スライドの表示と非表示を切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プレゼンテーションには必要であるが、スライド ショーには表示したくないスライドがある場合は、そのスライドを非表示に設定することができます。

これは、題材に関する詳細レベルが異なるスライドを (別の視聴者向けなどに) プレゼンテーションに追加した場合に特に便利です。 こうしたスライドを非表示に設定すると、メインのスライド ショーには表示されなくなりますが、必要であればアクセスすることはできます。

たとえば、プレゼンテーションを見ている人が、ある項目についてあなたに詳しい説明を求めたとします。そのような場合は、詳細を説明した非表示のスライドを表示できます。ただし、時間が限られていて、その人が既にプレゼンテーションの概念を理解している場合は、補足情報を説明したスライドを表示せずに、プレゼンテーションを続けることができます。スライドがスキップされたことは見た目にはわかりません。

注: スライドを非表示にすると、スライド ショー ビューでプレゼンテーションを実行したときには表示されませんが、そのスライド自体はファイルに保存されたままになります。 [非表示スライドに設定] オプションは、プレゼンテーションのスライドごとにオン/オフに切り替えることができます。

  1. 左側のスライド] ボックスの一覧表示] で、次のいずれかの操作を行います。

    • スライドを非表示にするには、非表示にするスライドを右クリックして、[非表示スライドに設定] をクリックします。

    • 非表示にしたスライドを表示するには、表示するスライドを右クリックして、[非表示スライドに設定] をもう一度クリックします。

注: スライド ショー表示モードにいる場合は、以前に非表示、現在のスライドを右クリックすることは、スライドを表示することを決定する場合は、スライドへジャンプ] をクリックして (クリックすべてのスライドを参照してくださいPowerPoint 2016を使用している場合)、[スライドを表示する] をクリックします。

注: スライドへジャンプ] をクリックすると、 PowerPoint Online] を使用している場合、のみ、特定のスライドに移動するのには、スライド番号を入力できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×