スパークラインについて

スパークラインは、 シート内の個々のセル内に収まる小さなグラフです。サイズを小さくしたことで、大きなデータ セットのパターンを簡潔にわかりやすく示すことができます。季節による増減、景気循環など、一連の値についての傾向を示したり、最大値と最小値を強調したりする場合にスパークラインを使用します。 スパークラインは、グラフで表すデータの近くに配置すると、最大の効果を発揮します。

どのようなときにスパークラインを使用するか

行と列はデータを表現するのに便利ですが、データ セットが密であったり、複数の月または年にまたがるものであると、パターンを見つけにくい場合があります。データからスパークラインを作成することで、数値を分析するためにより意味のあるコンテキストを作り出すことができます。スパークラインを利用することで、隣接するセルの傾向を簡潔で視覚的に表現することができます。

スパークラインの例

吹き出し 1 スパークラインのグループで使用されるデータ範囲

吹き出し 2 スパークラインのグループ

ヒント:  同じセル内にテキストを入力することで、スパークラインにラベルや注釈を付けることができます。
スパークラインとテキストの背景

関連項目

スパークラインを作成する

スパークラインの軸

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×