スプレッドシート比較の基本的な作業

2 つの Excel ブック、または同じブックの異なる 2 つのバージョンを比較するとします。 または、(計算せずに) 手動で入力した合計や壊れた数式など、潜在的な問題を検出するとします。 Microsoft Office Professional Plus 2013 を使っている場合は、Microsoft スプレッドシート比較を使って、検出した差分と問題についてのレポートを実行できます。

重要: スプレッドシート比較は Office Professional Plus 2013 または Office 365 ProPlus でのみ使用できます。

スプレッドシート比較を開きます。

Windows 7 の場合:    Windows の [スタート] メニューで、[Office 2013 ツール] の [スプレッドシート比較] をクリックします。

Windows 8 の場合:    [スタート] 画面の [スプレッドシート比較] をクリックします。 [スプレッドシート比較] タイルが表示されない場合は、「スプレッドシート比較」いう語を入力して、タイルを選びます。

スプレッドシート比較だけでなく、Access 用の比較プログラムである Microsoft データベース比較もあります。 こちらも Office Professional Plus 2013 が必要です (Windows 8 の場合は「データベース比較」と入力して検索してください)。

2 つの Excel ブックを比較する

  1. [ホーム]、[ファイルの比較]の順にクリックします。

    ファイルの比較

    [ファイル比較] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [比較] ボックスの横にある青色のフォルダー アイコンをクリックし、以前のバージョンのブックの場所を参照します。コンピューターまたはネットワーク上に保存されたファイルに加えて、ブックが保存されたサイトに Web アドレスを入力することもできます。

[ファイルの比較] コマンド

  1. [比較対象] ボックスの横にある緑色のフォルダー アイコンをクリックし、以前のバージョンと比較するブックの場所を参照して、[OK] をクリックします。

    ヒント: 別々のフォルダーに保存されていれば、同じ名前ファイルも比較できます。

  2. 左側のウィンドウで [数式]、[マクロ]、[セル書式] などのオプションをオンまたはオフにして、ブック比較の結果に表示するオプションを選びます。 または、単に [すべて選択] を選びます。

スプレッドシート比較のオプション

  1. [OK] をクリックして比較を実行します。

"ブックを開けません" というメッセージが表示される場合は、ブックのいずれかがパスワードで保護されている可能性があります。 [OK] をクリックし、ブックのパスワードを入力します。 パスワードとスプレッドシート比較の連携の詳細については、こちらを参照してください。

比較の結果は、2 つのウィンドウ グリッドに表示されます。 左側のブックは、"比較" (古い) で選んだファイルで、右側のブックは "比較対象" (新しい) で選んだファイルです。 2 つのグリッドの下にあるウィンドウに詳細が表示されます。 変更内容は、種類別に色付けられて強調表示されます。

結果を理解する

  • 左右に並んだグリッドでは、ファイルごとのワークシートが他方のファイルのワークシートと比較されます。 複数のワークシートがある場合は、水平スクロールバーの [進む] と [戻る] をクリックすると、すべてのワークシートを使用できます。

    注: 表示されていないワークシートがある場合、そのワークシートも比較され、結果に表示されます。

  • 変更点は、変更の種類別に、セルの塗りつぶしの色またはテキスト フォントの色で強調表示されます。 たとえば、"入力された値" を含むセル (数式でないセル) は、左右に並んだグリッドでは緑の塗りつぶしの色で書式設定され、ウィンドウの結果一覧では緑のフォントで書式設定されます。 左下のウィンドウは、色の意味を示す凡例です。

2 つのバージョンのブックの比較結果

次の例では、古いバージョンの Q4 の結果は最終版ではありませんでした。 最新バージョンのブックの Q4 の E 列に最終的な数字が記載されています。

比較結果で、両方のバージョンのセル E2:E5 が緑色になっています。これは、入力した値が変更されていることを示しています。 入力した値が変更されたことで、YTD 列の計算結果も変更されたため、セル F2:F4 と E6:F6 が青緑色になっています。これは、計算結果が変更されたことを示しています。

セル F5 の計算結果も変更されていること以外に、以前のバージョンでは間違った数式が使われていたことが重要な理由です (Q4 の値を省略する B5:D5 のみが合計されていました)。 ブックを更新すると、F5 の数式は修正されたため、現在数式は =SUM(B5:E5) です。

  • セル幅が小さくセルの内容を表示しきれない場合は、[セルのサイズを変更して合わせる] をクリックします。

セルのサイズを変更

Excel の Inquire アドイン

スプレッドシート比較の比較機能以外にも、Excel 2013 では、[INQUIRE] タブを使用できるようにする Inquire アドインを有効にすることもできます。 [INQUIRE] タブでは、ブックを分析したり、セル、ワークシートや他のブック間のリレーションシップを表示したり、ワークシートから不要なセル書式を消去することができます。 Excel で 2 つの比較するブックを開いている場合は、[ファイルの比較] コマンドを使ってスプレッドシート比較を実行することができます。

Excel 2013 に [INQUIRE] タブが表示されていない場合は、「Inquire アドインをオンにする」を参照してください。 Inquire アドインにあるツールの詳細については、「スプレッドシート検査を使ってできること」を参照してください。

次のステップ

組織に "重要" な Excel ワークブックや Access データベースがある場合は、Microsoft のスプレッドシートとデータベースの管理ツールのインストールを検討してください。 Microsoft 監査/統制管理サーバーは、Excel ファイルと Access ファイルの強力な変更管理機能を提供します。これは、インベントリおよび分析機能を提供する Microsoft 検出/リスク評価サーバーで補完されます。これらはすべて、Excel と Access でエンド ユーザーが開発したツールを使用する際に伴うリスクの軽減に役立つことを目的としています。

を比較するスプレッドシートの概要を参照してください。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×