スタイルを適用、変更、作成、または削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Word に用意されているスタイルを使用すると、テキストに書式設定をすばやく簡単に適用できます。 必要に応じて既存のスタイルを変更したり、新しいスタイルを作成したり、スタイルを削除したりすることもできます。

次のいずれかの操作を実行します。

スタイルを適用する

Word に用意されているスタイルを使用すると、テキストに書式設定をすばやく簡単に適用できます。 段落、文字、表、リストの 4 種類のスタイルがあります。

[スタイル] ダイアログ ボックスのアイコン

スタイルの種類

[段落スタイル] アイコン

段落スタイルは、文書内のテキストの外観を段落レベルで制御します。 テキストに段落スタイルを適用すると、段落全体にそのスタイルが適用されます。 段落スタイルは通常、大きな単位のテキスト (ニュースレターやチラシの本文など) の書式設定をまとめて制御するために使用されます。

段落スタイルには、文字スタイルに含まれるすべての書式設定を含めることができます。 さらに、段落スタイルではテキストの配置、タブ位置、行間、罫線など、段落の外観に関するあらゆる設定も制御します。

既定では、空白の新しい文書内のすべてのテキストには [標準] 段落スタイルが適用されます。 同様に、リスト内の項目には [リスト段落] スタイルが適用されます (例: [箇条書き] コマンドを使用して箇条書きを作成するとき)。

[文字スタイル] アイコン

文字スタイルも文書内のテキストの外観を制御しますが、これは文字レベルでの制御です。 文字スタイルは通常、小さな単位のテキストの書式設定を制御します (例: 段落内の特定の単語を目立たせる)。

文字スタイルには、フォント名、サイズ、色、太字、斜体、下線、罫線、網かけなどの書式設定が含まれます。 文字スタイルには、行間、テキストの配置、インデント、タブ位置など、段落の特性に影響を与える書式設定は含まれません。

強調斜体、斜体、強調斜体 2 など、いくつかの文字スタイルが組み込まれています。 これらの組み込みの各スタイルは、太字、斜体、強調色などの書式設定を組み合わせて、調和のとれた文字体裁デザインのセットを提供します。 たとえば、[強調斜体] 文字スタイルを適用すると、テキストは太字、斜体、強調色として書式設定されます。

[表スタイル] アイコン

表スタイルは表の外観を制御します。 表スタイルには、見出し行、グリッド線、および行や列の強調色などのテキスト書式の特性が含まれます。 表スタイルを使用すると、複雑な書式設定を 1 回のクリックですばやく適用できます。

[リスト スタイル] アイコン

リスト スタイルはリストの外観を制御します。 リスト スタイルには、箇条書きや段落番号のスタイル、インデント、ラベル テキストなどの特性が含まれます。

  1. スタイルを適用する単語、段落、リスト、または表を選びます。

  2. [ホーム] タブの [スタイル] で、目的のスタイルをクリックします。

    [ホーム] タブの [スタイル] グループ

    他のスタイルを表示するには、スタイルをポイントし、 [その他] の下矢印 をクリックします。

    注記: 

    • 段落や見出しなどの要素にスタイルを適用した後に、調整済みのスタイル セットをすばやく文書に適用できます。 [ホーム] タブの [スタイル] の下で、[クイック スタイル設定を変更します] [クイック スタイル設定を変更します] ボタン をクリックし、目的のスタイル セットをクリックします。

    • リストにスタイルを設定する場合は、必ずリスト スタイルを選んでください。 そうしないと、リストの箇条書きまたは段落番号が解除される場合があります。

スタイルを変更する

スタイルを変更することで、そのスタイルが適用されている文書内のすべてのテキストの書式設定を簡単に変更できます。 たとえば、文書内の章見出しに [見出し 1] スタイルを適用した場合、スタイルの書式設定の定義を変更することで、すべての章見出しの書式設定を同時にすばやく変更できます。

  1. [ホーム] タブの [スタイル] で、[文書で使用されるスタイルを管理します] ドキュメントで使用されるスタイルを管理する をクリックします。

  2. [適用するスタイルを選択] の下で変更するスタイルをポイントし、スタイルの横の [スタイルの変更] メニュー ボタン をクリックし、[スタイルの変更] をクリックします。

  3. 必要な変更を行います。

    注記: 

    • 他のスタイルの基となっているスタイルを変更すると、それらの別のスタイルも変更されます。 たとえば、大半のスタイルは [標準] スタイルに基づいています。 [標準] スタイルに変更を加えると、[標準] に基づいている他のすべてのスタイルも変更されます。

    • 変更したスタイルを同じテンプレートに基づく他の文書で使用するには、[テンプレートに追加する] チェック ボックスをオンにします。 変更したスタイルは、作業中の文書に添付されているテンプレートに追加されます。

スタイルを作成する

すべての設定を自分で定義してスタイルを作成できます。また、既存のスタイルを変更して新しいスタイルを作成することで時間を節約できます。

  1. [ホーム] タブの [スタイル] で、[文書で使用されるスタイルを管理します] ドキュメントで使用されるスタイルを管理する をクリックします。

  2. [新しいスタイル] をクリックします。

    [スタイル] で [新しいスタイル] をクリックする

  3. [名前] ボックスに、新しいスタイルの名前を入力します。

  4. 目的のオプションを選ぶか、[書式] ポップアップ メニューをクリックしてその他のオプションを表示します。

    オプションを選ぶか、[書式] をクリックする

    ヒント: 書式設定されたテキストに基づいて新しいスタイルを作成するには、そのテキストを選んでから [新しいスタイル] [新しいスタイル] ボタン をクリックします。 [新しいスタイル] ダイアログ ボックスが開くので、後はスタイルの新しい名前を入力するだけです。

スタイルを削除する

Word では自分で作成したスタイルは削除できますが、Word に付属の組み込みスタイルは削除できません。 スタイルを削除すると、削除したスタイルで書式設定されていたすべての段落に [標準] スタイルが適用され、削除したスタイルの定義がスタイル リストから取り除かれます。

  1. [ホーム] タブの [スタイル] で、[文書で使用されるスタイルを管理します] ドキュメントで使用されるスタイルを管理する をクリックします。

  2. [適用するスタイルを選択] の下で削除するスタイルをポイントし、スタイルの横の [スタイルの変更] メニュー ボタン をクリックし、[削除] をクリックします。

関連項目

クイック スタイル セットを適用、変更、作成、または削除する

スタイルが文書内のどこに適用されるかを確認する

文書またはテンプレート間でスタイルおよび定型句をコピーする

行間または段落間を変更する

目次を作成または編集する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×