ステップ スルーでマクロを修正する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

シングル ステップを使用すると、マクロの流れや各アクションの実行結果を確認できるため、エラーの原因または予想外の実行結果になるアクションを修正することができます。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、マクロを右クリックし、[デザイン ビュー ボタン イメージ ] をクリックします。

  2. [デザイン] タブの [ツール] グループで、 1 つのステップ ボタン イメージ ] をクリックします。

  3. ボタン イメージ実行] をクリックします。マクロに新規または編集されたマクロがある場合は、実行する前に、マクロを保存するように求められます。

    [マクロのシングル ステップ] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスには、マクロに関する情報やマクロ アクション、およびエラー番号が表示されます。[エラー番号] ボックスがゼロ (0) になっている場合、エラーが発生しなかったことを示します。

    [マクロのシングル ステップ] ダイアログ ボックス

  4. 次のいずれかを実行します。

    • [マクロのシングル ステップ] ダイアログ ボックスに表示されたアクションを実行するには、[ステップ] をクリックします。

    • マクロを中止し、ダイアログ ボックスを閉じるには、[すべてのマクロを停止] をクリックします。

    • シングル ステップをオフにし、マクロの残りの部分を実行するには、[継続] をクリックします。

解説

  • マクロの実行中にシングル ステップを開始するには、Ctrl キーを押しながら Break キーを押します。

  • マクロ内の特定の位置でシングル ステップを開始するには、その位置に "SingleStep/シングルステップ" マクロ アクションを挿入します。マクロに "SingleStep/シングルステップ" マクロ アクションを挿入するには、以下の手順を使用します。

    1. シングル ステップを開始する位置のマクロ アクションを右クリックし、[行の挿入 ルックアップ テーブルに行を挿入するボタンの画像 ] をクリックします。

    2. [アクション] ボックスの一覧の [シングルステップ] をクリックします。このアクションは、引数をとりません。

    3. クイック アクセス ツールバーの [上書き保存] をクリックして、マクロを保存します。

      シングル ステップがオフになった状態で [実行] をクリックすると、"SingleStep/シングルステップ" マクロ アクションの挿入位置までは通常どおり実行され、この位置でシングル ステップが開始されます。1 つのマクロに複数の "SingleStep/シングルステップ" アクションを追加できます。[マクロのシングル ステップ] ダイアログ ボックスの [継続] をクリックすると、次の "SingleStep/シングルステップ" アクションが検出されるまでシングル ステップはオフになります。

      シングル ステップがある場合に、マクロが終了したときにそのままになります。別のマクロを実行する場合は、[マクロのシングル ステップ] ダイアログ ボックスがもう一度表示されます。シングル ステップを無効にするには、マクロのシングル ステップ] ダイアログ ボックスで[続行] をクリックしてまたは、[デザイン] タブの [ツール] グループで、強調表示されていないことにシングル ステップ ボタン イメージ をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×