スライドに発表者のメモを追加する

プレゼンテーションを作成するときは、スライドにノートを追加しておくと、発表時に対象者に対して言うべきことをあらかじめ準備しておくことができます。 実際にプレゼンテーションを行うときは、発表者ビューを使ってモニターにノートを表示すれば、自分以外の人にはノートの内容が表示されません。 そして、対象者とノートの内容を共有したい場合は、ノートを印刷して、配布できます。

スライドにノートを追加する

スライドにノートを追加するには、次の操作を行います。

  1. [表示] メニューの [標準] をクリックします。

  2. ノートを追加するスライドのサムネイルを選びます。

    PowerPoint 2016 for Mac のサムネイル ウィンドウで選ばれているスライドを示す

  3. スライドの下にノート ウィンドウが表示されます。 「クリックしてノートを入力」と表示されている部分をクリックして、追加したいノートの内容を入力します。

    PowerPoint 2016 for Mac のノート ウィンドウを示す

  4. ノート ウィンドウを非表示にするには、タスク バーの [ノート] ボタン PowerPoint 2016 for Mac の [ノート] ボタンを示す をクリックします。 ノート ウィンドウを再び表示するには、もう一度クリックします。

プレゼンテーション中にノートを表示する

プレゼンテーション中にノートを表示しながら、対象者にはスライドの内容のみを表示したい場合は、発表者ビューを使います。 この操作を行うには、次の手順に従います。

  1. [表示] メニューの [発表者ビュー] をクリックします。

  2. プレゼンテーション中のメイン スライドと次のスライドのプレビューが表示され、次のスライドのプレビューの下に、現在のスライドに追加したノートが表示されます。

    PowerPoint 2016 for Mac の発表者ツールのノートを示す

    対象者にはプレゼンテーション中のスライドのみが表示され、ノートの内容は表示されません。

関連項目

スライドと配布資料を印刷する

PowerPoint 2016 for Mac での発表者ツールの使用

[コメントの追加]

標準ビューでは、プレゼンテーションの作成時にスライドの下に直接メモを追加できます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、メモを追加するスライドをクリックします。

    1. [表示] メニューの [標準] をクリックします。

    2. ナビゲーション ウィンドウの上部で、[スライド] [スライド] タブ タブをクリックし、スライドをクリックします。ナビゲーション ウィンドウの幅が広い場合は、 [スライド] のラベルが付いたタブ および [アウトライン] のラベルが付いたタブ のラベルの付いたタブが表示されます。ウィンドウの幅が狭い場合は、[スライド] [スライド] タブ と [アウトライン] [アウトライン] タブ のアイコン タブが表示されます。

  2. スライドの下にあるノート ウィンドウの内側をクリックし、現在のスライドのメモを入力します。

    ヒント: 

    • ノート ウィンドウが表示されない場合、スライドの下にあるバーをドラッグしてください。

    • 太字、斜体、下線などのテキスト書式設定をメモに適用できます。テキストの書式設定は発表者ツールとノート表示で反映されます。

発表中に会議メモを入力する

発表者ツールでは、プレゼンテーションの作成時にスライドに追加した発表者メモがノート ウィンドウの左側に表示されます。また、発表中に会議メモを入力することもできます。

  • 右側のノート ウィンドウ内をクリックして、メモを入力します。

    注: 発表者ツールを終了すると、そのスライドに対する発表者ノートの下に会議メモが表示されます。

スライドのメモを変更する/書式設定する

スライドを作成しながら、あるいはスライドとメモの両方を含む配付資料を印刷する前に、テキストを変更したり、メモの書式を設定したりできます。太字、斜体、下線などのテキスト書式設定をメモに適用できます。テキストの書式設定は発表者ツールとノート表示で反映されます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、メモを追加するスライドをクリックします。

    1. [表示] メニューの [標準] をクリックします。

    2. ナビゲーション ウィンドウの上部で、[スライド] [スライド] タブ タブをクリックし、スライドをクリックします。ナビゲーション ウィンドウの幅が広い場合は、 [スライド] のラベルが付いたタブ および [アウトライン] のラベルが付いたタブ のラベルの付いたタブが表示されます。ウィンドウの幅が狭い場合は、[スライド] [スライド] タブ と [アウトライン] [アウトライン] タブ のアイコン タブが表示されます。

  2. [表示] メニューの [ノート] をクリックします。

  3. 次の操作を行います。

    目的

    操作

    ノートを変更する

    ノート ウィンドウの内側をクリックし、変更内容を入力します。

    ノートの書式を設定する

    ノート ウィンドウでテキストの一部または全部を選択し、書式設定を変更します。

    注: 太字、斜体、下線、箇条書きなどのテキスト書式設定は、発表者ツールとノート表示の両方のメモに反映されます。フォントの大きさ、種類、色など、フォントの書式設定は発表者ツールのメモだけに反映されます。WordArt やイメージなど、ノート表示で行った変更は印刷した配付資料に含まれますが、標準ビューや発表者ツールには反映されません。

関連項目

スライドと配布資料を印刷する

プレゼンテーションを実施する

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×