スキップしてメイン コンテンツへ

スケジュール ビューを使用してカレンダーにタスクを表示する

Microsoft Plannerでは、タスクの開始日または期限が表示されると、[スケジュール] ビューを使用して Planner の予定表に表示されるようになります。 Outlook で Planner の予定表を表示するよう選択することもできます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Plannerの [ボード] ビューでタスクを追加した後は、プランの上部にある [スケジュール] を選択して、開始日または期限があるものを表示できます。

ボードを表示している Planner のプランの上部のスクリーンショット科目[スケジュール] ボタンスケジュールが選択されています。

タスクの右端を取得して、2日以上に引き伸ばします。

[スケジュールされていないタスク] リストの予定表の右側に、開始日または期限のないタスクが一覧表示されます。 これらのタスクを予定表にドラッグして、期日をすばやく追加します。 

Planner_ScheduleView_Viewtasksoncalendar_DragfromUnscheduled

リストの上にある [グループ化] ドロップダウンを使用して、非スケジュールされたタスクリストをバケット担当者、進捗状況カテゴリ別に並べ替えることができます。

予定表からタスクを削除する場合は、タスクを [スケジュールされていないタスク] リストにドラッグして戻すことができます。 [非スケジュールタスク] リストにタスクをドラッグすると、タスクから開始日と期限が削除されます。 タスクを開き、[開始日] フィールドと [期限] フィールドの内容を削除して、予定表からタスクを削除することもできます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×