スケジュールの基点をプロジェクトの終了日に変更しても、タスクのスケジュール方法が変更されない

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

現象

タスクは、プロジェクト スケジュールの基点の終了日を変更するときに再スケジュールされません。

原因

終了日を基点にプロジェクトをスケジュールする場合は、すべてのタスクをプロジェクトには、既にに与える影響を確認する必要があります。 の開始日からプロジェクトをスケジュールする場合は、既定では、タスクができるだけ早く (ASAP) の制約で作成されたします。 スケジュールの終了日を基点にプロジェクトを変更する場合は、既定では、[できるだけ遅く] (ALAP) の制約条件をすべての新しいタスクが作成されます。 ただし、元のタスクでは、[できるだけ早く] 制約と、タスクをスケジュールする実際の日数の開始日と終了日に影響を与えることができますがあります。 タスクが最遅開始する場合、タスクの不要な負余裕期間が作成します。

スケジュールの余裕期間では、他のタスクのタスクを遅らせることができますかがプロジェクトの終了日に影響します。 総余裕期間はタスクができる時間明細時間、プロジェクトの終了日。 総余裕期間が負の場合は、タスクの期間に、その後続処理より長い制約に必要な日に開始できます。

解決方法

すべてのタスクのタスクの制約を確認し、適切な場所には、[できるだけ早く] を ALAP に変更します。

[できるだけ早く] から [ALAP にタスクの制約を変更します。

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. 新しいフィールドを挿入する位置の右側にあるフィールドをクリックします。 たとえば、タスクの名前の左側にすぐにフィールドを挿入するタスク名] フィールドをクリックします。

  3. [挿入] メニューの [] をクリックします。

  4. フィールド名] ボックスでは、 [制約タイプ] をクリックし、[自動調整] をクリックします。

  5. すべてのタスクを [できるだけ早く] 制約があるし、必要に応じて、変更を加える ALAP 制約を特定するには、オート フィルター ボタンの画像 をクリックします。

  6. [制約タイプ]フィールドの見出しでオート フィルターの矢印をクリックし、[できるだけ早く] をクリックします。

  7. 表示するには、最初のタスクの制約タイプ] フィールドの矢印をクリックし、[できるだけ遅く] をクリックします。

  8. フィールドの右下隅をポイントします。 プラス記号に変わったら、できるだけ遅くするすべてのタスク フィールドを設定する下へドラッグします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×