スナップの強さを調整する、スナップをオフにする

スナップの強さを調整する、スナップをオフにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

図形の作成や移動を行うときには、スナップを利用すると、その他の図形、ルーラーの目盛り、グリッド線、ガイド、ガイド点にそった位置に、図形とその端が引き寄せられます。 図形をスナップする図面要素の種類は指定できます。

既定では、図形はルーラーの目盛りとグリッドの両方にスナップされます。図形をルーラーの目盛りにより簡単にスナップするには、グリッド線へのスナップをオフにします。

グリッド線に合わせる動作を構成するには

  1. [表示] タブの [視覚補助] グループでダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。

    Visio 2016 の [スナップと接着] ダイアログ ボックスの起動ツール
  2. [全般] タブの [機能の ON/OFF] の下の [スナップ] チェック ボックスをオフにしてスナップを非アクティブにするか、[スナップ] をオンにしてスナップをアクティブにします。

    Visio 2016 の [スナップ] がオフになっている [スナップと接着] ダイアログ ボックス
  3. [位置合わせ] で、図形をスナップするときに合わせる図面要素を選び、[OK] をクリックします。

    選択したスナップの設定は、図面のすべての図形に適用されます。

図形をスナップするときに合わせる図面要素を選べることに加えて、図形を要素に合わせてスナップする強さを指定することもできます。

要素のスナップの強さを弱めると、図形は付近のその他の要素に合わせてスナップしやすくなります。要素のスナップの強さを強めると、その他の要素が付近にあって、図形をそれに合わせてスナップできたとしても、図形はその要素に合わせてスナップしやすくなります。

要素を図面のスナップの強さを調整するには

  1. [表示] タブの [視覚補助] グループでダイアログ ボックス起動ツール ( Word 2010 のダイアログ ボックス起動ツールのボタン ) をクリックします。

  2. [詳細設定] タブで、[スナップの強さ] スライダーを調整します。

    Visio 2016 の [スナップと接着] の強度スライダーをスナップする

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×