スポット カラーまたはプロセス カラー印刷用の文書を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ようにカラー印刷用にドキュメントを設定する前に、印刷業者に相談してください。プリンターわかる文書の印刷のコストをカラー印刷オプションの選択がどのように適用されます。一般的に、印刷業者でサポートされているカラー マッチング システムから最終的な色を選択するされます。Microsoft Office Publisher では、使用する位置にぴったりまたは文書内で使用するプロセス カラーを指定すると、PANTONE MATCHING SYSTEM® を提供します。

色を選択する印刷サービスを使用します。

印刷業者による印刷用に文書のデザインを開始する前に、プロセス カラー (CMYK カラー) とスポット カラーのどちらを使用するかについて、印刷業者と相談することができます。Publisher では、プロセス カラー印刷とスポット カラー印刷がサポートされており、印刷業者でカラー文書を印刷するために必要なツールがすべて用意されています。色について決定したら、選択したカラー印刷の種類に合わせて文書をデザインできます。

プロセス カラー印刷またはスポット カラー印刷の選択    ほとんどの場合、プロセス カラーを使用するか、スポット カラーを使用するか、またはスポット カラーとプロセス カラーを組み合わせて使用するかの決定は、印刷業者との相談が必要な印刷上の問題に左右されます。たとえば、次のような問題があります。

数値または最適な色の範囲に合わせて文書

スポット カラー印刷では、混合インクを 1 色以上使用するのが一般的です。スポット カラーは、次のような文書でよく使用されます。

  • 見出し、飾り枠、ロゴを強調する場合。

  • 線またはその他の単純なグラフィックスに色を付ける場合。

  • メタリックや光沢しあげなど、特殊なインクを指定する場合。

プロセス カラー (CMYK) 印刷では、たった 4 色のインクを使用するだけで広範囲な色範囲を再現できます。次のような文書でよく使用されます。

  • フルカラーの写真が含まれている場合。

  • 多彩色の細密なグラフィックスが使用されている場合。

文書のコスト

通常、プロセス カラー文書の印刷にかかる費用は、スポット カラー文書よりも高くなります。刷版はインクごとに個別に用意する必要がありますが、プロセス カラー印刷では常に 4 色のインクが必要とされるため、印刷業者でのセットアップに時間がかかります。印刷する文書の部数が少ないと、1 文書あたりの費用が極端に高くなる可能性があります。

スポット カラー印刷の費用は、使用するインクの数によって変わります。通常はごく少数の色しか使用しませんが、インクの濃淡を利用することによって、より広範囲な色の効果を作成することができます。たとえば、個別の刷版を使用するのではなく、印刷業者でスポット カラーの平網を作成すると、印刷費用を上げずに色の変化を表現できます。

文書を印刷するための費用は、印刷に使用する用紙の種類、文書のグラフィックスの複雑さ、および文書の印刷部数によっても変わります。

スポット カラー印刷用の文書を設定します。

  1. [ツール] メニューの [プリプレス ツール] をポイントし、[カラー印刷] をクリックします。

  2. [色の定義方法] の [スポット カラー] をクリックします。

    文書内のすべての色がスポット カラーのインクに変換され、[インク] タブに表示されます。スポット カラーのインクは、必要に応じて変更したり、複製したり、新しく追加したりできます。

    方法

    スポット カラー インクを変更します。

    スポット カラーのインクを変更するときは、変更するインクを別のインクに置き換えます。新しいインクは、PANTONE MATCHING SYSTEM または Microsoft Windows のカラー パレットから選択するか、RGB、CMYK、または HSL カラー モデルを使用して定義できます。

    1. [インク] タブで、変更するスポット カラーのインクの横にある矢印をクリックし、[変更] をクリックします。

    2. [インクの変更] ダイアログ ボックスで、目的のスポット カラーのインクを選択し、[OK] をクリックします。

    スポット カラー インクを複製します。

    スポット カラーのインクを複製するときは、既存のインクの定義を変更して新しいインクを作成します。別の方法として、PANTONE MATCHING SYSTEM または Windows のカラー パレットから新しいインクを選択するか、RGB、CMYK、または HSL カラー モデルを使用して新しいインクを定義することもできます。

    1. [インク] タブで、複製するスポット カラーのインクの横にある矢印をクリックし、[複製] をクリックします。

    2. [新しいインク] ダイアログ ボックスで、使用するスポット カラー インクを選択し、[OK] をクリックします。

    新しいスポット カラー インクを追加します。

    新しいスポット カラーのインクを追加するときは、PANTONE MATCHING SYSTEM または Windows のカラー パレットから新しいインクを選択するか、RGB、CMYK、または HSL カラー モデルを使用して新しいインクを定義することができます。

    1. [インク] タブで [新しいインク] をクリックします。

    2. [新しいインク] ダイアログ ボックスで、目的のスポット カラーのインクを選択し、[OK] をクリックします。

注: 文書の設定をスポット カラー印刷用に切り替えると、すべての配色パターンが失われます。

プロセ スカラー印刷用の文書を設定します。

  1. [ツール] メニューの [プリプレス ツール] をポイントし、[カラー印刷] をクリックします。

  2. [色の定義方法] の [プロセス カラー (CMYK)] をクリックします。

    文書内のすべての色が CMYK 値に変換され、[インク] タブには、シアン、マゼンタ、イエロー、およびブラック (黒) のインクだけが表示されます。[] タブには、すべての色が CMYK 値と共に表示されます。

注: 画面上に表示される色は、CMYK カラーに正確に一致するとは限りません。プロセス カラー印刷用の設定が完了したら、文書を評価して色の変更について確認してください。いずれかの色が期待どおりの色に一致していない場合は、文書内の個々のオブジェクトの色を変更することができます。

スポット カラーとプロセス カラー印刷用の文書を設定します。

  1. [ツール] メニューの [プリプレス ツール] をポイントし、[カラー印刷] をクリックします。

  2. [色の定義方法] の [プロセス カラーとスポット カラー] をクリックします。

    次のいずれかの結果になります。

    • 文書の設定が [RGB カラー] の場合、すべての色はプロセス カラーに変換され、シアン、マゼンタ、イエロー、およびブラック (黒) のプロセス カラーのインクだけが [インク] タブのインクの一覧に表示されます。

    • 文書の設定が [スポット カラー] または [1 色] の場合、スポット カラーのインクは保持され、シアン、マゼンタ、イエロー、およびブラック (黒) のプロセス カラーのインクが [インク] タブのインクの一覧に追加されます。

    • 文書の設定が [プロセス カラー (CMYK)] の場合、初期状態では、プロセス カラーのインクだけが [インク] タブに表示されます。ただし、[新しいインク] をクリックすると、任意のスポット カラーのインクを [インク] タブのインクの一覧に追加できます。

      方法

      新しいスポット カラーのインクを追加するときは、PANTONE MATCHING SYSTEM または Windows のカラー パレットから新しいインクを選択するか、RGB、CMYK、または HSL カラー モデルを使用して新しいインクを定義することができます。

      1. [インク] タブで [新しいインク] をクリックします。

      2. [新しいインク] ダイアログ ボックスで、目的のスポット カラーのインクを選択し、[OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×