スキップしてメイン コンテンツへ

スパークラインを使ってデータの傾向を分析する

スパークラインは、1つのワークシートのセル内に小さなグラフであり、データの傾向を視覚的に表現して表示するために使用できます。 スパークラインでは、季節の変化や経済サイクルなどの重要な項目を強調して、異なる色の最大値と最小値を強調表示することができます。 ワークシートデータに傾向を表示することは、特に他のユーザーとデータを共有する場合に便利です。

スパークラインを使ったワークシート

  1. スパークラインに表示するデータの隣または近くにある空のセルを選びます。

  2. [挿入] タブの [スパークライン] グループで、[折れ線]、[縦棒]、[勝敗] をクリックします。

    [挿入] タブのスパークライン コマンド

  3. [データ範囲] ボックスに、スパークラインに表示するデータが含まれるセルの範囲を入力します。

    たとえば、行 2 のセル A、B、C、D にデータがある場合、「A2:D2」と入力します。

    [スパークラインの作成] ダイアログ ボックス

    ワークシートのセルの範囲を選ぶには、 ボタンの画像 をクリックしてダイアログ ボックスを一時的に閉じ、ワークシートのセルを選んでから、 ボタンの画像 をクリックしてダイアログ ボックスを表示します。

  4. [OK] をクリックします。

    リボンに [スパークライン ツール] が表示されます。 [デザイン] タブのコマンドを使って、スパークラインをカスタマイズします。

    リボン上の [スパークライン ツール]

ヒント

  • スパークラインはセルに埋め込まれるので、セルにテキストを入力すると、スパークラインは次の例のように背景として表示されます。

    スパークラインとテキストを含むセル

  • 1 つのセルを選択している場合、いつでも列または行内の他のセルにスパークラインをコピーできます。コピーするには、ドラッグするか [下方向へコピー] (Ctrl + D) を使います。

スパークラインをカスタマイズする

作成したスパークラインの種類、スタイル、書式はいつでも変更できます。

  1. カスタマイズするスパークラインを選択すると、リボンに [スパークライン ツール] が表示されます。

    リボン上の [スパークライン ツール]

  2. [デザイン] タブで、使うオプションを選びます。 次のような機能を利用できます。

    • マーカーを使って、折れ線スパークラインの個々の値を強調表示する

      [スパークライン ツール] の [デザイン] タブのグループを表示する

    • スパークラインのスタイルまたは書式を変更する

      [スパークライン ツール] の [デザイン] タブのスタイル

    • 軸の設定を表示および変更する

      [スパークライン ツール] の [デザイン] タブの [軸] ボタン

      このドロップダウンで [軸の種類] オプションをクリックすると、[スパークラインの日付の範囲] ダイアログボックスが開きます。 ここで、スパークラインデータに必要な日付の値が含まれているブック内の範囲を選択できます。

      [スパークラインの日付の範囲] ダイアログボックスで、スパークラインデータの日付値を含む範囲を選択します。

      このドロップダウンで [ユーザー設定の値] オプションをクリックすると、[スパークラインの縦軸の設定] ダイアログボックスが開きます。 ここでは、スパークラインデータの縦軸の最小値または最大値 (選択したオプションに応じて異なります) のいずれかを入力できます。 既定では、これらのオプションを使用して、最小値と最大値を制御できるように、スパークラインデータの表示方法が決定されます。

      [スパークラインの縦軸の設定] ダイアログボックスで、縦軸の最小値を入力します。

    • データの表示方法を変更する

      [スパークライン] グループの [データの編集] ボタン

      このドロップダウンで [単一スパークラインのデータの編集] オプションをクリックすると、Excel が [スパークラインデータの編集] ダイアログボックスを開きます。 ここでは、スパークラインデータに必要なデータが含まれているブック内の範囲を選択できます。 スパークラインを1つだけ変更する場合は、このオプションを使用します。

      [スパークラインデータの編集] ダイアログボックスでソースデータ範囲を入力します。

      このドロップダウンの [非表示の & 空のセル] オプションをクリックすると、[非表示および空白のセルの設定] ダイアログボックスが開きます。 このオプションを使用して、Excel でスパークラインデータの非表示および null 値の処理方法を変更します。

      空白のセルを間隔ゼロ、またはデータポイントと線で接続することを選択できます。

      [非表示の行と列のデータを表示する] オプションを選択し、非表示の行と列のデータをスパークラインデータに含めるようにします。 非表示の行と列のデータを無視するには、このオプションをオフにします。

      [非表示および空白のセルの設定] ダイアログボックスで、Excel がスパークラインの非表示または空のセルを処理する方法を決定します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×