スケジュールの進捗状況を確認する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

プロジェクトの進行に応じて、タスクの作業が全体的なプロジェクトスケジュールには影響を確認することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

レビューのスケジュールの相違点

プロジェクト作業時間の経過に表示します。

スケジュールより遅れているタスクを特定します。

自分のスケジュールの余裕期間を調べる

レビューのスケジュールの相違点

進捗を管理するには、プロジェクトで、確認の相違点を計画、設定して、 実績作業時間とします。 これにより、プロジェクトの作業が予定どおり進んでいるかどうかを評価することができます。 作業時間全体のサイズ、タスクまたはリソースと個々 の割り当てを比較することができます。

作業時間、当初の計画と比較する最も簡単な方法では、ガント チャート]ビューまたは[リソース配分状況] ビューなど、 シートビューに作業時間] テーブルを適用します。 作業時間] フィールドの値は、現在の現行作業時間の値を開始して、タスクの実績と残りの作業の合計が表示されていると、まだ開始していないタスクの最新の計画作業時間値が表示されているを表します。

基準計画を保存する場合は、当初の予定作業時間は[基準] フィールドに格納されます。 このフィールドには、現在予定されている作業時間を当初の計画作業時間を比較できます。 差異]フィールドには、計画とスケジュールされた作業を行い、基準計画のフィールドの違いは、間計算差異が表示されます。

[実績] フィールドに実績作業時間を確認することもできます。 完了したタスクの作業時間実績フィールドには、同じ値が含まれています。

比較する.

説明

方法

現在の作業時間が当初の計画と

タスクの詳細で使用しているか、作業の軽減計画作業時間] テーブルで、ガント チャートを使用してよりも適用されるかどうかを調べることができます。

[表示] タブで、[ガント チャート] をクリックします。 [データ] グループで [テーブル] 矢印をクリックし、[作業時間] をクリックします。 [作業時間][基準フィールドの値を比較します。

作業時間][基準] フィールドとの差異を表示するには、 [差異]フィールドを確認します。 終了したタスクは、この日の差異] は、時間と予定作業時間の違いを表します。 現在の進捗状況のタスクでは、作業時間] フィールドは実績作業時間] と [残存作業時間の合計できます。 まだ開始して、タスクの作業時間] フィールドは、現在の計画し、多くの場合は、基準計画と同じで、します。

差異]フィールドには、比較の作業時間][基準フィールドだけです。他のフィールド ([基準計画 1、基準計画 2] など) は比較されません。

現在のタスクおよび割り当て作業時間、当初の計画と

タスクとそれに割り当てられているリソースを使用しているその他や作業の軽減タスク配分状況]を使用して予定を表示する作業テーブルを適用するかどうかを調べることができます。

[表示] タブの [タスク ビュー ] グループでは、[タスク配分状況]をクリックします。 [表示] タブの [データ] グループで、[テーブル] 矢印をクリックし、[作業時間] をクリックします。

ビューのシート部分に作業時間の合計値を確認します。 作業時間][基準計画差異実績残存、および達成タスク名] フィールドに加えて、テーブルを示しています (達成率) フィールドです。 集計行は、斜体の項目は、割り当てごとに個別の作業時間の値を表示するときに、各タスクの作業時間の合計値を表示します。

作業の各タスクおよび期間ごとに、ビューのタイム スケール領域の割り当てのタイム スケール領域の値を確認します。

現在のリソースと割り当ては、当初の計画を使用します。

リソースと割り当てを使用している作業時間] テーブルを適用、[リソース配分状況] ビューを使用して予定どおりかどうかを調べることができます。

[表示] タブには、リソース配分状況]をクリックします。 [表示] タブの [データ] グループで、[テーブル] 矢印をクリックし、[作業時間] をクリックします。

ビューのシート部分に作業時間の合計値を確認します。 リソース名] フィールドに加えて、表達成 (達成率)、作業時間超過作業時間基準計画差異実績残存フィールド。 集計行は、斜体の項目は、割り当てごとに個別の作業時間の値を表示するときに、各リソースの作業時間の合計値を表示します。

各リソースおよび各期間に、ビューのタイム スケール領域の割り当ての作業のタイム スケール領域の値を確認します。

注: リソースのデータは、プロジェクト レベルのベースライン。 その結果、ベースラインのリソース データは、いくつかの要因によって広く異なることができます。 たとえば、多くのタスクでは、これらのタスクに割り当てられている多くのリソースをプロジェクトがあります。 基準計画を保存すると、リソース割り当てのデータはプロジェクト レベルのキャプチャされます。 後でタスクを追加し、新しいタスクをプロジェクト レベルにロール アップを構成した場合、リソース割り当ての基準計画の変更はありません。

ページの先頭へ

プロジェクト作業時間の経過に表示します。

表示できる期間でブレーク ダウンされた作業を表示すると、1 分から 1 年までの期間内で作業します。

  1. [表示] タブの [タスク ビュー ] グループで、[タスク配分状況]をクリックするか、リソース ビュー ] で [リソース配分状況] をクリックします。

  2. [ズーム] グループで、タイム スケール領域の下の矢印をクリックします。 一覧で、タイム スケール] を選択し、[大区分中間層、または小区分] タブをクリックします。

    注: 小区分を設定するのには、タイム スケール一覧内のオプションのいずれかをクリックすることができます。

  3. [単位] ボックスで、表示されたタイム スケール層のタブの [使用する時間単位] をクリックします。

    たとえば、作業壊れている下矢印を週間日をクリックして表示する場合は、単位大区分] タブの [上] ボックスし、[区分] タブで [単位] ボックスで [] をクリックします。

    注: 少ない 3 つのタイム スケールを表示するには、[タイム スケールのオプション] で、タイム スケールに表示] の一覧で表示する] を選びます。

  4. タイム スケールの外観の書式を設定するには、ラベル配置、およびカウントのボックスに使用する値を入力します。 選択または [会計年度を使用し、目盛線] チェック ボックスをオフにし、[ OK] をクリックします。

  5. [書式] タブの [詳細] グループで、作業実績作業時間][累積作業時間割り当て超過コスト、または残存余力を選択します。

注: 

  • 追加またはその他のオプションを表示、追加の詳細] をクリックします。 [詳細のスタイル] ダイアログが表示されます。 使用方法の詳細] タブの [利用可能なフィールド] フィールドを選択します。 [表示] をクリックします。 逆に、オプションを削除するでこれらのフィールドを表示するには、フィールドを選択 [非表示にするオプションを削除する] をクリックすることができます。 フィールドの順序を変更するのには、[移動] 矢印を使用します。 [OK] をクリックします。

  • の分割ビューとも呼ばれる、分割ビューを使用して、選択したタスクに関連付けられている作業時間を表示することもできます。 分割ビューを作成するには、ビューの上部ウィンドウで表示するビューを選択し、[表示] タブの [分割ビュー ] グループで [詳細します。 一覧に表示するビューを選択します。 下枠のビューには、上のウィンドウにビューの詳細については、タスクまたはリソースを示します。 たとえば、上のウィンドウと下枠の場合は、[リソース配分状況]ビューに任意のタスク ビューを表示する場合に、下枠のビューには、その情報が、上のウィンドウで選択されたタスクに割り当てられたリソースが表示されます。 上のウィンドウで選択したタスクだけでなく、各リソースに割り当てられたすべてのタスクに関するリソース情報を表示します。

ページの先頭へ

スケジュールより遅れているタスクを特定します。

プロジェクトの基準計画を設定した場合やタスクの進捗状況を表示することができるかどうか、開始日と終了日が遅れています。 進捗状況と基準計画とスケジュールと実績開始日と終了日することができます。

  1. [表示] タブの [ガント チャート] の矢印をクリックし、[進捗管理用ガントを選択します。

  2. [データ] グループには、[テーブル] の矢印をクリックして分散を選びます。

    日の差異] フィールドが表示されていない場合は、表示するのには、フィールドに移動する TAB キーを押してまたはビューの分割を調整します。

[進捗管理用ガントビューには、1 つの各タスクの上に、次の 2 つのタスク バーが表示されます。 下のバーでは、基準開始日と終了日とスケジュールされた開始日を表示して、計画と現在のスケジュールの違いを確認できるように、終了日を上部のバーが表示されます。 さらに、[ガント チャート] ツールの [書式] タブで、グラフの各基準計画を表示するのには、基準計画をクリックできます。

表示できるかどうかは、タスクの割り当ての開始日と終了の日付が遅れている、 [遅れている割り当て] フィルターを使用します。 このフィルターには、まだ完了にはせず、基準計画の終了日から遅れているタスクに割り当てられているリソースが表示されます。 このフィルターを使用するには、基準計画を保存した必要があります。

  1. [表示] タブには、リソース配分状況]をクリックします。

  2. [データ] グループの [フィルター ] ボックスの一覧では、その他のフィルターを選択します。

  3. [フィルター] の横にあるその他のフィルター ] ボックスの一覧には、リソースを選択します。 一覧で、 [遅れている割り当て] をクリックします。

  4. 遅れている割り当てだけを表示する場合は、[適用] をクリックします。 遅れている割り当て色付きの強調表示されたすべての割り当てを表示する場合は、強調表示する] をクリックします。

ページの先頭へ

自分のスケジュールの余裕期間を調べる

スケジュールの余裕期間の金額では、他のタスクのタスクを遅らせることができますかがプロジェクトの終了日に影響します。

  1. [表示] タブの [タスク ビュー ] グループで、 [ガント チャート]の矢印をクリックして、他のビューを選択します。

  2. [その他のビュー ] のダイアログ ボックスが表示されます。 [ビュー] の一覧で [ガント チャート (詳細)] をクリックし、[適用] をクリックします。

  3. [表示] タブの [データ] グループで、[テーブル] 矢印をクリックし、[スケジュール] をクリックします。

    ビューのチャート部分で、余裕期間はタスクの右側に細いバーとして表示され、余裕期間の値は通常のガント バーに隣接しています。

    ビューのシート部分に表示されていない場合に、余裕期間]および [総余裕期間]フィールドに移動するには、tab キーを押します。

    注: 

    • スケジュールの余裕期間が存在する場合は、スケジュールの特定のフェーズなし余裕期間して他のフェーズが多すぎる場合にタスクを移動することができます。

    • 余裕期間の値は、スケジュールの不整合を示している場合もあります。 たとえば、あるタスクと後続タスクの間に "終了-開始" 依存関係があるにも関わらず、後続タスクの "指定日に開始" 制約が最初のタスクの終了日より前の場合、余裕期間の値が負になります。 負の余裕期間は、タスクが期限の日付より後に終了するようにスケジュールされている場合にも発生することがあります。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×