スペル チェックと文章校正を行う Word Online

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

すべてのユーザーは、誤入力とスペル チェックと文章校正を行うと失敗します。 しかし、 Word Online簡単に見つけて修正します。

、作業中にWord Onlineはスペル チェック、文法とスタイルの間違いを検出し、下線付きでこれらのマークを付けます。

使用例

種類

ファイルに保存されています。

文字の"in"senetence"の下に赤の波線の下線が付いた"この senetence

スペル チェック

OneDrive
OneDrive for Business
SharePoint Online

文字の「おミスはいくつか」二重青色の下線付きの下「を使用すると」

文章校正

OneDrive for Business
SharePoint Online

「はい」gold 点線の下線が付いた単語

候補の検索結果の絞り込みを作成します。

OneDrive for Business
SharePoint Online

修正を行う (または候補を無視する) に下線付きの単語を右クリックします。

ヒント: Word Online候補を無視するように、独自は、スペル チェック辞書に単語を選択でき、校正ツールをオフにすることを追加するには、方法はありません。

校正ツール設定をカスタマイズします。

For Business または SharePoint Online、OneDrive に保存されているファイル、または特定の校正の候補を無効にできます。

  1. [校閲] タブには、スペル チェックと文章校正を行う_gtエディターの設定に移動します。
    Word Online の [エディターの設定] オプションのスクリーン ショット

  2. オンまたは自分の好みに従って] メニューの設定をオフにします。  Word Online の [エディターの設定] メニューのスクリーン ショット

  3. カスタマイズされた設定を保存する、 [ok]を選択します。

校正ツールをオフにします。

Word Online テキストは [線の色を置くと、スペル チェックと文章校正--をオフにするのには、次の操作を行います。 

  1. 確認できないようにしテキストを選択します。 文書または全体の一部を選択します。

  2. 右クリックし、[校正言語の設定] を選びます。

    スペルミスのある単語の右クリック メニューの [校正言語の設定] オプション
  3. スペル チェックと文章校正をオンにしないでを選択します。

    [言語] ダイアログ

チェックを選択したテキストを再確認します。

校正ツールがオフにした後に気を変更する場合は、戻るし、テキストを再確認できます。 手順

  1. 1 つの単語を右クリックするか、(でも文書全体) のテキストのブロックを選択します。

  2. [校正言語の設定] をクリックします。

  3. スペル チェックと文章校正を行うチェックを行わない] チェック ボックスをオフにします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×