ストアド プロシージャのプロパティ ページ (ADP)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

(Microsoft SQL Server 2000 のみです。)単一ステートメントのストアド プロシージャを作成または変更する動作を制御するためのオプションが表示されます。

手順

現在のストアド プロシージャの名前が表示されます。手順をまだ保存していない場合は、既定の名前が表示されます。このボックスに名前を変更することはできません。名前を割り当てるには、するには、 [ファイル] メニューから、または名前を付けて保存を選択します。

すべての列を出力します。

現在表示されているすべてのテーブルからすべての列がプロシージャの出力に含まれるかを指定します。このオプションを選択することは、SQL ペイン内の個別の列名の代わりにアスタリスク (*) を指定すると同じです。

一意の値

プロシージャの出力から行を重複する値をクエリがフィルター処理するかを指定します。このオプションは、または次の 2 つ以上のテーブルを結合することにより、結果セット内の重複する行をテーブルの列の一部のみを使用しているし、これらの列に重複する値が含まれる可能性があるときに便利です。このオプションを選択することは、SQL ペイン内のステートメントに distinct を挿入すると同じです。

NOCOUNT を設定します。

クエリ結果の TRANSACT-SQL ステートメントをストアド プロシージャの本文に影響を受ける行の数を示すメッセージに含めるから SQL Server ができなくなります。メッセージを表示するには、このチェック ボックスをオフにします。

グループ化拡張機能

集計クエリに基づいたストアド プロシージャの他のオプションがあることを指定します。

  • キューブに

集計クエリが GROUP BY 句に指定したグループの集計値を作成するように指定します。グループは、GROUP BY 句に含まれているし、その他の特殊集計行の集計値を作成するクエリの集計関数を適用する相互参照の列を作成します。キューブでは多次元、集計関数とクエリ内の列のすべての組み合わせから集計結果を作成します。

  • ROLLUP の組み合わせ

集計クエリが GROUP BY 句に指定したグループの集計値を作成するように指定します。ROLLUP オプションは、CUBE オプションと似ていますが、列と集計関数の組み合わせの概要の 1 つだけの種類を作成します。

  • すべての

集計クエリの概要、重複する行が含まれるかを指定します。

所有者

プロシージャの所有者の名前が表示されます。所有者名は、ユーザーの SQL Server または SQL サーバーの役割がします。ドロップダウン リストには、すべてのユーザーと、データベースで定義されるロールが含まれています。ドロップダウン リストでユーザーとロールがあるアイコンは異なります。役割のアイコンは、ユーザーのアイコンは 1 つだけが表示されます 2 つの面を示しています。

TOP

(SQL Server 7.0 の高いデータベース。)ストアド プロシージャにはで、上部句が含まれているかを指定します。既定では、手順には、結果セットの最初の 10 行を返します。

戻るには、一定の割合を指定するのにか、行の個数が異なるを指定するのには、このチェック ボックスを使用します。

  • 率 (%)

(SQL Server 7.0 の高いデータベース。)手順には結果セットの最初の行のnパーセントのみを取得、最上位の句が含まれているかを指定します。

  • このオプションを

(SQL Server 7.0 の高いデータベース。)手順にはでつながりの句が含まれているかを指定します。同順が ORDER BY 句と句に指定する手順が含まれている場合に便利です。このオプションを設定している場合、期限の割合に一連の ORDER BY 句で同じ値を持つ行を中央にある場合、ビューは、このようなすべての行を追加するのに拡張されます。

SQL コメント

このフィールドにテキストを入力するにはに直接入力できます。 または SQL ウィンドウでコメントを入力することができます。このフィールドに直接テキストを入力するときにだけでテキストを入力します。SQL ウィンドウでコメントのテキストを入力するときに、コメントの区切り文字を使用する必要があります。例えば:

/* This is comment text entered in the SQL pane */
This is comment text entered directly in the SQL Comment field.

説明

(SQL Server 2000 のみです。)

このフィールドは、次の 2 つの方法でSQL コメント] フィールドと区別されます。最初に、説明の値は、拡張されたプロパティとして SQL Server に保存されます。次に、SQL ウィンドウから説明の値を入力することはできません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×