スケジュールのスナップショットを表示するタイムラインを作成します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

タイムラインを使用すると、プロジェクトのマイルストーンを把握して、他の人に伝えることが簡単にできます。タイムラインは、プロジェクトの存続期間を表す水平または垂直な線で、プロジェクトのフェーズとマイルストーンを示すマーカーが付けられます。


タイムライン図

基本を設定する

タイムラインを作成するには、最初にプロジェクトの期間を表現するためのタイムライン図形を選択します。タイムライン図形は、プロジェクトのマイルストーンとイベントを追加する基本の図形となります。[シリンダ型] または [直線] などのさまざまなスタイルから選択してタイムラインの外観を設定できます。

さまざまなスタイルのタイムライン

タイムラインの基本を作成する

  1. Visio でタイムラインテンプレートを開きます。

  2. [タイムライン] ステンシルから、6 つのタイムライン図形 ([ブロック型][直線][ルーラー][分割]、または [シリンダ型]) のいずれかを図面ページにドラッグします。

    [タイムラインの構成] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [期間] タブの [開始] ボックスで、プロジェクトの開始日を入力またはクリックします。

  4. [終了] ボックスで、プロジェクトの終了日を入力またはクリックします。

  5. [タイムスケール] ボックスの一覧で、タイムラインで使用するタイム スケールの単位をクリックします。

  6. [週間] をクリックすると、週間の始まる曜日を選択できます。

  7. [日付の書式] タブの [タイムラインの言語] ボックスで、タイムラインで使用する言語をクリックします。

  8. 手順 4. と 5. で選択した開始日と終了日をタイムラインの両端に表示するには、[タイムライン上に開始日と終了日を表示] チェック ボックスをオンにしておきます。

  9. 最初の [日付の書式] ボックスの一覧で、日付の表示形式をクリックします。

  10. 上記の手順 6. で指定した各タイム スケールの単位をタイムラインに表示する場合は、[タイムライン上に仮のタイム スケール マーカを表示] チェック ボックスをオンにしておきます。

  11. 2 番目の [日付の形式] ボックスの一覧で、タイム スケールのマーカの表示形式をクリックします。

  12. [マーカを移動するときに、自動的に日付を更新する] チェック ボックスはオンにしておきます。これにより、タイムライン上にあるマイルストーン、間隔、その他のマーカの位置を変更すると、マーカに関連付けられている日付が自動的に更新されます。

  13. [OK] をクリックします。

注: 後でこれらの設定を変更する場合は、タイムラインを右クリックして [タイムラインの構成] をクリックし、[タイムラインの構成] ダイアログ ボックスを再度開いて設定を変更します。

ページの先頭へ

マイルストーン、間隔、マーカを追加する

タイムラインの基本を設定したら、タイムラインの重要な内容を示すマーカを追加します。これらのマーカは、重要なマイルストーンやイベントを表しています。

マーカの種類

用途

マイルストーン

タイムライン上の特定のマイルストーンの日付を示します (原稿を出版業者に提出する日付など)。

間隔

タイムライン上の重要な期間 (初稿を執筆するのに必要な時間など) を示します。タイムラインのスタイルに合った間隔図形を選択します。

今日マーカ

プロジェクトが開始されてから経過した合計時間が表示されます。[今日マーカ] は、現実の日付が変化すると自動的に更新されるので、次の期限に関連するスケジュールの状態がひとめでわかります。

マイルストーンと間隔が表示されたタイムライン

タイムライン上にマイルストーンを表示する

  1. [タイムライン] ステンシルからマイルストーン図形をドラッグして、タイムラインに直接ドロップします。

  2. [マイルストーンの構成] ダイアログ ボックスで、マイルストーンの日付と時間を入力またはクリックします。

  3. [説明] ボックスにマイルストーンの説明を入力します。

  4. [日付の書式] ボックスの一覧で、日付の表示形式をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

ヒント: マイルストーンの日付をすばやく変更するには、タイムライン上の目的の場所にマイルストーンをドラッグします。マイルストーン上の日付が新しい位置に合わせて変化します。

タイムライン上に時間間隔を表示する

  1. [タイムライン] ステンシルから間隔図形をドラッグして、タイムラインに直接ドロップします。

  2. [開始日] および [終了日] ボックスで、時間間隔の開始日と終了日を入力またはクリックします。

  3. [説明] ボックスに間隔の説明を入力します。

  4. [日付の書式] ボックスの一覧で、日付の表示形式をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

ヒント: 時間間隔をすばやく変更するには、緑色の選択ハンドルをドラッグするか、間隔を図形タイムライン上の目的の場所に移動します。間隔図形の日付が新しい位置に合わせて変化します。

テキストをタイムラインの外側に移動する

タイムラインは多くなることがあります。タイムラインを見やすくするには、次の図のように、テキストをタイムラインの外側に移動することができます。

タイムラインからテキストを移動します。

1. 黄色のコントロール ハンドルをクリックして、間隔を選択します。

2. コントロール ハンドルを間隔図形の上にドラッグし、テキストを適した場所に移動します。

3. 間隔の先頭と末尾が、自動的にかっこで囲まれます。

タイムライン上に経過時間を示す

  1. [タイムライン] ステンシルから [経過時間] 図形をドラッグして、タイムラインに直接ドロップします。図形の左端がタイムラインの開始時点に合わせて自動的に配置され、右端は現在の日付まで延長されます。

  2. [タイムライン] ステンシルからタイムラインに [今日マーカ] 図形をドラッグします。

  3. 図形は現在の日付の位置に配置されます。


タイムラインでの経過時間

[経過時間][今日マーカ] 図形が設定されたタイムライン図面を開くたびに、図形は現在の日付に合わせて移動します。

ページの先頭へ

タイムラインの一部について詳細情報を表示する

既存のタイムラインの一部分を第 2 のタイムラインとして拡張し、詳細情報を表示することができます。拡張タイムラインは元のタイムラインの一部として表されますが、元のタイムラインとは別に操作します。たとえば、拡張タイムラインにマイルストーンや間隔を追加する場合は、元のタイムラインに対して行ったときと同じ方法で追加します。 元のタイムラインにマイルストーンまたは間隔を追加すると、拡張タイムラインにも追加されます。ただし、拡張タイムラインにマイルストーンまたは間隔を追加しても、元のタイムラインには追加されません。

注: 拡張タイムラインを作成するには、図面ページにタイムラインが設定されている必要があります。

タイムラインの一部について詳細情報を表示する

  1. [タイムライン] から図面ページに [拡張タイムライン] 図形をドラッグします。

  2. [タイムラインの構成] ダイアログ ボックスの [期間] および [日付の書式] タブで拡張タイムラインに必要なオプションを指定して、[OK] をクリックします (開始日と終了日は、元のタイムラインの期間内に収まるように設定する必要があります)。

  3. 図面ページには拡張タイムラインが表示されます。また次の要素も表示されます。

    • 2 つのタイムラインを関連付ける灰色の破線。拡張タイムラインが元のタイムラインの一部であることを示します。

    • 2 つのタイムラインが共有するマイルストーンと間隔。元のタイムラインでこれらを変更すると、拡張タイムラインでも自動的に同期して変更されます。

      注: 既定では、拡張タイムライン図形は、元のタイムライン図形と同じ種類の図形になります。図形の種類を変更するには、拡張タイムラインを右クリックし、[タイムラインの種類を設定] をクリックします。

ヒント: 拡張タイムラインの期間をすばやく変更するには、黄色いコントロール ハンドルをドラッグします。拡張タイムライン上の日付が新しい位置に合わせて変化します。

ページの先頭へ

タイムラインを修正する

マイルストーンの日付、プロセスの予想所要時間、およびプロジェクトの終了日は、変更されることがよくあります。Visio タイムラインは、こうした変更に対応して簡単に修正、変更することができます。

変更内容

実行する操作

プロジェクトの開始日と終了日

  • タイムライン図形を右クリックして、[タイムラインの構成] をクリックし、[期間] タブを表示します。新しい開始日または終了日を入力するかクリックして、[OK] をクリックします。

タイムライン バーのタイムスケール マーカの数

  • タイムライン図形を右クリックして、[タイムラインの構成] をクリックし、[期間] タブを表示します。[タイムスケール] ボックスの一覧で、別の時間単位を選択して、[OK] をクリックします。

タイムラインの日付とタイムスケール マーカの表示/非表示

  • タイムライン図形を右クリックして、[タイムラインの構成] をクリックし、[日付の書式] タブを表示します。チェック ボックスをオンまたはオフにして、タイムライン上の日付またはタイム スケール マーカの表示/非表示を切り替えます。[OK] をクリックします。

タイムライン バー上の矢印の外観

  • タイムライン図形を右クリックして、[開始側の端に矢印を表示] または [終了側の端に矢印を表示] をクリックします。

マイルストーンの種類

  • マイルストーンを右クリックして、[マイルストーンの種類を設定] をクリックします。[マイルストーンの種類] ボックスの一覧で必要なスタイルをクリックして、[OK] をクリックします。

間隔の種類

  • 間隔図形を右クリックして、[間隔の種類を設定] をクリックします。必要なスタイルを選択して、[OK] をクリックします。

マイルストーンの日付

  • マイルストーンを右クリックして、[マイルストーンの構成] をクリックします。日付を入力して、[OK] をクリックします。

時間間隔の日付

  • 間隔を右クリックして、[間隔の構成] をクリックします。日付を入力して、[OK] をクリックします。

マイルストーンまたは時間間隔の説明

  • マイルストーンまたは間隔に関連付けられているテキストをダブルクリックします。説明を選択して、新しく説明を入力します。

マイルストーン、間隔、または今日マーカに関連付けられているテキストの位置

  • 図形を選択します。コントロール ハンドルをドラッグしてテキストとタイムライン バーの間の距離、またはテキストの角度を変更します。

日付の書式

  • タイムライン、マイルストーン、または間隔を右クリックして、[タイムラインの構成]、[マイルストーンの構成]、または [間隔の構成] をクリックします。[日付の書式] ボックスの一覧で、必要な書式をクリックして [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×