スライドの画面切り替え効果を追加する

スライドの画面切り替え効果を追加する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

スライド切り替えは、プレゼンテーション中にスライド間を移動したときに発生する効果です。速度を制御したり、サウンドを追加したり、トランジション効果のプロパティをカスタマイズしたりすることができます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
49秒

  1. サムネイルウィンドウで、画面切り替えを適用または変更するスライドを選択します。切り替えは、前のスライドで開始され、選択したスライドに対して完了します。

    PowerPoint の 3 つ目のスライドが選択されたスライド ウィンドウ

  2. [画面切り替え] タブで、[画面切り替え] ギャラリーで目的の効果を見つけます。[その] ボタン [その他] ボタン をクリックして、ギャラリー全体を表示します。スライドに適用する効果をクリックして選択するか、プレビューを表示します。

  3. どの方向からスライドがフェードインするかなど、画面切り替えの動作を変えるには [効果オプション] をクリックします。

  4. オプション:

    • 画面切り替えの速度を設定するには、[継続時間] ボックスに時間を入力します。値が大きいほど、画面切り替えはゆっくりになります。画面切り替えのタイミングの詳細については、「画面切り替えの速度およびタイミングを設定する」を参照してください。

    • 画面切り替えに音を追加するには、[サウンド] ボックスで音を選択するか、[その他のサウンド] を選択し、コンピューターから .wav ファイルを選択します。

    • プレゼンテーションのスライドすべてに同じような画面切り替えを設定するには、[すべてに適用] をクリックします。

  5. すべて設定した状態で画面切り替えがどのようになるのか確認するには、[プレビュー] をクリックします。

画面切り替えは、スライドの終了方法ではなく、開始に適用される点に注意してください。したがって、スライド 2 の終了効果を削除する場合は、スライド 3 から画面切り替えを削除します。

  • 画面切り替えを設定しないスライドをクリックします。[画面切り替え] タブの画面切り替えギャラリーで、[なし] をクリックします。

    PowerPoint のリボンに [画面切り替え] が表示されます

    例では、スライド 3 に画面切り替えが設定されていない場合、スライド 2 が消えるとすぐにスライド 3 が表示されます。

  • すべてのスライドから画面切り替えを削除するには、サムネイル ウィンドウでプレゼンテーションのすべてのスライドを選択し、[画面切り替え] タブの [画面切り替え] ギャラリーで [なし] をクリックします。

切り替えのタイミングと速度を設定する」を参照してください。

選択した画面切り替えではなく、真っ暗な画面が現れては消える場合、次の手順をお試しください。

  1. [ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックします。

  2. [表示] セクションで [スライド ショー実行中はハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする] を選択します。

1 枚のスライドの中でテキスト要素やオブジェクトにアニメーションを追加する方法については、「テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する」を参照してください。

  1. スライド ウィンドウの左側にあり、[アウトライン] タブと [スライド] タブが含まれているペインで、[スライド] タブをクリックします。

  2. スライド画面切り替えを適用または変更するスライドのスライド サムネイルを選択します。

  3. [画面切り替え] タブの [画面切り替え] でスライド画面切り替え効果をクリックします。

    その他の画面切り替え効果を見るには、[その他] ボタン [その他] ボタン をクリックします。

  4. 前のスライドと現在のスライドの間のスライド画面切り替えの時間を設定するには、[画面切り替え] タブの [タイミング] の [継続時間] ボックスで速度を選択するか、入力します。

    現在のスライドが次に進むまでの時間を指定するには:

    • マウスをクリックしたときに次のスライドが表示されるようにするには、[タイミング] の [クリック時] チェック ボックスをオンにします。

    • 指定時間の経過後に次のスライドが表示されるようにするには、[タイミング] の [自動的に​​切り替え] ボックスに任意の秒数を入力します。

  5. オプション:

    • プレゼンテーション全体に同じ画面切り替えを適用するには、[タイミング] グループの [すべてに適用] をクリックします。

    • ほとんどの (すべてではない) 画面切り替えで利用できるカスタマイズ可能な画面切り替えプロパティを適用するには、[画面切り替え] の [効果のオプション] をクリックし、任意のオプションを選択します。

  1. スライド ウィンドウの左側にあり、[アウトライン] タブと [スライド] タブが含まれているペインで、[スライド] タブをクリックします。

  2. 画面切り替えサウンドを追加するスライドのスライド サムネイルを選択します。

  3. [画面切り替え] タブの [タイミング] で [サウンド] の横にある矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • 一覧から音を追加するには、任意の音を選択します。

    • 一覧にない音を追加するには、[その他のサウンド] を選択し、追加する音声ファイルを見つけ、[開く] をクリックします。

  4. オプション: プレゼンテーションのすべてのスライドに同じ画面切り替えサウンドを追加するには、[画面切り替え] の [すべてに適用] をクリックします。

  1. スライド ウィンドウの左側にあり、[アウトライン] タブと [スライド] タブが含まれているペインで、[スライド] タブをクリックします。

  2. 画面切り替えを削除するスライドのスライド サムネイルを選択します。

  3. [画面切り替え] タブの [画面切り替え] で [なし] をクリックします。

  4. オプション: プレゼンテーション全体から画面切り替えを削除するには、[画面切り替え] の [すべてに適用] をクリックします。

切り替えのタイミングと速度を設定する」を参照してください。

テキスト要素やオブジェクトに画面切り替えを追加する方法については、「テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する」を参照してください。

  1. スライド ウィンドウの左側にあり、[アウトライン] タブと [スライド] タブが含まれているペインで、[スライド] タブをクリックします。

  2. スライド画面切り替えを適用または変更するスライドのスライド サムネイルを選択します。

  3. [アニメーション] タブの [画面切り替え] でスライド画面切り替え効果をクリックします。

    その他の画面切り替え効果を見るには、[その他] ボタン [その他] ボタン をクリックします。

  4. スライド間のスライド画面切り替え速度を設定するには、[画面切り替え] の [画面切り替えの速度] の隣にある矢印をクリックし、任意の速度を選択します。

    現在のスライドが次に進むまでの時間を指定するには:

    • マウスをクリックしたときに次のスライドが表示されるようにするには、[アニメーション] タブの [画面切り替え] の [クリック時] チェック ボックスをオンにします。

    • 指定時間後に次のスライドを表示するには、[アニメーション] タブの [画面切り替え] の [自動的に切り替え] ボックスに任意の秒数を入力します。

  5. オプション: プレゼンテーション全体に同じ画面切り替えを適用するには、[画面切り替え] の [すべてに適用] をクリックします。

  1. スライド ウィンドウの左側にあり、[アウトライン] タブと [スライド] タブが含まれているペインで、[スライド] タブをクリックします。

  2. 画面切り替えサウンドを追加するスライドのスライド サムネイルを選択します。

  3. [アニメーション] タブの [画面切り替え] で [画面切り替え時の音] の横にある矢印をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • 一覧から音を追加するには、任意の音を選択します。

    • 一覧にない音を追加するには、[その他のサウンド] を選択し、追加する音声ファイルを見つけ、[OK] をクリックします。

  4. オプション: プレゼンテーションのすべてのスライドに同じ画面切り替えサウンドを追加するには、[画面切り替え] の [すべてに適用] をクリックします。

  1. スライド ウィンドウの左側にあり、[アウトライン] タブと [スライド] タブが含まれているペインで、[スライド] タブをクリックします。

  2. 画面切り替えを削除するスライドのスライド サムネイルを選択します。

  3. [アニメーション] タブの [画面切り替え] で [なし] をクリックします。

  4. オプション: プレゼンテーション全体から画面切り替えを削除するには、[画面切り替え] の [すべてに適用] をクリックします。

テキスト要素やオブジェクトに画面切り替えを追加する方法については、「テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する」を参照してください。

スライドに画面切り替えを追加する

  1. サムネイル ペインで、画面切り替えを適用するスライドをクリックします。 画面切り替え設定によって、どのようにスライドが始まり、どのようにその前のスライドが終わるかが決まります。 次の例では、フェード切り替えをスライド 3 に適用します。つまり、スライド 2 はフェード アウトし、スライド 3 はフェード インします。

    画面切り替えを追加するスライドを縮小表示ペインで選ぶ
  2. [画面切り替え] タブで、画面切り替えギャラリーに必要な効果を見つけます。下矢印をクリックし、ギャラリー全体を表示します。そのスライドに必要で、プレビューで確認する効果をクリックします。

  3. どの方向からスライドがフェードインするかなど、画面切り替えの動作を変えるには [画面切り替え]、[効果オプション] の順にクリックします。

  4. [継続時間] に時間を入力して、画面切り替えの速度を設定します。 値が大きいほど、画面切り替えはゆっくりになります。

  5. すべて設定した状態で画面切り替えがどのようになるのか確認するには、[プレビュー] をクリックします。

    [画面切り替え] タブの [プレビュー] ボタン

    ヒント: プレゼンテーションのスライドすべてに同じような画面切り替えを設定するには、リボンで [すべてに適用] をクリックします。
    [画面切り替え] タブの [すべてに適用] ボタン

画面切り替えを削除する

  • 画面切り替えを設定しないスライドをクリックします。[画面切り替え] タブの画面切り替えギャラリーで、[なし] をクリックします。

    画面切り替えの削除が強調表示されている

画面切り替え設定によって、どのようにスライドが始まり、どのようにその前のスライドが終わるかが決まることに注意してください。 そのため、たとえば、スライド 2 に終了効果を設定しない場合は、スライド 3 から画面切り替え設定を削除する必要があります。

ヒント: 縮小表示ウィンドウの切り替え設定アイコンを確認することで、どのスライドに切り替え効果が適用されているかがわかります。
スライドに画面切り替え効果が適用されていることを示す流れ星のアイコン

関連情報

PowerPoint for Mac でテキストやオブジェクトにアニメーションを設定する

Mac の PowerPoint 2016 でスライド ショーを記録する

画面切り替えは、スライドショーの実行中に、1つのスライド間を移動する動的な方法を提供します。画面切り替えを1つのスライドに追加したり、別のスライドに切り替えたり、すべてのスライドに切り替えたりすることができます。

スライドに画面切り替えを追加する

  1. ナビゲーションウィンドウで、画面切り替えを適用するスライドをクリックします。次の操作を行います。

    1. [表示] メニューの [標準] をクリックします。

    2. ナビゲーションウィンドウの上部で、[スライド  [スライド] タブ ] タブをクリックし、スライドをクリックします。ナビゲーションウィンドウの幅に応じて、 [スライド] のラベルが付いたタブ[アウトライン] のラベルが付いたタブ という名前付きタブまたはスライド  [スライド] タブアウトライン  [アウトライン] タブ アイコンタブが表示されます。

  2. [画面切り替え] タブの [次のスライドに​​切り替え] で、適用する画面切り替えをクリックします。

    [切り替え効果] タブ、[このスライドへの切り替え] グループ

    他の切り替えを表示するには、切り替えをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

    画面上で移動する方向など、切り替えのさまざまなバリエーションに変更するには、[効果のオプション] をクリックし、必要なバリエーションを選びます。または、[期間]、[サウンド] などのその他のオプションを変更したり、スライドを進めたりすることができます。

    セクションをドラッグする

画面切り替え効果をすべてのスライドに適用する

  1. [画面切り替え] タブの [このスライドへの切り替え] で、目的の画面切り替え (フェードなど) をクリックします。

    [切り替え効果] タブ、[このスライドへの切り替え] グループ

    他の切り替えを表示するには、切り替えをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

  2. 画面上の移動方向など画面切り替えを変更するには、[効果のオプション] をクリックし、目的のバリエーションを選択します。または、継続時間、サウンド、画面切り替えのタイミングなどのオプションを変更することができます。

    セクションをドラッグする

  3. [適用対象] で [すべてのスライド] をクリックします。

    [画面切り替え] タブ、[適用の対象] グループ

画面切り替えの継続時間を設定する

  1. ナビゲーションウィンドウで、変更する画面切り替えがあるスライドを選択します。次の操作を行います。

    1. [表示] メニューの [標準] をクリックします。

    2. ナビゲーションウィンドウの上部で、[スライド  [スライド] タブ ] タブをクリックし、スライドをクリックします。複数のスライドを選択するには、 コマンド を押しながらスライドをクリックします。または、スライドをセクションに整理した場合は、セクションタイトルをクリックして、スライドのグループ全体を選択します。ナビゲーションウィンドウの幅に応じて、 [スライド] のラベルが付いたタブ[アウトライン] のラベルが付いたタブ という名前付きタブまたはスライド  [スライド] タブアウトライン  [アウトライン] タブ アイコンタブが表示されます。

  2. [画面切り替え] タブの [次のスライドに切り替え] の [継続時間] ボックスに、画面切り替えを継続する時間 (秒数または分数) を入力します。

    [切り替え効果] タブ、[このスライドへの切り替え] グループ

サウンドを追加する

  1. ナビゲーションウィンドウで、変更する画面切り替えがあるスライドを選択します。次の操作を行います。

    1. [表示] メニューの [標準] をクリックします。

    2. ナビゲーションウィンドウの上部で、[スライド  [スライド] タブ ] タブをクリックし、スライドをクリックします。複数のスライドを選択するには、 コマンド を押しながらスライドをクリックします。または、スライドをセクションに整理した場合は、セクションタイトルをクリックして、スライドのグループ全体を選択します。ナビゲーションウィンドウの幅に応じて、 [スライド] のラベルが付いたタブ[アウトライン] のラベルが付いたタブ という名前付きタブまたはスライド  [スライド] タブアウトライン  [アウトライン] タブ アイコンタブが表示されます。

  2. [画面切り替え] タブの [次のスライドに切り替え] の [サウンド] ポップアップ メニューで、サウンド効果をクリックします。

    [切り替え効果] タブ、[このスライドへの切り替え] グループ

    ヒント: 独自のサウンドを再生するには、ポップアップ メニューの [その他のサウンド] をクリックし、サウンド ファイルを見つけます。

画面切り替えのタイミングを選択する

  1. ナビゲーションウィンドウで、変更する画面切り替えがあるスライドを選択します。次の操作を行います。

    1. [表示] メニューの [標準] をクリックします。

    2. ナビゲーションウィンドウの上部で、[スライド  [スライド] タブ ] タブをクリックし、スライドをクリックします。複数のスライドを選択するには、 コマンド を押しながらスライドをクリックします。または、スライドをセクションに整理した場合は、セクションタイトルをクリックして、スライドのグループ全体を選択します。ナビゲーションウィンドウの幅に応じて、 [スライド] のラベルが付いたタブ[アウトライン] のラベルが付いたタブ という名前付きタブまたはスライド  [スライド] タブアウトライン  [アウトライン] タブ アイコンタブが表示されます。

  2. [画面切り替え] タブの [画面切り替えのタイミング] で [クリック時] または [自動的に切り替え] チェック ボックスをオンにします。

    [切り替え] タブ、[画面切り替えのタイミング] グループ

    選択した場合、[自動的に切り替え] チェック ボックスをオンにした場合は、秒数を入力します。

画面切り替えを削除する

  1. ナビゲーションウィンドウで、画面切り替えを削除するスライドまたはスライドを選択します。次の操作を行います。

    1. [表示] メニューの [標準] をクリックします。

    2. ナビゲーションウィンドウの上部で、[スライド  [スライド] タブ ] タブをクリックし、スライドをクリックします。複数のスライドを選択するには、 コマンド を押しながらスライドをクリックします。または、スライドをセクションに整理した場合は、セクションタイトルをクリックして、スライドのグループ全体を選択します。ナビゲーションウィンドウの幅に応じて、 [スライド] のラベルが付いたタブ[アウトライン] のラベルが付いたタブ という名前付きタブまたはスライド  [スライド] タブアウトライン  [アウトライン] タブ アイコンタブが表示されます。

  2. [画面切り替え] タブの [次のスライドに切り替え] で [なし] をクリックします。

    なし

関連項目

画面切り替え効果をすべてのスライドに適用する

旧バージョンの PowerPoint での画面切り替え

スライドの切り替えを追加または変更する

  1. サムネイルウィンドウで、画面切り替えを適用または変更するスライドを選択します。切り替えは、前のスライドで開始され、選択したスライドに対して完了します。

    PowerPoint の 3 つ目のスライドが選択されたスライド ウィンドウ

  2. [画面切り替え] タブの [画面切り替え] ギャラリーで必要な効果を見つけます。

  3. [効果のオプション] をクリックし、画面切り替えの方法を指定します。

  4. オプション:

    • 画面切り替えの速度を設定するには、リボンの [継続時間] ボックスに時間を入力します。値が大きいほど、画面切り替えはゆっくりになります。画面切り替えのタイミングの詳細については、「画面切り替えの速度およびタイミングを設定する」を参照してください。

    • プレゼンテーションのスライドすべてに同じような画面切り替えを設定するには、[すべてに適用] をクリックします。

  5. 画面切り替えが実際にどのように動作するのか確認するには、切り替えを開始するスライドを選択し、ブラウザー ウィンドウの [スライド ショー] アイコン スライド ショーの開始ボタン をクリックします。

    現在のスライドからスライド ショーを開始するには、ブラウザーの右下隅にある [スライド ショー] ボタンをクリックします。

    (このボタンを押すと、プレゼンテーションの最初からではなく、現在選択されているスライドからスライド ショーが始まります。)

画面切り替えは、スライドの終了方法ではなく、開始に適用される点に注意してください。したがって、たとえば、スライド 2 の終了効果を削除する場合は、スライド 3 から画面切り替えを削除します。

  • 画面切り替えを設定しないスライドをクリックします。[画面切り替え] タブの画面切り替えギャラリーで、[なし] をクリックします。

    PowerPoint のリボンに [画面切り替え] が表示されます

    例では、スライド 3 に画面切り替えが設定されていない場合、スライド 2 が消えるとすぐにスライド 3 が表示されます。

    すべてのスライドから画面切り替えを削除する場合、[なし] をクリックし、リボンの [すべてに適用] をクリックします。

1 枚のスライドの中でテキスト要素やオブジェクトにアニメーションを追加する方法については、「テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する」を参照してください。

画面切り替えを追加する

  1. プレゼンテーションを開きます。

  2. Android タブレットの場合、[画面切り替え] タブをタップします。

    [画面切り替え] タブ

    Android スマートフォンの場合、画面の右上にある [編集] アイコン [編集] アイコン 、[ホーム]、[画面切り替え] の順にタップします。

  3. 下矢印をタップして [切り替え効果] を展開します。[]、[はなやか]、[ダイナミック コンテンツ] という分類項目にグループ化された切り替え効果のギャラリーが表示されます。

    切り替え効果

  4. 画面切り替えを選びます。たとえば、[変形] をタップすると、スライドが徐々に次のスライドに切り替わります。

  5. [効果のオプション] をタップして、切り替えの方向を選びます。

    効果のオプション

  6. (省略可能) [すべてに適用] をタップして、プレゼンテーション内のすべてのスライドに同じ画面切り替えを適用します。

画面切り替えを削除する

  1. Android タブレットの場合、[画面切り替え] タブをタップします。Android スマートフォンの場合、画面の右上にある [編集] アイコン [編集] アイコン 、[ホーム]、[画面切り替え] の順にタップします。

  2. [切り替え効果] を展開します。

  3. [なし] をタップします。

    画面切り替えを削除する

画面切り替えを追加する

  1. プレゼンテーションを開きます。

  2. iPad の場合、[画面切り替え] タブをタップします。

    [画面切り替え] タブ

    iPhone の場合、[編集] アイコン [編集] アイコン 、[ホーム]、[画面切り替え] の順にタップします。

  3. [切り替え効果] をタップします。[] と [はなやか] という分類項目にグループ化された切り替え効果のギャラリーが表示されます。

    切り替え効果

  4. 画面切り替えを選びます。たとえば、[変形] をタップすると、スライドが徐々に次のスライドに切り替わります。

  5. [効果のオプション] をタップし、効果を選択します。(これらのオプションは選択した画面切り替え効果によって異なります。)

    効果のオプション

  6. (省略可能) [すべてに適用] をタップして、プレゼンテーション内のすべてのスライドに同じ画面切り替えを適用します。

画面切り替えを削除する

  1. iPad の場合、[画面切り替え] タブをタップします。iPhone の場合、[編集] アイコン [編集] アイコン 、[ホーム]、[画面切り替え] の順にタップします。

  2. [切り替え効果] をタップします。

  3. [なし] をタップします。

    画面切り替えを削除する

画面切り替えを追加する

  1. プレゼンテーションを開きます。

  2. [画面切り替え] タブをタップします。

    [画面切り替え] タブ

    Windows phone で、目的のスライドをダブルタップして、画面の右下にある [その詳細 ] をタップし、[ホーム] をタップして、[切り替え] をタップします。

  3. 下矢印をタップして [切り替え効果] を展開します。[]、[はなやか]、[ダイナミック コンテンツ] という分類項目にグループ化された切り替え効果のギャラリーが表示されます。

    切り替え効果

  4. 画面切り替えを選びます。たとえば、[変形] をタップすると、スライドが徐々に次のスライドに切り替わります。

  5. [効果のオプション] をタップして、切り替えの方向を選びます。

    効果のオプション

  6. [プレビュー] をタップして、スライドに適用された効果を確認します。

    画面切り替えのプレビュー

  7. (省略可能) [すべてに適用] をタップして、プレゼンテーション内のすべてのスライドに同じ画面切り替えを適用します。

画面切り替えを削除する

  1. [画面切り替え] タブをタップします。Windows phone で、目的のスライドをダブルタップして、画面の右下にある [その詳細 ] をタップし、[ホーム] をタップして、[切り替え] をタップします。

  2. [切り替え効果] を展開します。

  3. [なし] をタップします。

    画面切り替えを削除する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×