スケジュール要素を表示および管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Project のタスクの詳細情報を使用すると、1 つのタスクへの変更が、プロジェクトの残りの部分に与える影響を参照してください。スケジュール変更履歴の記録を使用できます。

タスクの詳細情報を開くには、タスクをクリックします。次に、[タスク] タブの [タスク] グループにするには、検査のタスクをクリックします。プロジェクト情報の左側に、タスクの検査ウィンドウが表示されます。

[タスク] タブ、[タスク] グループ

注: Microsoft Project 2007 を使用している場合、タスクの検査ウィンドウ要素] 作業ウィンドウと呼ばれます、タスクが選択されている[タスク影響要素] をクリックして、ツールバーからアクセスできます。

ヒント: [タスクの詳細情報] 作業ウィンドウを開いた状態で、別のタスクをクリックできます。

[タスクの詳細情報] 作業ウィンドウには、適宜、次の情報が表示されます。

見出し

説明

実績開始日/割り当て

タスクの実績データが入力された場合、そのタスクがだれによって開始されたかという情報と共に実績開始日が表示されます。

プロジェクト管理者であるあなたは、タスクの開始日を 3 月 1 日として計画し、そのタスクに鈴木さんを割り当てました。鈴木さんは作業を開始し、実績作業時間が 3 月 1 日から 3 月 5 日までの 40 時間であると報告しました。ところが、翌週になって、開始日を後ろにずらすような形でタスクの計画を変更しなければならないことが判明しました。このような場合は、一時的に開始日を後ろにずらした後、[タスクの詳細情報] 作業ウィンドウを表示して、スケジュール上の矛盾を引き起こしている要因を確認します。鈴木さんの割り当てと実績開始日が表示されます。

平準化による延期期間

リソースの作業負荷を均等にするために平準化を適用した場合は、タスクの終了日を後ろにずらさないと、割り当て超過になってしまうことがあります。[タスクの詳細情報] 作業ウィンドウには、リソースを平準化した場合に、選択されたタスクが、どの程度の時間、後ろにずれるかが表示されます。

リソースが平準化されていて、あなたのタスクは絶えず遅れる傾向があります。[タスクの詳細情報] 作業ウィンドウで確認したところ、割り当てたリソースが利用可能な状態になるまで待った場合、タスクの遅延が 10 日に達することがわかりました。あなたは、遅延を生じることなくタスクを完了させるため、別のリソースにタスクを割り当てることにしました。

制約の種類/日付

現在タスクに設定されている制約の種類 (制約に関連付けられている日付を含む) です。

最近の管理タスクの新しいセットを受信します。以前に既に作業を管理する担当者は、プロジェクトにそれらを入力します。タスクの依存関係のいずれかの変更を反映するようにタスクの 1 つを変更すると問題が発生したスケジュールを 2 週間を拡張します。タスクの検査] ウィンドウを確認して、タスクが終了日までの制約を 2 週間内線番号を中央の日付に設定を検索します。

サマリー タスク

サマリー タスクに、サブタスクの日程に影響する制約が設定されている場合、そのサブタスクを選択すると、対応するサマリー タスクが [タスクの詳細情報] 作業ウィンドウに表示されます。

あなたの担当するプロジェクトは 3 月 1 日に開始します。サマリー タスクを作成して、そこに複数のサブタスクを割り当て、そのサマリー タスクに対し、指定日を 3 月 10 日とする [指定日以後に開始] 制約を設定しました。[タスクの詳細情報] 作業ウィンドウには、これらのサブタスクに対応するサマリー タスクが表示されます (サブタスクの開始日は、プロジェクトの開始日には左右されず、サマリー タスクに設定されている [指定日以後に開始] の制約を受けるため)。

先行タスク

タスクをリンクさせた場合、[タスクの詳細情報] 作業ウィンドウには、先行タスクが、対応する制約タイプと、そこに組み込まれているラグ タイム/リード タイム時間と共に表示されます。先行タスクの名前をクリックすると、対応する影響要素が表示されます。

プロジェクト計画には、Test と Release という 2 つのタスクが存在します。あなたは、Release タスクが Test タスク完了の 5 日遅れで開始するようにプロジェクト計画を立て、顧客への出荷前に、製品に異常がないか確認するための余裕を考慮しました。ここで Release タスクの [タスクの詳細情報] 作業ウィンドウを確認すると、Test タスクへのリンクが設定され、[終了 - 開始] 制約と 5 日のラグ タイムが設けられていることがわかります。

サブタスク

サマリー タスクを選択した場合、[タスク影響要素] 作業ウィンドウには、スケジュールに影響するサブタスクとサマリー タスクが表示されます。

プロジェクトには、その各フェーズを表すサマリー タスクが設定されています。個々のサマリー タスクには、複数のサブタスク (各フェーズで実行される作業) があります。サマリー タスクの [タスクの詳細情報] 作業ウィンドウを確認すると、そのフェーズの開始日に影響する、つまり、最も早く終わるサブタスクへのリンクが表示されます。

カレンダー

選択されたタスクのカレンダーに示されている稼働日が、タスクのスケジュールに影響する場合、そのカレンダーの名前が [タスクの詳細情報] 作業ウィンドウに表示されます。カレンダー名をクリックすると、対応する稼働日と非稼働日についての情報が表示されます。

あなたは、開始日を 3 月 1 日とするプロジェクト計画を立てています。プロジェクト計画には、月曜日から金曜日を稼働日とする既定のカレンダーを使用しました。3 月 1 日はちょうど土曜日に当たります。既定のカレンダーを使ってプロジェクトのタスクを作成すると、そのタスクは、次に訪れる最初の稼働日 (3 月 3 日) へと自動的に延期されます。あなたは、3 月 1 日に設定したはずのタスクの開始日が、なぜか 3 月 3 日になっていたので、そのタスクの [タスクの詳細情報] 作業ウィンドウで確認してみることにしました。既定のカレンダーへのリンクが表示され、日程が後ろにずらされたことがわかりました。

手動スケジュールまたは自動スケジュール

手動でスケジュールが設定されたタスクを選択した場合、[タスクの詳細情報] 作業ウィンドウには、タスクの自動スケジュールのオプションが表示され、リンク、制約などの要素に基づいて日付が自動的に計算されるように設定できます。

プロジェクト計画を作成するとを設定するいくつかのタスク確保し、どのくらい時間がかかる知らなかったため。理解しているので、そのプロジェクトの計算をタスクに自動的にスケジュールできます。タスクの検査を使用してウィンドウに、タスクが他のタスクによって影響を受ける方法を参照してください。

注: 

  • 現在のプロジェクトに別のプロジェクトが挿入されている場合、[タスクの詳細情報] 作業ウィンドウにプロジェクトの情報を表示するには、まず、そのプロジェクトのサマリー タスクを展開する必要があります。タスクが展開されていないと、エラー メッセージが表示されます。

  • [タスクの詳細情報] 作業ウィンドウに最新の情報が表示されていない場合は、F9 キーを押すと、最新のプロジェクト データに基づいてプロジェクトが再計算され、情報が更新されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×