スタイルを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

外部、インライン、内部のいずれかのカスケード スタイル シート (CSS) のスタイルのプロパティを編集するには、[CSS のプロパティ] 作業ウィンドウまたは [スタイルの適用] 作業ウィンドウを使用します。[スタイルの適用] 作業ウィンドウでは、現在の Web ページのスタイル シートで定義されているすべてのスタイルを編集できます。現在の Web ページで使用していないスタイルも編集可能です。[CSS のプロパティ] 作業ウィンドウでは、現在の Web ページで使用しているスタイル、コード ビューで選択できるスタイル、開いている外部 .css ファイルの任意のスタイルのいずれかのみを編集できます。

注: クラスベースのスタイルの名前を変更し、それと同時に、そのスタイルへの参照をすべて更新するには、[スタイルの適用]、[スタイルの管理]、[CSS のプロパティ] のいずれかの作業ウィンドウで [クラス名の変更] コマンドを使用します。一方、[スタイルの変更] ダイアログ ボックスを使用してクラスベースのスタイルの名前を変更した場合は、そのスタイルへの参照は自動では更新されません。また、ID ベースのスタイルの名前を変更する場合、またはいずれかの種類のスタイルでセレクタの種類を変更する場合は、どちらの方法を使用したときも、そのスタイルへの参照は自動では更新されません。自分で更新する必要があります。

目的に合ったトピックをクリックしてください

クラスベースのスタイルの名前を変更します。

[CSS のプロパティ] 作業ウィンドウを使用してスタイルを変更します。

[スタイルの変更] ダイアログ ボックスを使用してスタイルを変更します。

クラスベースのスタイルの名前を変更する

  1. 変更するクラスベースのスタイルが定義された CSS を使用している Web ページを開きます。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • [スタイルの適用] 作業ウィンドウで、クラスベースのスタイルをポイントし、下向きの矢印をクリックして、[クラス名の変更] をクリックします。

    • [スタイルの管理] 作業ウィンドウまたは [CSS のプロパティ] 作業ウィンドウで、クラスベースのスタイルを右クリックし、[クラス名の変更] をクリックします。

  3. [クラス名の変更] ダイアログ ボックスで、[新しい名前] ボックスに新しいクラス名を入力します。新しいクラス名の前にピリオド (.) を入力する必要はありません。

  4. そのクラスに対する既存のすべての参照について、クラス名を更新するには、[このスタイル シートを使用するファイル <#> 個のクラス参照の名前を変更する] をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

[CSS のプロパティ] 作業ウィンドウを使用してスタイルを変更します。

  1. 変更するスタイルを使用している Web ページを開きます。

  2. [CSS のプロパティ] 作業ウィンドウで、変更するスタイルが [適用されているルール] の一覧に表示されない場合は、コンテンツ内にカーソルを置くか、または、変更するスタイルを使用しているコンテンツを選択します。

  3. [適用されているルール] の一覧で、変更するスタイルの名前をクリックします。

  4. [CSS のプロパティ] 作業ウィンドウの [CSS のプロパティ] セクションで、目的のプロパティを設定します。

ページの先頭へ

[スタイルの変更] ダイアログ ボックスを使用してスタイルを変更します。

  1. 変更するスタイルが定義された CSS を使用している Web ページを開きます。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • クラスベース、要素ベース、または ID ベースのスタイルを変更するには、[スタイルの適用] 作業ウィンドウで目的のスタイルをポイントし、下向きの矢印をクリックして、[スタイルの変更] をクリックします。

    • インライン スタイルを変更するには、コンテンツにカーソルを置くか、または目的のスタイルを使用しているコンテンツを選択します。次に、[スタイルの適用] 作業ウィンドウで目的のスタイルをポイントし、下向きの矢印をクリックして、[スタイルの変更] をクリックします。

    • [CSS のプロパティ] 作業ウィンドウの [適用されているルール] の一覧で、スタイルを右クリックし、[スタイルの変更] をクリックします。変更するスタイルが作業ウィンドウの [適用されているルール] の一覧に表示されない場合は、コンテンツにカーソルを置くか、または、変更するスタイルを使用しているコンテンツを選択します。

  3. スタイルの名前とセレクタの種類を変更するには、[スタイルの変更] ダイアログ ボックスの [セレクタ] ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    注: 複雑なセレクタを作成する場合を除き、クラス セレクタと ID セレクタの名前に空白を含めることはできません。

    • 要素セレクタを使用するには、[セレクタ] ボックスで要素名をクリックします。

    • ID セレクタを使用するには、番号記号 (#) に続けて一意の名前を入力します。

    • インライン セレクタを使用するには、[セレクタ] ボックスの一覧の [インライン スタイル] をクリックします。

    • クラス セレクタを使用するには、ピリオド (.) に続けて一意の名前を入力します。

      注: 既存クラスベースのスタイルの名前を変更するスタイルを既存の参照を自動的に更新するには、クラス ベースのスタイルの名前を変更する前のセクションの手順を実行します。

  4. [カテゴリ] ボックスで、次のいずれかをクリックし、書式設定するプロパティを設定します。

    • [フォント] では、フォントのサイズ、太さ、装飾、色などを設定します。

    • [ブロック] では、行間、文字の配置、インデント、および文字間隔を設定します。

    • [背景] では、背景色と背景イメージのプロパティを設定します。

    • [枠線] では、境界とその関連プロパティを設定します。

    • [ボックス] では、ボックスおよびブロックのレベルの要素の間隔と余白を設定します。

    • [配置] では、ボックスおよびブロックのレベルの要素のサイズと位置を設定します。

    • [レイアウト] では、ボックスおよびブロックのレベルの要素の表示、浮動および折り返しの動作、クリップ、およびその他のレイアウト プロパティを設定します。

    • [リスト] では、リスト要素の種類、位置、イメージなどのプロパティを設定します。

    • [テーブル] では、テーブルの間隔、レイアウト、境界プロパティなど、テーブルに関連する要素のプロパティを設定します。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×