スペルや入力の誤りを修正する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

オートコレクト機能を使うと、"adn" と "and" や "their is" と "there is" など、入力の誤りを修正することができます。また、入力ミスをしやすい単語を独自にオートコレクトの項目に追加することもできます。

オートコレクトの項目は、Office の各アプリケーションで共通です。

入力ミスを自動的に修正するには、あらかじめ誤ったスペルで単語を指定します。オートコレクトはデータシートでのみ使用できます。グラフでは使用できません。

  1. [ツール] メニューの [オートコレクトのオプション] をクリックします。

  2. [入力中に自動修正する] チェック ボックスをオンにします。

  3. [修正文字列] ボックスに、単語を誤ったスペルで入力します。たとえば「usualy」と入力します。

  4. [修正後の文字列] に、その単語を正しいスペルで入力します。この場合は「usually」と入力します。

  5. [追加] をクリックします。

ヒント   長い句や節をオートコレクトの項目に登録すると、数文字入力するだけで自動的に長い文字列を挿入することができます。まず、何度も入力する長い文字列を選択してコピーし、[ツール] メニューの [オートコレクトのオプション] をクリックします。次に、[修正文字列] ボックスには省略した文字列を入力し、[修正後の文字列] ボックスにはコピーした文字列を Ctrl キーを押しながら V キーを押して貼り付け、[追加] をクリックします。こうすると、たとえば「afd」と入力するだけで、「Aperture Film Distributors.」を挿入することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×