スマート ドキュメントを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

スマート ドキュメントとは、ユーザーが使いやすいようにプログラミングされたファイル (Microsoft Office Excel ブックなど) です。フォームやテンプレートなど、いくつかの種類の Excel ファイルも、スマート ドキュメントとして使用できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

スマート ドキュメントについてください。

追加し、ソリューションをスマート ドキュメントを添付します。

スマート ドキュメントに関連付けられている XML 拡張パックを変更します。

スマート ドキュメント ソリューションを削除します。

スマート ドキュメントについて

スマート ドキュメントは、ビジネス プロセス ワークフローの制御、および情報の再利用と共有という、2 つの一般的なビジネス問題へのソリューションを提供します。このスマート ドキュメント ソリューションを作成するには、Excel ブックに XML 拡張パックを追加します。これらのソリューションは、ダウンロードすることもできれば、スマート ドキュメント ソフトウェア開発キットを使って開発することもできます。

ビジネス プロセス ワークフローを制御する

スマート ドキュメントは、ワークフローに含まれるブックで使用すると特に効果的です。ワークフローとは、ビジネス プロセスに関連する一連の操作やタスクによるドキュメントやアイテムの自動処理を指します。ワークフローを使用すると、ドキュメントの承認やレビューなどの標準的なビジネス プロセスを一貫した方法で管理できます。たとえば、社員の年間経費フォームを記入するプロセスがあり、この目的で既に Excel テンプレートを使用しているとします。このテンプレートをスマート ドキュメントに変換すると、データベースと連携させて従業員の名前と番号、直属上司の名前などの必要な情報を自動的に読み込むことができます。経費フォームへの入力が終了したときにボタンが表示されるようにし、ワークフローの次のステップにフォームを送信することもできます。フォームは、スマート ドキュメントによって判別された上司に自動的に送信されます。このフォームがだれの手元にあっても、経費レビュー ワークフローの現在位置と次に進むステップがスマート ドキュメントによって把握されています。

情報を再利用および共有する

スマート ドキュメントを使用すると、既存のコンテンツを共有および再利用できます。たとえば、弁護士は契約書を作成するときに既存の定型文を使用し、ジャーナリストは署名欄やその他のよく使用する文章を挿入できます。スマート ドキュメントは情報の共有も容易であり、他の Microsoft Office system アプリケーションと連携することもできます。たとえば、スマート ドキュメントと Microsoft Office Outlook を連携させると、ドキュメントを終了したり、Outlook を起動しなくても、電子メール メッセージを送信できます。

XML 拡張パックを使ってスマート ドキュメント ソリューションを追加する

スマート ドキュメント ソリューションを追加すると、新しいスマート ドキュメントを開くたびに、使用できるソリューションの一覧が表示されます。ソリューションを使用するには、最初に、XML 拡張パックをドキュメントに添付する必要があります。これによって、Excel ブックがスマート ドキュメントに変換されます。XML 拡張パックは複数のコンポーネントで構成されており、これには XML ファイルやそのコンポーネントを参照するマニフェストが含まれます。拡張パックが添付されたドキュメントを開くと、[ドキュメント アクション] 作業ウィンドウも開きます。作業ウィンドウには、タスクを実行するためのツールとスマート ドキュメントを使用するためのヘルプが含まれています。スマート ドキュメントが提供する機能は、その作成者 (開発者または IT 担当者) が実装する設計によって決まります。スマート ドキュメント ソリューションの場所と詳細については、IT 担当者に連絡してください。

注: スマート ドキュメントを初めて使用する場合は、共通言語ランタイム コンポーネントをインストールする必要がある、または、コンポーネントの異なるバージョンが必要である、という内容のメッセージが表示されることがあります。そのようなメッセージが表示される場合は、システム管理者に連絡してください。

スマート ドキュメントをダウンロードまたは開発する

開発リソースや IT リソースを利用できない場合は、サード パーティが作成したスマート ドキュメントをダウンロードできます。自分が開発者であり、スマート ドキュメントの作成方法について理解する必要がある場合は、Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトでスマート ドキュメント ソフトウェア開発キットを参照してください。

ページの先頭へ

スマート ドキュメント ソリューションを追加および添付する

  1. [開発] タブが表示されない場合は、次の操作を行ってタブを表示します。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      注: リボンは、新しい Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス の一部です。複数のメニューとツールバーが 1 か所にまとめられ、必要なすべてのコマンドを簡単に見つけることができます。

  2. [開発] タブの [XML] で [拡張パック] をクリックします。

    リボンの XML グループ

  3. [追加] をクリックします。

  4. [XML 拡張パックのインストール] ダイアログ ボックスで、追加するソリューションのマニフェストの場所を見つけます。

  5. [開く] をクリックします。

  6. [利用可能な XML 拡張パック] ボックスの一覧で、ドキュメントに添付するソリューションをクリックし、[添付] をクリックします。

ページの先頭へ

スマート ドキュメントに添付されている XML 拡張パックを変更する

  1. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      注: リボンは、新しい Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス の一部です。複数のメニューとツールバーが 1 か所にまとめられ、必要なすべてのコマンドを簡単に見つけることができます。

  2. [開発] タブの [XML] で [拡張パック] をクリックします。

    リボンの XML グループ

  3. 次のいずれかを実行します。

    1. ドキュメントから XML 拡張パックの名前および URL プロパティを削除するには、[削除] をクリックします。[利用可能な XML 拡張パック] ボックスの一覧には、引き続き XML 拡張パックが表示されます。

    2. 現在の XML 拡張パックを新しい XML 拡張パックに置き換えるには、[利用可能な XML 拡張パック] ボックスの一覧で、別の XML 拡張パックを選択し、[添付] をクリックします。

    3. XML 拡張パックは、設定された間隔で自動的に更新されるように構成できます。その間隔以外で更新をチェックするには、[更新] をクリックします。更新された XML 拡張パックが利用できる場合は、新しいコンポーネントがダウンロードされます。

ページの先頭へ

スマート ドキュメント ソリューションを削除する

  1. [開発] タブが表示されていない場合は、次の操作を行って表示します。

    1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

    2. [基本設定] カテゴリの [Excel の操作の基本オプション] で、[[開発] タブをリボンに表示する] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

      注: リボンは、新しい Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイス の一部です。複数のメニューとツールバーが 1 か所にまとめられ、必要なすべてのコマンドを簡単に見つけることができます。

  2. [開発] タブの [XML] で [拡張パック] をクリックします。

    リボンの XML グループ

  3. [利用可能な XML 拡張パック] ボックスの一覧で、削除するソリューションをクリックし、[削除] をクリックします。

注: スマート ドキュメント ソリューションを削除しても、そのレジストリ情報が削除されるだけで、XML 拡張パックによってコンピュータにインストールされたファイルは削除されません。そのファイルは別のスマート ドキュメントで使用できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×