スペル チェック時に、すべて大文字の単語、数字、インターネット アドレスを無視する

Office プログラムの校正オプションには、すべて大文字の単語、数字を含む単語、URL の一部である単語 (任意 Web またはファイル アドレス) など特定の種類の単語を無視するようスペル チェッカーに指示できる設定があります。単語が繰り返し使われる場合に、スペル チェックでフラグを付ける指定もできます。

これらの設定は、ほとんどの Office プログラムの [文章校正] ダイアログ ボックスにあります (Office 2007 の一部のプログラムでは、これらの設定は [スペル チェック オプション] にあります)。各 Office プログラムで文章校正プログラムを開く方法の詳細については、以下の「Office プログラムで校正オプションを開く」を参照してください。

スペルを修正するときに単語を無視するオプション

注: これらのオプションの変更は、オプションを変更したプログラムに関係なく、すべての Microsoft Office プログラムに適用されます。

Office プログラムで校正オプションを開く

Outlook を除くすべてのプログラム:

  • [ファイル]、[オプション]、[文章校正] の順にクリックします。

Outlook:

  • [ファイル]、[オプション]、[メール]、[編集オプション]、[文章校正] の順にクリックします。

Word、Excel、Access、PowerPoint:

  • Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 、[<プログラム> のオプション]、[文章校正] の順にクリックします。

Outlook:

  • メール アイテムを開き、Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[編集オプション]、[文章校正] の順にクリックします。

InfoPath、OneNote、Publisher、Visio:

  • [ツール] メニューの [スペル チェック] をポイントし、[スペル チェック オプション] をクリックします。

Project:

  • [ツール] メニューで [オプション] をクリックし、[スペル チェック] タブ、[その他のスペル チェック オプション] の順にクリックします。

各オプションの意味

チェック ボックス

目的

[すべて大文字の単語は無視する]

すべて大文字の単語は無視します。 このオプションがオンの場合、たとえば "ABC" はスペル ミスとは見なされません。

[数字を含む単語は無視する]

数字を含む単語は無視します。 このオプションがオンの場合、たとえば "a1b2c3" はスペル ミスとは見なされません。

[インターネット アドレスとファイル パスは無視する]

インターネット アドレスとファイル パスの単語は無視します。このオプションがオンの場合、たとえば次の単語は無視されます。

  • http://www.proseware.com/

  • \\proseware\public\

  • mailto:andy@proseware.com

[繰り返し使われる単語にフラグを付ける]

繰り返し使われる単語を識別します。 このオプションがオンの場合、たとえば "beep beep" にはフラグが付けられます。

関連項目

Office 2013 以前で文法と文書のスタイルのオプションを選択する

Office 2016 で文法と文書のスタイルのオプションを選択する

Office 2010 以降でスペル チェックと文章校正を行う

Office 2007 でスペル チェックと文章校正を行う

Office 2016 for Mac でスペル チェックと文章校正を行う

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×