スケジュールの基点をプロジェクトの終了日に変更しても、タスクのスケジュール方法が変更されない

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

現象

タスクは、プロジェクト スケジュールの基点の終了日を変更するときに再スケジュールされません。

原因

終了日を基点にプロジェクトをスケジュールするように選択した場合、プロジェクト内にあるタスクがどのような影響を受けるかを調べる必要があります。既定では、開始日を基点としてプロジェクトをスケジュールすると、タスクは [できるだけ早く] (ASAP) という制約で作成されます。また、特に指定しない限り、スケジュールの基点を終了日に変更すると、変更後に作成する新しいタスクには [できるだけ遅く] (ALAP) という制約が設定されます。ただし、変更前に作成した各タスクには [できるだけ早く] (ASAP) という制約が適用されており、この制約は実際の日数の開始日や終了日を入力してタスクをスケジュールするときに影響を及ぼす可能性があります。たとえば、タスクの開始が遅れた場合に不要な負の余裕期間が作成されます。

スケジュールの余裕期間では、他のタスクのタスクを遅らせることができますかがプロジェクトの終了日に影響します。総余裕期間はタスクができる時間数明細時間、プロジェクトの終了日。総余裕期間が負の場合は、タスクの期間に、その後続処理より長い制約に必要な日に開始できます。

解決法

それぞれのタスクに設定されているタスクの制約を調べ、必要に応じて [できるだけ早く] (ASAP) を [できるだけ遅く] (ALAP) に変更します。

タスクの制約を [できるだけ早く] (ASAP) から [できるだけ遅く] (ALAP) に変更する

  1. [表示] メニューの [ガント チャート] をクリックします。

  2. 新しいフィールドを挿入する位置の右側のフィールドをクリックします。たとえば、タスク名の左隣にフィールドを挿入する場合は、[タスク名] フィールドをクリックします。

  3. [挿入] メニューの [] をクリックします。

  4. [フィールド名] ボックスの [制約タイプ] をクリックし、[最適幅] をクリックします。

  5. すべてのタスクを [できるだけ早く] 制約があるし、必要に応じて、変更を加える ALAP 制約を特定するには、オート フィルター ボタンの画像 をクリックします。

  6. [制約タイプ] フィールドの見出しのオートフィルタ矢印をクリックし、次に [できるだけ早く] をクリックします。

  7. 表示されたタスクのうち、一番上にあるタスクの [制約タイプ] フィールドにある下向き矢印をクリックし、次に [できるだけ遅く] をクリックします。

  8. 次に、そのフィールドの右下端をポイントします。マウス ポインタが十字型ポインタに変わったときに、そのまま下にドラッグすると、すべてのタスクのフィールドが [できるだけ遅く] に設定されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×