Word でスタイルを使う

さまざまなスタイルとテーマ

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

[デザイン] タブでは、文書全体の書式を変更できます。法的文書のような形式にすることもできます。テーマには、すばらしいデザインがたくさん用意されています。

さらに詳しく

ナビゲーション ウィンドウを使用してドキュメントの移動を行う

目次 (TOC) の概要

目次 (TOC) の応用

青が気に入らないし、スタイルもいまいちなので、全体のデザインを変更したい。簡単です。

上部にある [デザイン] タブを選びます。

リボンにこのようなものが表示されます。これを「スタイル セット」といいます。

ここには、さまざまなデザインが用意されていて、マウス ポインターを合わせるだけで、画面上でデザインを確認できます。

これには、番号付き書式が含まれています。

法的文書や長い文書の場合は、これを使うと文書全体に番号を振ることができます。

つまり、1.1、2.1 といった番号が自動的に振られるのです。便利ですね。

もう少しカジュアルなスタイルもあります。ご覧のように、「太陽」は変わっていません。

もちろん、太陽は変わりませんが (笑)。

「太陽」が変更されないのは、見出しとして書式設定していないからです。ここは、手作業で書式設定しました。

だから、他の見出しのように変更されないのです。

ここをクリックしてみましょう。ここも、満足いくまで変更できるので、色を変更してみます。

ここには別の色を設定したいな。もっと紫っぽい色がいいかな。

おっ、この色を使ってレポートを変更してみましょう。全体的に変更できます。

テーマを使って変更する方法もあります。テーマはスタイル セットよりも大規模な変更です。

PowerPoint の機能と思われがちですが、Word でも使えます。

マウス ポインターを合わせるだけで、全体のフォントが変わります。これをご覧ください。

これは「メイン イベント」です。暗くて不吉な感じがして、少し読みづらいですね。

私はこれを選んで、変更してみます。すると、各スタイル セットがテーマで変更されます。

このように、さまざまな方法で書式設定できますが、

どれも、文書全体で見出しを 1 つ 1 つ変更するのでなく、まとめて変更できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×