スクリーン リーダーを設定する線の間のスペースと Word でインデントを使用します。

スクリーン リーダーを設定する線の間のスペースと Word でインデントを使用します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Word 2016 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、段落の間隔とインデントを変更し、文書を洗練された外観にすることができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Windows 版 Microsoft Word のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

段落の間隔を設定する

  1. 文書を開き、間隔を設定する段落を選択します。文書全体の段落の間隔を設定する場合は、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

  2. [段落] ダイアログ ボックスの [インデントし、行間隔] タブにフォーカスが移ります G. Word 2016 P、alt キーを押しながら、H キーを押します。ダイアログ ボックスの名前が読み上げられます。

  3. 段落前の間隔を設定するには、Alt キーを押しながら B キーを押します。[] ボックスで、目的のポイント値が読み上げられるまで↑キーまたは↓キーを押すか、目的のポイント値 (6 や 18 など) を入力します(ポイント値が小さいほど、間隔は狭くなります)。

    注: ポイント値を参照しているときに↑キーまたは↓キーを使用すると、"不明なキー" と読み上げられることがあります。

  4. 段落の後の間隔を設定するには、alt キーを押しながら F キーを押します。] ボックスで上矢印を使用し、下方向キー ポイントの選択するか、[小数点値の入力が聞こえるまで (たとえば、6 または 18)。

  5. [段落] ダイアログ ボックスを閉じるには、Tab キーを何度か押して [OK] ボタンに移動し、Space キーを押します。フォーカスは文書に戻ります。

間隔のその他のオプション

  • 段落の間隔を既定の間隔として設定するには、次の手順を実行します。

    1. [インデントと行間隔] タブで間隔を選択したら、Alt キーを押しながら D キーを押します。

    2. [Microsoft Word] ダイアログ ボックスで、↑キーまたは↓キーを使用して、[この文書のみ] または [すべての文書] オプションを選択し、Tab キーを何度か押して [OK] ボタンに移動して Enter キーを押します。

  • Word で選択した段落の行間隔をすばやく設定するには、次の手順を実行します。

    1. [インデントと行間隔] タブで、Alt キーを押しながら N キーを押します。

    2. [行間] リストで、↑キーまたは↓キーを使用して、よく使用される行間のサイズから選択します。

段落のインデントを設定する

  1. 文書を開き、インデントを設定する段落を選択します。文書全体の段落の間隔を設定する場合は、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

  2. Alt キーを押しながら H キーを押し、P キー、G キーを押します。フォーカスは [段落] ダイアログ ボックスの [インデントと行間隔] タブに移ります。

  3. 左のインデントのサイズを設定するには、Alt キーを押しながら L キーを押します。[] ボックスに値を設定するには、↑キーまたは↓キーを使用するか、値 (0.25、0.5 など) を入力します。

  4. 右のインデント幅のサイズを設定するには、alt キーを押しながら R キーを押します。] ボックスに、値を設定する、上方向と下方向キーを使用してか値を入力します (たとえば、.25 または.5).

  5. [段落] ダイアログ ボックスを終了するには、Tab キーを何度か押して [OK] ボタンに移動し、Space キーを押します。

インデントを設定するその他のオプション

  • インデントを設定して既定のインデントとして選択するには、次の手順を実行します。

    1. [段落] ダイアログ ボックスで選択したら、Alt キーを押しながら D キーを押します。

    2. [Microsoft Word] ダイアログ ボックスで、↑キーまたは↓キーを使用して、[この文書のみ] または [すべての文書] オプションを選択し、Tab キーを何度か押して [OK] ボタンに移動して Enter キーを押します。

  • 帳スタイルの印刷は、これで、左と右のインデント見開きに、内部として指定された 1 つ目のインデントと外側として指定したその他のインデント ミラー インデント機能を使用します。[インデントと行間隔] タブで、インデント選択したら [ミラー インデント] チェック ボックスをオンには、alt キーを押しながら M キーを押します。

  • 1 つの段落にのみ、1 行目のインデントをすばやく追加するには、段落の 1 行目の先頭にフォーカスを移動し、Tab キーを押します。1 行目のインデントを使うと、段落の 1 行目が同じ段落の他の行よりも多くインデントされます。

段落の間隔とインデントを設定するキーボード ショートカット

次の表は、段落の間隔とインデントの設定時に使用できる便利なキーボード ショートカットの一覧です。

目的

このキーを押す

[段落] ダイアログ ボックスの [インデントと行間隔] タブを開く

Alt + H、P+G

前の間隔を設定する

Alt + B

後の間隔を設定する

Alt + F

左のインデントを設定する

Alt + L

右のインデントを設定する

Alt + R

選択した間隔またはインデントを既定に設定する

Alt + D

行間を設定する

Alt + N

見開きページのインデント幅を選択する

Alt + M

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

スクリーン リーダーを使用して、テキストと Word で段落を配置するには

Windows 版 Microsoft Word のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

Word 2016 for Mac では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、段落の外観を変更し、洗練されたドキュメントを作成できます。

各段落の前と後の間隔とインデントのサイズを設定できます。また、段落の最初の行にのみインデントを作成したり、段落の最初の行をインデントせずに、その後の行をインデントするぶら下げインデントを作成したりすることもできます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Word for Mac のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

段落の間隔を設定する

  1. 文書内で、間隔を設定する段落を選びます。

    ヒント: テキストの一部を選ぶには、Shift キーを押しながら方向キーを使ってカーソルを移動します。

  2. 段落の書式を設定するには、Option キーと Command キーを押しながら M キーを押します。[段落] ダイアログ ボックスが開き、フォーカスは [インデントと行間隔] タブに移ります。

  3. [間隔] グループのオプションを使用して、次のいずれかの操作を行います。

    • 段落の前に間隔を設定するには、現在の間隔のサイズに続けて "段落前、テキストの編集" と読み上げられるまで、Ctrl + Option + 右方向キーを押します。

    • 段落の後に間隔を設定するには、現在の間隔のサイズに続けて "段落後、テキストの編集" と読み上げられるまで、Ctrl + Option + 右方向キーを押します。

    [段落前] フィールドまたは [段落後] フィールドに、6 または 18 などのポイント値を入力します (ポイント値が小さいほど、間隔が小さくなります)。

  4. [段落] ダイアログ ボックスを閉じて、文書に戻るには、Enter キーを押します。

行間を設定する

  1. 段落の行間を変更するには、書式を設定する段落を選び、Option + Command + M キーを押して [段落] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. 行間のオプションを選ぶには、"行間" に続けて行間のオプションが読み上げられるまで Ctrl + Option + 右方向キーを押します。Ctrl + Option + Space キーを押して、オプション リストを開きます。次に、目的の行間のオプションが読み上げられるまで、上下の方向キーを使用します。選択するには、Space キーを押します。

  3. 間隔のサイズを設定するために、[倍数] などのカスタマイズ可能なオプションを選ぶ場合は、Tab キーを押します。現在の間隔のサイズに続けて "間隔" と読み上げられます。次に、値を入力します。

段落のインデントを設定する

段落の最初の行のみをインデントする

  1. 段落の最初の行をインデントする段落を選びます。

  2. 段落の書式を設定するには、Option キーと Command キーを押しながら M キーを押します。[段落] ダイアログ ボックスが開き、フォーカスは [インデントと行間隔] タブに移ります。

  3. 段落の最初の行をインデントするには、[インデント] グループのオプションを使用します。"最初の行、ポップアップ ボタン" と読み上げられるまで、Ctrl + Option + 右方向キーを押します。オプションを選択するには、Ctrl + Option + Space キーを押します。次に、"最初の行" と読み上げられるまで、上下の方向キーを使用します。選択するには、Space キーを押します。

  4. 最初の行のインデントのサイズを設定するには、Tab キーを押します。現在のインデント サイズに続けて "幅" と読み上げられます。次に、値をインチ単位 (0.5 など) で入力します。

  5. 文書に戻るには、Enter キーを押します。

注: この後に入力する段落はすべてインデントされます。

段落の最初の行以外をすべてインデントする

  1. 段落の最初の行以外のすべての行をインデント (ぶら下げインデント) する段落を選びます。

  2. 段落の書式を設定するには、Option キーと Command キーを押しながら M キーを押します。[段落] ダイアログ ボックスが開き、フォーカスは [インデントと行間隔] タブに移ります。

  3. ぶら下げインデントを作成するには、[インデント] グループのオプションを使用します。"最初の行、ポップアップ ボタン" と読み上げられるまで、Ctrl + Option + 右方向キーを押します。オプションを選択するには、Ctrl + Option + Space キーを押します。次に、"ぶら下げ" と読み上げられるまで、上下の方向キーを使用します。選択するには、Space キーを押します。

  4. インデントのサイズを設定するには、Tab キーを押します。現在のインデント サイズに続けて "幅" と読み上げられます。次に、値をインチ単位で (0.5 など) 入力します。

  5. 文書に戻るには、Enter キーを押します。

段落全体のインデントを増減する

  1. 文書内で、左インデントまたは右インデントを増減する段落を選びます。

  2. 段落の書式を設定するには、Option キーと Command キーを押しながら M キーを押します。[段落] ダイアログ ボックスが開き、フォーカスは [インデントと行間隔] タブに移ります。

  3. [インデント] グループのオプションを使用して、次のいずれかの操作を行います。

    • 左余白からのインデントを変更するには、"テキストの前" と読み上げられるまで Ctrl + Option + 右方向キーを押します。

    • 右余白からのインデントを変更するには、"テキストの後" と読み上げられるまで Ctrl + Option + 右方向キーを押します。

    インデントのサイズを設定するには、インチ単位で数値を入力します。インデントのサイズが読み上げられます。

  4. 文書に戻るには、Enter キーを押します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用して文書を共有する

Word for Mac のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

Voiceover を利用、組み込みの iOS スクリーン リーダーで、行、段落の間隔を変更するのにWord for iOSを使用します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Word for iPhone でキーボード ショートカットを使用する」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

  • 文書の閲覧と編集は印刷レイアウト表示で行うことをお勧めします。他の表示モードでは、VoiceOver が安定して動作しない可能性があります。

この記事の内容

段落の間隔を設定する

  1. 文書内で間隔を設定する段落を選択します。

  2. 「リボンを表示」と画面を 2 回タップが聞こえるまでに、リボン、スワイプして右または左に移動します。現在のリボン タブの名前が聞こえます。

  3. [ホーム] リボン タブを選択するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右「ホーム] タブの [」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで。

  4. [段落] ボタン、書式設定] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • 段落の前にスペースを追加するには、「[段落] ボタン前に、のスペースを追加する」と画面を 2 回タップという言葉がするまで右へスワイプします。

    • 「[段落] ボタン、した後にスペースを追加する」と画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプ、段落の後にスペースを追加します。

    • 段落の前にスペースを削除するに「[段落] ボタン前に、のスペースを削除する」と画面を 2 回タップという言葉がするまで右へスワイプします。

    • 「[段落] ボタンの後にスペースを削除する」と画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプ、段落の後にスペースを削除します。

注: のみ切り替えるスペース段落の前後にオンまたはオフ領域は、既に段落とスペースを削除するのには、オプションの前後に、スペースがない場合にのみ利用可能なを追加するオプションは現在の間隔が段落の前後に場合にのみようにします。

行間を設定する

  1. 文書内で行間隔を設定する段落を選択します。

  2. 「リボンを表示」と画面を 2 回タップが聞こえるまでに、リボン、スワイプして右または左に移動します。現在のリボン タブの名前が聞こえます。

  3. [ホーム] リボン タブを選択するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右「ホーム] タブの [」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで。

  4. [段落] ボタン、書式設定] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  5. "[行間] ボタン、"を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  6. 利用可能な行の間隔の値を右にスワイプしてください: 1.01.151.52.02.5、および3.0します。サウンドが二重の目的の値は、行間隔を設定するには、[画面をタップします。

段落のインデントを設定する

段落の最初の行のみをインデントする

  1. 文書内で、インデントを設定する段落を選択します。

  2. 「リボンを表示」と画面を 2 回タップが聞こえるまでに、リボン、スワイプして右または左に移動します。現在のリボン タブの名前が聞こえます。

  3. [ホーム] リボン タブを選択するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右「ホーム] タブの [」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで。

  4. [段落] ボタン、書式設定] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  5. 「特別なインデント] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  6. 「最初の行のボタン」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

段落の最初の行以外をすべてインデントする

  1. 文書内で、インデントを設定する段落を選択します。

  2. 「リボンを表示」と画面を 2 回タップが聞こえるまでに、リボン、スワイプして右または左に移動します。現在のリボン タブの名前が聞こえます。

  3. [ホーム] リボン タブを選択するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右「ホーム] タブの [」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで。

  4. [段落] ボタン、書式設定] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  5. 「特別なインデント] ボタン、」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  6. 聞こえるまで右にスワイプして「ぶら下げ] ボタン、」と画面を 2 回タップします。

段落全体のインデントを増減する

  1. 文書内で、インデントを設定する段落を選択します。

  2. 「リボンを表示」と画面を 2 回タップが聞こえるまでに、リボン、スワイプして右または左に移動します。現在のリボン タブの名前が聞こえます。

  3. [ホーム] リボン タブを選択するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右「ホーム] タブの [」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 「インデント位置の増加」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプ、インデントを増やします。

    • 「インデント位置を減らす」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで、インデント、右へスワイプを減らす。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

スクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う Word

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

行、段落の間隔を変更するのには、TalkBack、組み込みの Android スクリーン リーダーでWord for Androidを使用します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • Word for Android のタッチ機能については、「Word for Android タッチ ガイド」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

段落の間隔を設定する

  1. 文書内で書式を設定する行間の段落を選択します。

  2. 「その他のオプションのスイッチのオフにすると、」が聞こえるまでに、リボン、スワイプして右または左に移動し、画面を 2 回タップします。

  3. [ホーム] タブを選択するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右「ホーム] タブの [」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで。

  4. [段落] メニューの [書式設定] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • 段落の前にスペースを追加するには、「[段落] ボタン前に、のスペースを追加する」と画面を 2 回タップという言葉がするまで右へスワイプします。

    • 「[段落] ボタン、した後にスペースを追加する」と画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプ、段落の後にスペースを追加します。

    • 段落の前にスペースを削除するに「[段落] ボタン前に、のスペースを削除する」と画面を 2 回タップという言葉がするまで右へスワイプします。

    • 「[段落] ボタンの後にスペースを削除する」と画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプ、段落の後にスペースを削除します。

注: のみ切り替えるスペース段落の前後にオンまたはオフ領域は、既に段落とスペースを削除するのには、オプションの前後に、スペースがない場合にのみ利用可能なを追加するオプションは現在の間隔が段落の前後に場合にのみようにします。

行間を設定する

  1. 文書内で書式を設定する行間の段落を選択します。

  2. 「その他のオプションのスイッチのオフにすると、」が聞こえるまでに、リボン、スワイプして右または左に移動し、画面を 2 回タップします。

  3. [ホーム] タブを選択するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右「ホーム] タブの [」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで。

  4. [段落] メニューの [書式設定] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  5. 「行間隔コンボ ボックス」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  6. 利用可能な行の間隔の値を右にスワイプしてください: 1.01.151.52.02.5、および3.0します。サウンドが二重の目的の値は、行間隔を設定するには、[画面をタップします。

段落のインデントを設定する

段落の最初の行のみをインデントする

  1. 文書内で書式を設定する行間の段落を選択します。

  2. 「その他のオプションのスイッチのオフにすると、」が聞こえるまでに、リボン、スワイプして右または左に移動し、画面を 2 回タップします。

  3. [ホーム] タブを選択するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右「ホーム] タブの [」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで。

  4. [段落] メニューの [書式設定] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  5. 「特別なインデント] メニューの [」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  6. 聞こえるまで右にスワイプして「最初の行をオンになっていない、スイッチ、」と画面を 2 回タップします。

段落の最初の行以外をすべてインデントする

  1. 文書内で書式を設定する行間の段落を選択します。

  2. 「その他のオプションのスイッチのオフにすると、」が聞こえるまでに、リボン、スワイプして右または左に移動し、画面を 2 回タップします。

  3. [ホーム] タブを選択するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右「ホーム] タブの [」と画面を 2 回タップしが聞こえるまで。

  4. [段落] メニューの [書式設定] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  5. 「特別なインデント] メニューの [」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  6. 聞こえるまで右にスワイプして「ぶら下げ] オンになっていない、スイッチ、」と画面を 2 回タップします。

段落全体のインデントを増減する

  1. 文書内で、インデントを設定する段落を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • インデントを増やすには、「拡大レベル下げ] ボタン、」と画面を 2 回タップという言葉がするまで右へスワイプします。

    • インデントを変更するには、「、レベル下げ] ボタンを減らす」と画面を 2 回タップという言葉がするまで右へスワイプします。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Word でスクリーン リーダーを使用して実行する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

行、段落の間隔を変更するのには、ナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーのWord Mobileを使用します。

注: 

この記事の内容

段落の間隔を設定する

  1. 段落の間隔を設定するに任意の場所にカーソルを置きます。

  2. 聞こえるまで 1 本の指を上下のスワイプ:「アイテム」にします。

  3. Swip e「コマンド パレット、他のオプション] では、」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右します。

  4. [段落] ボタン、書式設定] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • 段落の前にスペースを追加するには、「[段落] ボタン前に、のスペースを追加する」と画面を 2 回タップという言葉がするまで右へスワイプします。

    • 「[段落] ボタン、した後にスペースを追加する」と画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプ、段落の後にスペースを追加します。

    • 段落の前にスペースを削除するに「[段落] ボタン前に、のスペースを削除する」と画面を 2 回タップという言葉がするまで右へスワイプします。

    • 「[段落] ボタンの後にスペースを削除する」と画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプ、段落の後にスペースを削除します。

注: のみ切り替えるスペース段落の前後にオンまたはオフ領域は、既に段落とスペースを削除するのには、オプションの前後に、スペースがない場合にのみ利用可能なを追加するオプションは現在の間隔が段落の前後に場合にのみようにします。

行間を設定する

  1. カーソルを置きますポイント任意の場所、段落内の行間隔を設定します。

  2. 聞こえるまで 1 本の指を上下のスワイプ:「アイテム」にします。

  3. Swip e「コマンド パレット、他のオプション] では、」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右します。

  4. [段落] ボタン、書式設定] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  5. "[行間] ボタン、"を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  6. 利用可能な行の間隔の値を右にスワイプしてください: 1.01.151.52.02.5、および3.0します。サウンドが二重の目的の値は、行間隔を設定するには、[画面をタップします。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word Mobile for Windows 10 で外付けキーボードのショートカット キーを使う

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

段落のインデントと間隔を変更して、ドキュメントの外観を洗練されたナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーのWord Onlineを使用します。

注: 

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Office Online でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Word Online のショートカット キー」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Word Online を使用する場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。Word Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Word Online には適用されません。

この記事の内容

一連の段落と行間隔

  1. 文書を開き、段落の先頭と shift キーと ctrl キーを押しながら下方向キーを押すと、カーソルを移動しての間隔を設定する段落を選択します。文書全体の段落の間隔を設定する場合は、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

  2. Alt キーを押しながら Windows ロゴ キーを押して、H、P キーを押します G. Word Online の [段落] ダイアログ ボックスにフォーカスが移ります。ダイアログ ボックスの名前が聞こえます。

  3. 段落の前に、の間隔を設定する必要があるまで Tab キーを押し:「前に、の間隔」。上向き矢印を使用して、下方向キー小数点値を選択するか、小数点値を入力が聞こえるまで場合 (たとえば、6 または 18)。(ポイント値の小さい方は、領域を節約を表しています)。

    注: ナレーターは、使用するか、下向き矢印キー ポイントの値を参照すると「不明なキー」に音声可能性があります。

  4. 段落後の間隔を設定する必要があるまで Tab キーを押し:「後の間隔」。上向き矢印を使用して方向キーと下までのサウンドがポイントの選択するか、[ポイント ( 618など) の値を入力します。

  5. 設定を選択した段落の行間、Tab キーを押して、サウンドが:「行間」。上向き矢印を使用して方向キーと下によく使われる行間隔のサイズの一覧から選択します。

  6. [段落] ダイアログ ボックスを閉じるには、「[OK] ボタン、」を聞くし、Space キーを押してになるまで] タブの [キーを押します。フォーカスが文書に戻ります。

段落のインデントを設定する

  1. 文書を開き、段落の先頭と shift キーと ctrl キーを押しながら下方向キーを押すと、カーソルを移動してのインデントを設定する段落を選択します。文書全体の段落のインデントを設定する場合は、Ctrl キーを押しながら A キーを押します。

  2. Alt キーを押しながら Windows ロゴ キーを押して、H、P キーを押します G. Word Online の [段落] ダイアログ ボックスにフォーカスが移ります。ダイアログ ボックスの名前が聞こえます。

  3. 左のインデントのサイズを設定する必要があるまで Tab キーを押し:「テキストの前にインデント」。目的の値を設定するには、上向き矢印を使用してと下向き方向キーまたは値 (たとえば、 .25または.5) を入力します。

  4. 右のインデント幅のサイズを設定する必要があるまで Tab キーを押し:「テキストからインデント」。目的の値を設定するには、上向き矢印を使用してと下向き方向キーまたは値 (たとえば、 .25または.5) を入力します。

  5. [段落] ダイアログ ボックスを終了するには、「[OK] ボタン、」を聞くし、Space キーを押してになるまで] タブの [キーを押します。

  6. 段落には、1 行目のインデントを追加、段落の最初の行の先頭にフォーカスを移動し、Tab キーを押し、[します。先頭行のインデント、段落の最初の行が、段落内の他の行より多くインデントされます。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word Online のショートカット キー

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×