ストーリー内のテキストがはみ出しています

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

テキスト ボックスまたはオートシェイプには、そのテキストがオーバーフローストーリーの一部が含まれています。文書を印刷するか、Web サイトに発行するときに、このテキストを表示することはできません。

検索してアイテムを選択、デザイン チェック] 作業ウィンドウでのエラー メッセージ] をクリックして、矢印をクリックし、[このアイテムに移動する] をクリックします。

自動修正

新しいページにテキストを追加する      この修正を選択し、Microsoft Publisher の指示に従って、オーバーフロー領域にあるテキストを既存の空のテキスト ボックスまたは新しいページの新しいテキスト ボックスに挿入します。

手動修正

この問題を手動で修正するには、テキストを別のテキスト ボックスに手動で流し込む、多くのテキストが格納できるようにテキスト ボックスのサイズを拡張する、テキスト サイズを変更する、テキスト ボックス内またはオートシェイプ内の余白を変更する、テキストの一部を削除する、のいずれかを行います。

テキストを別のテキスト ボックスに手動で流し込む

  1. 次にテキストを流し込む場所を設定するには、新しいテキスト ボックスを作成します。

    操作方法

    1. [オブジェクト] ツールバーで、テキスト ボックス ボタンの画像 ] をクリックします。

    2. 文書で、テキスト ボックスのいずれかの角を配置する場所をポイントして、目的のサイズになるまでマウスを斜めにドラッグします。

  2. テキストがオーバーフローしているテキスト ボックスの内部をクリックします。

  3. [テキスト ボックス] ツールバーで、テキスト ボックスのリンクを作成する Button image ] をクリックします。ポインターに変わったらピッチャー テキスト ボックスのリンクに使用するテキスト ボックス リンク ピッチャー。 します。

  4. ストーリーの中で、2 番目となるテキスト ボックスをクリックします。

    2 番目のボックスが 1 番目のボックスにリンクし、オーバーフロー領域のテキストがこの 2 番目のボックスに表示されます。

  5. ストーリーにさらにテキスト ボックスを接続するには、手順 3 と 4 を繰り返します。

多くのテキストが格納できるようにテキスト ボックスまたはオートシェイプのサイズを拡張する

  1. テキスト ボックスまたはオートシェイプをクリックして選択します。

  2. サイズ変更ポインター move ruler が表示されるまで、ハンドルのいずれかの上にマウス ポインターを置きます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • オブジェクトの縦横比を変えずにサイズを変更するには、いずれかのハンドルをクリックし、Shift キーを押しながらドラッグします。

    • オブジェクトを拡大するには、上、下、または横のハンドルをクリックし、ドラッグします。

テキストのサイズを変更する

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 1 つの単語のテキストのサイズを変更する場合は、その単語内にカーソルを移動します。

    • 複数の単語または文字のテキストのサイズを変更する場合は、必要なテキストを反転表示して選択します。

    • ストーリー全体のテキストのサイズを変更するには、ストーリー内にカーソルを配置し、Ctrl + A キーを押します。

  2. 書式設定] ツールバーで、[フォント サイズ] ボックスの Button image でサイズを入力します。

注: [フォント サイズ] ボックスにリストされている以外のフォント サイズを 0.1 ポイントの精度で入力できます。たとえば、9.3 ポイントのフォント サイズを入力することができます。

テキスト ボックス内またはオートシェイプ内の余白を変更する

  1. オブジェクトを右クリックし、ショートカット メニューの [オブジェクトの種類の書式設定] をクリックします。

  2. [オブジェクトの種類の書式設定] ダイアログ ボックスでは、テキスト ボックス] タブをクリックします。

  3. [テキスト ボックスの余白] で、左、右、上、および下の余白の設定値を入力します。

注: 余白の設定値を減らしてテキストのスペースを増やします。

テキストを削除する

  1. テキストを選択します。

  2. Del キーを押します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×