スケジュールのポリシーを設定します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

すべての予定が同じとは限りません。わずか数分で終わる予定や、数時間かかる予定があります。Microsoft の予約 の予約ページでは、業務のスケジュール ポリシーを設定できます。スケジュール ポリシーには、予定の長さ、リードタイムと取り消し時間の上限、予約変更の自動通知が含まれます。

注: 予約が有効で既定の Office 365 Business Premium、またはOffice 365 A3とOffice 365 A5サブスクリプションがあるユーザー。Office 365 Enterprise E3 および E5 があるユーザーも予約が既定でオフになっています。有効にするには、エンタープライズ サブスクリプションの場合は、Office 365 business アプリにアクセスするを参照してください。

ここで設定したポリシーは、最上位レベルのポリシーになります。このポリシーは、サービスごとに変更しない限り、提供するすべてのサービスに自動的に適用されます。たとえば、機器の修理など、多くのサービスでは、1 日前までの取り消し通知が許容されるとします。ただし、ゴルフ レッスンなど、施設の予約や手数料が必要なサービスの場合、3 日前までの通知を必須にすることもあります。このサービスレベルのポリシーは、[サービス] ページで設定できます。手順については、「サービスの提供内容を定義する」を参照してください。

ポリシーのスケジュール設定の種類

次の表は、予約ページで使用できるさまざまなスケジュール ポリシーの説明です。

ポリシー

説明

時間の増分

予定の間の間隔を指定します。4 時間に 5 分から、時間単位を設定できます。独自のユーザー設定済みの時間単位を設定することもできます。15 分間の間隔は、顧客が 8:00、8:15、8:30、60 分の予定をスケジュールしなどを意味します。逆に、60 分間の間隔を意味予定のみ利用可能な時間。(サービスの期間を設定するには、参照、サービスを定義する)。

リードタイム (時間)

スケジュールが設定された予定に基づいてスタッフ割り当て計画を立てるので、各日付にサービスを利用しに来る顧客の数を事前に把握しておくことが重要です。リード タイム ポリシーを使用すると、顧客が何時間前に予定を入れる、または取り消す必要があるかを指定できます。

事前の最大日数

顧客がどのくらい前に予定を設定できるかを制限するには、この設定を使います。365 日以上の場合に最大値を設定できます。

予約が作成または変更されたときに通知する

顧客が予定を設定したとき、または既存の予定を変更したときにメールを受信するには、このオプションをオンにします。メールは、[勤務先情報] ページに指定したメールボックスに送信されます。詳細については、「勤務先情報を入力する」を参照してください。

ポリシーを設定する

  1. Office 365 でアプリ起動ツールを選び、[Bookings] を選びます。

  2. ナビゲーション ウィンドウで、[予約ページ] を選びます。

    左側のナビゲーションが強調表示された予約ページ

  3. ポリシーを選びます。

  4. [保存して公開] を選びます。

予約ページを公開する

予約ページを公開する準備ができたら、[保存して公開] を選びます。詳細については、「予約ページの公開または公開中止」を参照してください。

関連項目

スタッフ リストを作成する

従業員の稼働時間を設定します。

休業、休暇、および休暇をスケジュールします。

Microsoft Bookings の概要

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×