。

    以前に作成したまたは読み込まれているマクロを実行します。

    オブジェクトの動作

    文書、プレゼンテーションでスプレッドシートなどのオブジェクトのリンク

    サウンドの再生します。

    選択したサウンドを再生します。

    蛍光ペン] をクリックします。

    プレゼンテーション内のリンク オブジェクトに視覚的な蛍光ペンを追加します。

  6. スライド マスター表示で変更が終わったら、メッセージ バーで [マスターを閉じる] をクリックして、標準表示に戻ります。

ヒント: クリップアート、テキストなどの任意のオブジェクトには、動作設定ボタンがあります。動作設定ボタンを作成するには、オブジェクトを選択します。[ホーム] タブの [挿入] グループで、図形] をクリックしてオブジェクトの動作設定] をポイントし、[ユーザー設定を選択します。オブジェクトの動作設定] ダイアログ ボックスで、[アクション] ボタンの選択を行います。

1 つのスライドで動作設定ボタンを挿入します。

  1. 動作設定ボタンを追加するスライドを選択します。

  2. [ホーム] タブの [挿入] グループで、図形] をクリックし、[動作設定ボタン] をポイントする動作設定ボタンをクリックします。

  3. ボタンを表示するスライドの場所にドラッグします。

    ヒント: 動作設定ボタンのサイズを変更するには、ボタンが目的のサイズになるまで四隅をドラッグします。同じ] ボタンの幅と高さの縦横比を維持するには、shift キーを押しをドラッグするとします。

  4. オブジェクトの動作設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかを行って、動作を開始する方法を選択します。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  5. 、必要な操作をクリックし、[ OK] をクリックします。

    操作

    説明

    なし

    前のアクションの設定をキャンセルします。

    ハイパーリンク

    別のスライド、プレゼンテーション、URL、ファイル、または両端に飛び越し点のプレゼンテーション

    プログラムを実行します。

    [アプリケーション] メニューから、または URL アドレスから] を選択するプログラムを実行します。

    マクロを実行します。

    以前に作成したまたは読み込まれているマクロを実行します。

    オブジェクトの動作

    文書、プレゼンテーションでスプレッドシートなどのオブジェクトのリンク

    サウンドの再生します。

    選択したサウンドを再生します。

    蛍光ペン] をクリックします。

    プレゼンテーション内のリンク オブジェクトに視覚的な蛍光ペンを追加します。

動作設定ボタンにサウンドを追加します。

  1. スライドで、[動作設定ボタン右クリックし、[オブジェクトの動作設定を選択します。

    注: すべてのスライドには、[アクション] ボタンが存在する場合は、スライド マスターの [アクション] ボタンを選択します。

  2. オブジェクトの動作設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかを行って、動作を開始する方法を選択します。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  3. 音を鳴らす] チェック ボックスをオンにして、目的のサウンドを選びます。

関連項目

スライド切り替えのタイミングをリハーサルして設定する

すべてのスライドで動作設定ボタンを挿入します。

  1. [表示] メニューの [マスター] をポイントし、[スライド マスター] をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [挿入] で図形] をクリックし、[動作設定ボタン] をポイントする動作設定ボタンをクリックします。

    [ホーム] タブ、[挿入] グループ

  3. ボタンを表示するスライドの場所にドラッグします。

    ヒント: 動作設定ボタンのサイズを変更するには、ボタンが目的のサイズになるまで四隅をドラッグします。同じ] ボタンの幅と高さの縦横比を維持するには、shift キーを押しをドラッグするとします。

  4. オブジェクトの動作設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかを行って、動作を開始する方法を選択します。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  5. 、必要な操作をクリックし、[ OK] をクリックします。

    操作

    説明

    なし

    前のアクションの設定をキャンセルします。

    ハイパーリンク

    別のスライド、プレゼンテーション、URL、ファイル、または両端に飛び越し点のプレゼンテーション

    プログラムを実行します。

    [アプリケーション] メニューから、または URL アドレスから] を選択するプログラムを実行します。

    マクロを実行します。

    以前に作成したまたは読み込まれているマクロを実行します。

    オブジェクトの動作

    文書、プレゼンテーションでスプレッドシートなどのオブジェクトのリンク

    サウンドの再生します。

    選択したサウンドを再生します。

    蛍光ペン] をクリックします。

    プレゼンテーション内のリンク オブジェクトに視覚的な蛍光ペンを追加します。

  6. スライド マスター表示で変更が終わったら、メッセージ バーで [マスターを閉じる] をクリックして、標準表示に戻ります。

ヒント: クリップアート、テキストなどの任意のオブジェクトには、動作設定ボタンがあります。動作設定ボタンを作成するには、オブジェクトを選択します。[スライド ショー ] タブの [設定] の [オブジェクトの動作設定をクリックします。

1 つのスライドで動作設定ボタンを挿入します。

  1. 動作設定ボタンを追加するスライドを選択します。

  2. [ホーム] タブの [挿入] で図形] をクリックし、[動作設定ボタン] をポイントする動作設定ボタンをクリックします。

    [ホーム] タブ、[挿入] グループ

  3. ボタンを表示するスライドの場所にドラッグします。

    ヒント: 動作設定ボタンのサイズを変更するには、ボタンが目的のサイズになるまで四隅をドラッグします。同じ] ボタンの幅と高さの縦横比を維持するには、shift キーを押しをドラッグするとします。

  4. オブジェクトの動作設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかを行って、動作を開始する方法を選択します。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  5. 、必要な操作をクリックし、[ OK] をクリックします。

    操作

    説明

    なし

    前のアクションの設定をキャンセルします。

    ハイパーリンク

    別のスライド、プレゼンテーション、URL、ファイル、または両端に飛び越し点のプレゼンテーション

    プログラムを実行します。

    [アプリケーション] メニューから、または URL アドレスから] を選択するプログラムを実行します。

    マクロを実行します。

    以前に作成したまたは読み込まれているマクロを実行します。

    オブジェクトの動作

    文書、プレゼンテーションでスプレッドシートなどのオブジェクトのリンク

    サウンドの再生します。

    選択したサウンドを再生します。

    蛍光ペン] をクリックします。

    プレゼンテーション内のリンク オブジェクトに視覚的な蛍光ペンを追加します。

動作設定ボタンにサウンドを追加します。

  1. スライドで、[アクション] ボタンを選択します。

    注: すべてのスライドには、[アクション] ボタンが存在する場合は、スライド マスターの [アクション] ボタンを選択します。

  2. [スライド ショー] タブの [設定] で、[動作設定] をクリックします。

    [スライド ショー] タブの [設定] グループ

  3. オブジェクトの動作設定] ダイアログ ボックスで、次のいずれかを行って、動作を開始する方法を選択します。

    動作を開始する方法

    クリックする対象

    動作設定ボタンをクリックした場合

    [マウスのクリック] タブ

    動作設定ボタンの上にマウスのポインターを置いた場合

    [マウスの通過] タブ

  4. 音を鳴らす] チェック ボックスをオンにして、目的のサウンドを選びます。

関連項目

プレゼンテーション内からアプリケーションを開く

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×