スパークラインの軸

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

スパークラインの基になっているデータによっては、軸を変更することで、目盛や精度を調整し、比較が容易に行える場合があります。

横軸

オプション

説明

軸の種類 (基本)

既定の横軸です。各データ ポイントは、スパークラインを構成するその他のデータ ポイントと関連付けてプロットされます。

スパークラインの軸の種類

日付軸

各データ ポイントは、日付と関連させてプロットされます。たとえば、月ごとの在庫を比較するには、日付軸として月の範囲を選択します。

軸の表示

スパークラインに横軸を表示することで、0 より大きい数値や 0 より小さい数値を見やすくします。このオプションは、特に線のスタイルのスパークラインで役立ちます。

スパークライン軸の表示

データを右から左にプロット

横軸を反転させます。

左から右のスパークライン軸

縦軸

1 つのスパークラインまたはグループ内のすべてのスパークラインの最小値と最大値を設定できます。

オプション

説明

スパークラインごとに自動設定

最小値と最大値は、スパークラインごとに異なり、スパークラインを構成するデータに基づいて決まります。たとえば、スパークライン グループのデータ範囲が A1:C4 の場合は、A1:A4、B1:B4、および C1:C4 には、それら 3 つの範囲の最大値と最小値に基づいて、それぞれの最小値と最大値があります。

すべてのスパークラインに同じ値

最小値と最大値は、グループ内のすべてのスパークラインに同じ値が割り当てられ、そのスパークライン グループを構成するデータ範囲内の最小値と最大値に基づいて決まります。たとえば、スパークライン グループのデータ範囲が A1:C4 の場合、最小値と最大値は A1:C4 内の最小値と最大値によって決まります。

ユーザー設定

スパークライン グループの最小値または最大値として、特定の数値を設定します。

関連項目

スパークラインを作成する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×