スプレッドシート比較を使用して、ブックの 2 つのバージョンを比較する

他のユーザーがブックを編集できるのであれば、ブックを開いたときに、変更したのは誰か、 どこが変更されたかなどを疑問に思うかもしれません。Microsoft スプレッドシート比較では、このような変更を検出および強調表示して、こうした疑問に答えることができます。

重要:  スプレッドシート比較は Office Professional Plus 2013 または Office 365 ProPlus でのみ使用できます。

  1. スプレッドシート比較を開きます。

  2. 左下のウィンドウで、数式、セル書式、マクロなど、ブックの比較対象に含めるオプションを選択します。 または、シンプルに [すべて選択] を選びます。

  3. [ホーム] タブの [ファイルの比較] を選びます。
    ファイルの比較

  4. [ファイルの比較] ダイアログ ボックスの [比較] 行で、以前のバージョンのブックを参照 参照 します。 コンピューターまたはネットワーク上に保存されたファイルに加えて、ブックが保存されたサイトの Web アドレスを入力することもできます。

    [ファイルの比較] コマンド

  5. [ファイルの比較] ダイアログ ボックスの [比較対象] 行で、以前のバージョンに対して比較するバージョンを参照 参照 します。

    注:  別々のフォルダーに保存されていれば、同じ名前ファイルも比較できます。

  6. [OK] を選んで比較を実行します。

注:  "ブックを開けません" というメッセージが表示される場合は、ブックがパスワードで保護されている可能性があります。 [OK] をクリックし、パスワードを入力します。 パスワードとスプレッドシート比較の連携の詳細については、こちらを参照してください。

比較の結果は、2 つのウィンドウ グリッドに表示されます。 左側のブックは、"比較" で選んだファイルで、右側のブックは "比較対象" で選んだファイルです。 2 つのグリッドの下にあるウィンドウに詳細が表示されます。 変更内容は、種類別に色付けられて強調表示されます。

比較結果

結果を理解する

  • 左右に並んだグリッドでは、一方のファイルと他方のファイルのそれぞれのワークシートが、左端のワークシートから比較されています。 ブックでワークシートが非表示になっていても、スプレッドシート比較では表示と比較が行われます。

  • セル幅が小さくセルの内容を表示しきれない場合は、[セルのサイズを変更して合わせる] をクリックします。
    セルのサイズを変更

  • 変更点は、変更の種類別に、セルの塗りつぶしの色またはテキスト フォントの色で強調表示されます。 たとえば、"入力された値" を含むセル (数式でないセル) は、左右に並んだグリッドでは緑の塗りつぶしの色で書式設定され、ウィンドウの結果一覧では緑のフォントで書式設定されます。 左下のウィンドウは、色の意味を示す凡例です。

比較結果を他の方法で利用する

結果を保存して別の方法で分析を行う場合は、Excel 形式のファイルに結果をエクスポートするか、結果をコピーして Microsoft Word など、別のプログラムに貼り付けることができます。 また、Excel で表示されたように各ワークシートのセルの書式を忠実に保存するオプションを選ぶこともできます。

  • 読みやすい Excel ファイルとして結果をエクスポートできます。 [ホーム]、[結果をエクスポートする] の順にクリックします。

  • [ホーム]、[結果をクリップボードにコピーする] の順にクリックし、結果を別のプログラムにコピーして貼り付けます。

  • ブックのセルの書式を表示するには、[ホーム]、[ブックの色を表示する] の順にクリックします。

ブックを比較するその他の理由

  • たとえば、組織で監査が予定されている場合を考えます。 重要なブックで月ごと、または年ごとの変更を示す履歴が必要になります。 この履歴は、監査者から指摘を受ける前に、間違いを特定、修正するために役立ちます。

  • ワークシートのコンテンツの比較に加えて、VBA (Visual Basic for Applications) コードの変更点を確認するためにスプレッドシート比較を使用することもできます。 この結果はウィンドウに表示され、左右に並んだ表示で変更点を確認できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×