スパイクを使用して隣接していない場所の文字列や画像を移動する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

スパイクを使用すれば、作成中の電子メール メッセージ内の隣接していない場所から 2 つ以上の選択項目を切り取ることができます。次に、スパイクに追加したすべての選択項目をまとめて貼り付けることができます。

たとえば、メッセージの 1 つのパラグラフの文をスパイクに追加することができます。次に、メッセージ内の他の場所に表示された Web リンクを選択し、それをスパイクに追加します。最後に、メッセージ内の 3 番目の場所に表示された宛先アドレスを選択し、それをスパイクに追加します。メッセージ内の特定の場所へスパイクを貼り付けると、スパイクに追加済みの 3 つの選択項目すべてが挿入されます。

メッセージから切り取った各選択項目は、メッセージ内の新しい場所に切り取った内容を貼り付けるまでスパイクに付加されます。項目はスパイクに残るので、繰り返し挿入することができます。

  1. 移動する文字列または画像を選択し、Ctrl キーを押しながら F3 キーを押します。

    注: スパイクに項目を移動する操作は、Ctrl キーを押しながら X キーを押す操作、つまり切り取り操作に似ています。選択項目は、現在の場所から削除されます。

  2. スパイクに移動する項目ごとに、この手順を繰り返します。

  3. メッセージ内で、スパイクの内容を挿入する場所をクリックし、Ctrl キーと Shift キーを押しながら F3 キーを押します。

スパイクが次回から追加する選択範囲をスパイクに貼り付けた後にスパイク (ctrl キーを押しながら shift キーを押しながら F3) をオフにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×