スケジュールの進捗状況を確認する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

プロジェクトの進行に応じて、タスクの作業が全体的なプロジェクトスケジュールには影響を確認することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

レビューのスケジュールの相違点

プロジェクト作業時間の経過に表示します。

スケジュールより遅れているタスクを特定します。

自分のスケジュールの余裕期間を調べる

スケジュールの差異を確認する

進捗を管理するには、プロジェクトで、確認の相違点を計画、設定して、 実績作業時間とします。これにより、プロジェクトの作業が予定どおり進んでいるかどうかを評価することができます。作業時間全体のサイズ、タスクまたはリソースと個々 の割り当てを比較することができます。

作業時間、当初の計画と比較する最も簡単な方法では、ガント チャート]ビューまたは[リソース配分状況] ビューなど、 シートビューに作業時間] テーブルを適用します。作業時間] フィールドの値は、現在の現行作業時間の値を開始して、タスクの実績と残りの作業の合計が表示されていると、まだ開始していないタスクの最新の計画作業時間値が表示されているを表します。

基準計画を保存する場合は、当初の予定作業時間は[基準] フィールドに格納されます。このフィールドには、現在予定されている作業時間を当初の計画作業時間を比較できます。差異]フィールドには、計画とスケジュールされた作業を行い、基準計画のフィールドの違いは、間計算差異が表示されます。

[実績] フィールドで、実績作業時間を確認することもできます。タスクが完了すると、[作業時間] フィールドと [実績] フィールドの値は同じになります。

比較対象

説明

操作方法

タスクの現行作業時間と当初の計画

[ガント チャート] ビューに [作業時間] テーブルを適用することで、タスクの作業時間が予定どおりであるかどうかを確認できます。

[表示] タブの [ガント チャート] をクリックします。[データ] の [テーブル] にある矢印をクリックして、[作業時間] をクリックします。[作業時間] フィールドと [基準] フィールドの値を比較します。

[作業時間] フィールドと [基準] フィールドの差異を調べるには、[差異] フィールドを確認します。終了したタスクでは、この差異は実績作業時間と計画作業時間の差異を表します。現在進行中のタスクでは、[作業時間] フィールドの値は、実績作業時間と残存作業時間の合計です。開始していないタスクでは、[作業時間] フィールドは現在の計画を表し、多くの場合 [基準] フィールドと同じ値です。

[差異] フィールドでは、[作業時間] フィールドと [基準] フィールドの値のみが比較されます。[基準計画 1] や [基準計画 2] のような、基準計画に関連した他のフィールドは比較されません。

タスクおよび割り当ての現行作業時間と当初の計画

[タスク配分状況] ビューに [作業時間] テーブルを適用して、タスクおよびタスクに割り当てられているリソースの作業時間が予定どおりであるかどうかを調べることができます。

[表示] タブの [タスク ビュー] で [タスク配分状況] をクリックします。[表示] タブの [データ] で [テーブル] にある矢印をクリックして、[作業時間] をクリックします。

ビューのシート部分で、作業時間の合計を確認します。テーブルには、[タスク名] フィールドの他に、[作業時間]、[基準]、[差異]、[実績]、[残存]、[作業時間の達成率] の各フィールドが表示されます。サマリー行には、各タスクの作業時間の合計が示されます。斜体の項目は、割り当てごとの作業時間を示します。

期間ごとに、ビューのタイムシート部分で、各タスクおよび割り当てに対する作業時間の時間配分を確認します。

リソースおよび割り当ての現行作業時間と当初の計画

[リソース配分状況] ビューに [作業時間] テーブルを適用して、リソースおよび割り当ての作業時間が予定どおりであるかどうかを調べることができます。

[表示] タブで [リソース配分状況] をクリックします。[表示] タブの [データ] で [テーブル] にある矢印をクリックして、[作業時間] をクリックします。

ビューのシート部分で、作業時間の合計を確認します。テーブルには、[リソース名] フィールドの他に、[達成率]、[作業時間]、[超過]、[基準]、[差異]、[実績]、[残存] の各フィールドが表示されます。サマリー行には、各リソースの作業時間の合計が示されます。斜体の項目は、割り当てごとの作業時間を示します。

期間ごとに、ビューのタイムシート部分で、各リソースおよび割り当てに対する作業時間の時間配分を確認します。

注: 基準計画へのリソース データの配分はプロジェクト レベルで行われます。このため、基準計画に配分されるリソース データは、いくつかの要因によって大きく変わる可能性があります。たとえば、多数のタスクを含むプロジェクトがあり、それらのタスクに多くのリソースが割り当てられているとします。基準計画を保存するときには、リソース配分のデータがプロジェクト レベルで取得されます。後からタスクを追加し、その新しいタスクを構成してプロジェクト レベルに設定しても、リソース配分の基準計画は変更されません。

ページの先頭へ

プロジェクトの超過作業時間を表示する

期間を区切って作業時間を表示すると、分から年までの単位で作業時間を表示できます。

  1. [表示] タブの [タスク ビュー ] グループで、[タスク配分状況]をクリックするか、リソース ビュー ] で [リソース配分状況] をクリックします。

  2. [ズーム] の [タイムスケール] の下にある矢印をクリックします。リスト内で [タイムスケール] を選択して、[大区分] タブ、[中区分] タブ、[小区分] タブのいずれかをクリックします。

    注: 小区分を設定するのには、タイム スケール一覧内のオプションのいずれかをクリックすることができます。

  3. 表示するタイムスケール区分のタブの [単位] ボックスで、使用する期間単位をクリックします。

    たとえば、作業時間をまず週ごとに表示し、次に日ごとに表示する場合は、[大区分] タブの [単位] ボックスの一覧で [週] をクリックし、[中区分] タブの [単位] ボックスの一覧で [日] をクリックします。

    注: 2 つ以下のタイムスケールを表示するには、[タイムスケール オプション] で、[表示] リストに表示するタイムスケールを選択します。

  4. タイムスケールの外観を設定するには、[形式] ボックスと [配置] ボックスの一覧から、タイムスケールで使用する表示形式を選択し、[期間の間隔] ボックスに値を入力します。また、[会計年度を使用] チェック ボックスと [区切り線] チェック ボックスのオンまたはオフを切り替え、[OK] をクリックします。

  5. [書式] タブの [詳細] グループで、作業実績作業時間][累積作業時間割り当て超過コスト、または残存余力を選択します。

注: 追加またはその他のオプションを表示、追加の詳細] をクリックします。[詳細のスタイル] ダイアログが表示されます。使用方法の詳細] タブの [利用可能なフィールド] フィールドを選択します。[表示] をクリックします。逆に、オプションを削除するでこれらのフィールドを表示するには、フィールドを選択 [非表示にするオプションを削除する] をクリックすることができます。フィールドの順序を変更するのには、[移動] 矢印を使用します。[Ok]をクリックします。

注: の分割ビューとも呼ばれる、分割ビューを使用して、選択したタスクに関連付けられている作業時間を表示することもできます。分割ビューを作成するには、ビューの上部ウィンドウで表示するビューを選択し、[表示] タブの [分割ビュー ] グループで [詳細します。一覧に表示するビューを選択します。下枠のビューには、上のウィンドウにビューの詳細については、タスクまたはリソースを示します。たとえば、上のウィンドウと下枠の場合は、[リソース配分状況]ビューに任意のタスク ビューを表示する場合に、下枠のビューには、その情報が、上のウィンドウで選択されたタスクに割り当てられたリソースが表示されます。上のウィンドウで選択したタスクだけでなく、各リソースに割り当てられたすべてのタスクに関するリソース情報を表示します。

ページの先頭へ

予定より遅れているタスクを確認する

プロジェクトの基準計画を設定しておくと、タスクの進捗状況や、開始日と終了日が遅延していないかどうかを確認できます。タスクの進捗状況は、予定開始日および予定終了日、または実績開始日および実績終了日を、基準開始日および基準終了日と比較することによって管理できます。

  1. [表示] タブの [ガント チャート] にある矢印をクリックして、[ガント チャート (進捗管理)] を選択します。

  2. [データ] で [テーブル] にある矢印をクリックして、[差異] を選択します。

    差異のフィールドが表示されない場合は、ビューの分割バーの位置を調整するか、Tab キーを押してフィールド間を移動すると、目的のフィールドを表示できます。

[ガント チャート (進捗管理)] ビューでは、タスクごとに上下に 2 つのタスク バーが表示されます。下のバーは基準開始日と基準終了日を示し、上のバーは予定開始日と予定終了日を示しているので、当初の計画と現在のスケジュールの違いを確認できます。さらに、[ガント チャート ツール形式] タブで、[基準] をクリックしてチャートの基準計画を表示することができます。

また、[遅れている割り当て] フィルターを使用して、タスク割り当ての開始日と終了日が遅延していないかどうかを確認することもできます。このフィルターでは、まだ完了していないタスクに割り当てられているリソースと、基準計画の終了日より遅れているタスクに割り当てられているリソースが表示されます。このフィルターを使用するには、基準計画をあらかじめ保存しておく必要があります。

  1. [表示] タブの [リソース配分状況] をクリックします。

  2. [データ] の [フィルター] ボックスの一覧で、[その他のフィルター] をクリックします。

  3. [その他のフィルター] ボックスの一覧にある [フィルター] で、[リソース] をクリックします。ボックスの一覧で [遅れている割り当て] をクリックします。

  4. 遅れている割り当てだけを表示するには、[適用] をクリックします。すべての割り当てを表示して、遅れている割り当てを色付きで強調表示するには、[強調表示] をクリックします。

ページの先頭へ

スケジュールの余裕期間を調べる

スケジュールの余裕期間とは、他のタスクの日程やプロジェクトの終了日に影響を与えずに、タスクを遅らせることができる期間のことです。

  1. [表示] タブの [タスク ビュー] で [ガント チャート] にある矢印をクリックして、[その他のビュー] をクリックします。

  2. [その他のビュー] ダイアログ ボックスが表示されます。[ビュー] ボックスの一覧の [ガント チャート (詳細)] をクリックし、[適用] をクリックします。

  3. [表示] タブの [データ] で [テーブル] にある矢印をクリックして、[スケジュール] をクリックします。

    ビューのチャート部分に、余裕期間を示す細いバーが通常のガント バーと一緒に表示されます。

    ビューのシート部分に [余裕期間] フィールドや [総余裕期間] フィールドが表示されない場合は、Tab キーを押すと、これらのフィールドに移動できます。

注: 

  • スケジュールのどこに余裕期間があるのかがわかると、余裕期間がないフェーズから、余裕期間が多すぎるフェーズにタスクを移動できます。

  • 余裕期間の値を調べると、スケジュールが矛盾しているかどうかもわかります。たとえば、2 つのタスクに [終了-開始] の依存関係が設定されているとします。この後続タスクに、[指定日に開始] の制約があり、その指定日が先行タスクの終了日より前の日付に設定されている場合、余裕期間は負の値になります。また、タスクが期限より後に終了するようにスケジュールが設定された場合も、余裕期間は負の値になります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×