スペル チェックのオンとオフを切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

入力中に単語のスペルを間違えると、赤色の波線で下線が付きます。

スペルを間違えたいくつかの単語

スペル ミスを修正しましたが、この作業によって作業の流れが中断され、アイデアが失われました。このような状況を避けるには、スペル チェックをオフにし、入力を完了したときに手動でスペル チェックを実行することができます。これを行うには、次の操作を実行します。

[ファイル]、[オプション]、[文章校正] の順にクリックし、[入力時にスペル チェックを行う] チェック ボックスをオフにして、[OK] をクリックします。

[入力時にスペル チェックを行う] オプション

再度スペル チェックをオンにするには、この手順を繰り返し、[入力時にスペル チェックを行う] ボックスをオンにします。

手動でスペル チェックを実行するには、[文章校正]、[スペル チェックと文章校正] の順にクリックします。

スペル チェックと文章校正を行うコマンド

ただし、スペル チェックを実行することを忘れないでください。スペル ミスや文章の誤りがあると、特に、上司、先生、人事部などが見た場合、伝えようとしている内容の信頼性を著しく損ないます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×