スパークラインを使ってデータの傾向を分析する

スパークラインは、1 つのワークシート セル内に配置できる小さなグラフです。スパークラインを使うと、データを視覚的に表現し、傾向を表示することができます。 スパークラインによって、季節ごとの増減や景気循環などの情報に注意を引いたり、色分けして最大値や最小値を強調したりすることができます。 ワークシート データの傾向を表示できると、データを他のユーザーと共有するときに特に便利です。

スパークラインを使ったワークシート

  1. スパークラインに表示するデータの隣または近くにある空のセルを選びます。

  2. [挿入] タブの [スパークライン] グループで、[折れ線]、[縦棒]、[勝敗] をクリックします。

    [挿入] タブのスパークライン コマンド

  3. [データ範囲] ボックスに、スパークラインに表示するデータが含まれるセルの範囲を入力します。

    たとえば、行 2 のセル A、B、C、D にデータがある場合、「A2:D2」と入力します。

    [スパークラインの作成] ダイアログ ボックス

    ワークシートのセルの範囲を選ぶには、 ボタンの画像 をクリックしてダイアログ ボックスを一時的に閉じ、ワークシートのセルを選んでから、 ボタンの画像 をクリックしてダイアログ ボックスを表示します。

  4. [OK] をクリックします。

    リボンに [スパークライン ツール] が表示されます。[デザイン] タブのコマンドを使って、スパークラインをカスタマイズします。

    リボン上の [スパークライン ツール]

ヒント

  • スパークラインはセルに埋め込まれるので、セルにテキストを入力すると、スパークラインは次の例のように背景として表示されます。

    スパークラインとテキストを含むセル

  • 1 つのセルを選択している場合、いつでも列または行内の他のセルにスパークラインをコピーできます。コピーするには、ドラッグするか [下方向へコピー] (Ctrl + D) を使います。

スパークラインをカスタマイズする

作成したスパークラインの種類、スタイル、書式はいつでも変更できます。

  1. カスタマイズするスパークラインを選択すると、リボンに [スパークライン ツール] が表示されます。

    リボン上の [スパークライン ツール]

  2. [デザイン] タブで、使うオプションを選びます。次のような機能を利用できます。

    • マーカーを使って、折れ線スパークラインの個々の値を強調表示する

      [スパークライン ツール] の [デザイン] タブのグループを表示する

    • スパークラインのスタイルまたは書式を変更する

      [スパークライン ツール] の [デザイン] タブのスタイル

    • 軸の設定を表示および変更する

      [スパークライン ツール] の [デザイン] タブの [軸] ボタン

    • データの表示方法を変更する

      [スパークライン] グループの [データの編集] ボタン

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×