スキップしてメイン コンテンツへ
スクリーン リーダーを使用を調べて、Outlook の予定表を移動します。

スクリーン リーダーを使用を調べて、Outlook の予定表を移動します。

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Outlookで、[キーボードとスクリーン リーダーを使って、それぞれのビューに移動. 間を移動します。 ナレーターと JAWS、テストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • 2017 年 10 月 1 日の時点では、スクリーン リーダーを使ったテーブル ナビゲーションは一時的に無効にされています。

この記事の内容

メインの表示と画面の要素を移動します。

予定表は、2 つのウィンドウで構成される: 左側と右側の [予定表] ウィンドウのフォルダーウィンドウ。 これらのウィンドウの上にはリボンがあります。 下部にあるステータス バーが表示されます。

  • メイン ビュー内の要素を切り替えるには、キーを押して F6 (転送) または shift キーを押しながら f6 キーを押します (下位)。

リボンのタブに移動します。

予定表は、[ホーム] タブを開きます。 [ホーム] タブの [新しい予定または会議出席依頼を作成すると、予定表を共有などのボタンがあります。

  • リボンのタブを移動するには、alt キーを押します。 「リボン タブ、」後で、現在選択されているタブが聞こえます。

  • タブ間を移動するに左または右方向キーを押して押します Tab キーを 1 回リボンのコマンドのキーに移動します。

予定表] ウィンドウを移動します。

予定表] ウィンドウにアクセスするときに、ナレーターは、選択した日付と時刻、イベントの場合は、その予定表ビューを発表します。

  • 予定表のイベントの間を移動するには、Tab キーまたは Shift + tab キーを使用します。 ナレーターは、イベントの詳細を発表します。 イベントを別のウィンドウで開く] を押しながら Enter キーを押します。 イベントを終了するには、Esc キーを押します。

  • 予定表でへ移動し、使用可能なしたらを聞くには、方向キーを使用します。

  • 特定の日に移動して、ctrl キーを押しながら G キーを押します。 日付選択コントロールが表示されます。 [] フィールドには、フォーカスがあります。 日付を入力し、Enter キーを押します。 今日に戻るには、alt キーを押しながら H キー、O、D. キーを押します。

フォルダー ウィンドウを移動します。

フォルダー ウィンドウにアクセスするときに「予定表フォルダー」を聞くし、ナレーターは、現在のフォルダー名を発表します。

フォルダー ウィンドウで、予定表] ウィンドウで表示する予定表を選択できます。 たとえば、お住まいの国の休日の予定表や作業仕事仲間の共有の予定表に選択します。

  • フォルダーを移動するには、[方向キーを押してまたは下向き矢印キーします。 ナレーターが強調表示された、フォルダー名を表示します。

  • ナレーターは、フォルダーを折りたたむか展開するかどうか。 フォルダーを折りたたむには、左方向キーを押します。 フォルダーを展開するには、右矢印キーを押します。

  • 予定表を選ぶには、space キーを押します。

ビューを切り替える

新しいイベント ウィンドウとメインの予定表ビューを切り替える

  1. 空白の予定] ウィンドウを開くには、Ctrl + N キーを押します。 件名のテキスト フィールドには、フォーカスがあります。 サウンドが:「主題を編集します」。

  2. メインの予定表ビューに戻るには、Alt キーを押しながらし、tab キーを順番にアクティブなアプリケーション キーを押します。 ナレーターは、実行中のプログラムを発表します。

  3. 「予定表」を聞くときに、Tab キーを離します

[ファイル] メニューを移動します。

[ファイル] メニューでたとえば、予定表の設定を変更して、不在時の応答を設定することができます。

  1. Alt + F キーを押して [ファイル] メニューを開きます。

  2. ファイル] メニューのオプション間を移動するには、方向キーを押してまたは下向き矢印キーを必要なオプション] メニューの項目または Tab キーを順番にタブ内のアイテムを選択し、enter が聞こえるまでします。

  3. [ファイル] メニューを閉じて、メインのビューに戻り、Esc キーを押します。

予定表の設定に移動します。

Outlook のオプション] ウィンドウで予定表の設定を変更することができます。 たとえば、稼働時間と稼働日を設定し、アラームの既定時間を定義することができます。

  1. Outlook のオプション] ウィンドウを開くには、alt キーを押しながら F、T. キーを押す.

  2. 「予定表」が聞こえるまでに下方向キーを押します

  3. 設定のリストを移動するには、タブの [キーを押します。 選択の設定を変更するのには、Space キーを押します。

  4. オプションウィンドウを閉じ、メインのビューに戻り、Enter キーを押します。

アラーム ウィンドウに移動します。

  1. 現在のすべてのアラームを表示、alt キーを押しながら V キーを押して、・ M ナレーターは、アラームの数を発表します。

  2. 上矢印または ↓ キーをアラームの間を移動します。

  3. 、選択したアラームを開くには、Space キーを押して、またはアラーム ウィンドウを終了するのには Esc キーを押します。

Microsoft Outlook のメイン ビュー間を移動します。

  • メールに移動するには、ctrl キーを押しながら 1 を押します。

  • 予定表に移動するには、ctrl キーを押しながら 2 を押します。

  • 連絡先に移動するには、ctrl キーを押しながら 3 を押します。

  • タスクに移動するには、ctrl キーを押しながら 4 を押します。

操作アシストを使用する

コマンドをすばやく検索するには、[操作アシスト] を使用します。 [操作アシスト] 機能の詳細については、こちらのビデオをご覧ください。Using Tell Me to get things done quickly with a screen reader and keyboard ([操作アシスト] を使用して、スクリーン リーダーとキーボードですばやく作業する)

[操作アシスト] を使用してコマンドを検索するには、次のように操作します。

  1. 処理を実行するセルまたはセル範囲を選択します。

  2. Alt キーと Q キーを押して、[操作アシスト] 編集フィールドに移動します。

  3. 実行するコマンドを入力します。 たとえば、"箇条書き" と入力します。

  4. 下矢印キーを使用して、検索結果を参照します。Enter キーを押していずれかを選びます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して予定または Outlook で会議をスケジュールするには

Outlook でスクリーン リーダーを使用して会議出席依頼を開封し返信する

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook の予定表内を移動するためのキーボード ショートカット

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

キーボードと VoiceOver、組み込みの Mac OS のスクリーン リーダーを使ってOutlook for Macを使用して、調査、それぞれのビューに移動し間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook 2016 for Mac のキーボード ショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの macOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

メインの表示と画面の要素を移動します。

予定表は、次の 3 つの主な領域で構成される: [左]、[右と予定表ナビゲーションウィンドウの上にあるリボンの予定表ウィンドウのナビゲーションウィンドウ。

リボンの上、上部にあるメニュー バーにあるが含まれているため、保存ボタン元に戻す、やり直すアクション、およびクイック印刷する.

ナビゲーションウィンドウの下にある Outlook のメイン ビュー間を移動するためのクイック アクセス ツールバーがあります。

、下部にあるステータス バーでは、現在の予定表ビューでアイテムの数を示します。

次の順序で要素を順番に表示には、f6 キーを押します (転送) または shift キーを押しながら F6 (下位) キーを押します。

  • リボン

  • ナビゲーション ウィンドウ

  • [カレンダー] ウィンドウ

  • クイック アクセス ツール バー

  • ステータス バー

  • メニュー バー

リボンのタブに移動します。

[ホーム] タブが選択されている予定表を開きます。 [ホーム] タブには、アクションについては、メインの予定表、新しい予定または会議を作成して、予定表ビューを変更するなどのボタンがあります。

[整理] タブでは、新しい予定表を追加して、グリッド ビューとリスト ビューの変更します。

ツール] タブでアカウント情報へのアクセス、インポートして、データをエクスポートして不在時の応答を設定します。

  1. リボン タブ間を移動するには、現在選択されているリボン タブが聞こえるまで f6 キーを押します。

  2. タブ間を移動する左または右方向キーを押して、タブを選択するのには、Space キーを押します。

  3. 選択したリボンのコマンドに移動するには、Tab キーをキーを押します。

ナビゲーション ウィンドウを移動します。

ナビゲーション ウィンドウでアクセスするときにサウンドが「ナビゲーション ウィンドウ」 表で、ナビゲーション ウィンドウ、予定表] ウィンドウで表示する予定表を選択できます。

  • ナビゲーション ウィンドウのテーブルを開くには、shift キーを押しながら下方向キーを押します。

  • 予定表を移動するには、↑ キーを押してまたは下向き矢印キーです。 VoiceOver 読み取りのカレンダーの名前が強調表示されたします。 VoiceOver は、予定表を表示または予定表の現在のウィンドウで非表示にするかどうかにも通知します。

  • 選択または選択解除する予定表を Space キーを押します。

  • ナビゲーション ウィンドウのテーブルを閉じるには、shift キーを押しながら上方向キーを押します。

予定表] ウィンドウを移動します。

予定表] ウィンドウにアクセスするときに、VoiceOver は、日付と現在の予定表ビューでイベントの数を発表します。 現在のビューには、イベントが含まれている、VoiceOver は、最初のイベントの詳細を発表します。

  • 予定表のイベントの間を移動、Tab キーまたは shift キーを押しながら Tab キーを押します。 VoiceOver は、イベントの詳細を発表します。 イベントの詳細を調べるには、space キーを押します。 イベントの詳細を閉じるには、esc キーを押します。

  • 開き、イベントを編集するには、コマンド キーを押しながら O キーを押します。

  • ビューに応じて、次のいずれかの操作を実行してカレンダー内を移動します。

    • 次の日、週、または月に移動するには、Command + 右方向キーを押します。

    • 前の日、週、または月に移動するには、Command + 左方向キーを押します。

  • 今日に戻るには、コマンド + T キーを押します。

ビューを切り替える

新しいイベント ウィンドウとメインの予定表ビューを切り替える

空白の予定ウィンドウを開く] コマンドを押しながら N キーを押します。 件名のテキスト フィールドには、フォーカスがあります。

新しいイベント ウィンドウとメインの予定表ビューを切り替えるには、次のように、ドックを移動します。

  1. ドックに移動するには、[コントロール + オプション + D キーを押します。

  2. 左または右矢印キーを押して、"Outlook"を聞く

  3. 「予定表の」が聞こえるまで上方向キーまたは、切り替え先の予定の件名キーを押すし、Space キーを押します。

[ファイル] メニューを移動します。

ファイル] メニューでたとえば、新しい予定と会議出席依頼を作成することができます。

  1. Outlook では、[コントロールと Option キーを押しながら M キーを押します。 "メニュー バー、Apple" と読み上げられます。

  2. "ファイル" と読み上げられるまで、右方向キーを押します。

  3. [ファイル] メニューを開くに下向き矢印キーを押します。

  4. 上矢印または ↓ キーし、Space キーを押して、オプションを選択し、目的のオプションが聞こえるまでに、[ファイル] メニューで移動します。

  5. [ファイル] メニューを閉じて、メインの予定表ビューに戻り、Esc キーを押します。

予定表の環境設定に移動します。

Outlook の環境設定] ウィンドウで予定表の設定を変更することができます。 たとえば、稼働時間と稼働日を設定し、アラームの既定時間を定義することができます。

  1. Outlook の環境設定を開くには、コマンド + カンマ (,) キーを押します。

  2. 聞こえるまで Tab キーを押し「予定表、ボタン、」し、Space キーを押します。

  3. 設定のリストを移動するには、タブの [キーを押します。 変更する設定を選ぶには、space キーを押します。

  4. [設定] ウィンドウを閉じて、メインのビューに戻る、コマンド キーを押しながら W キーを押します。

アラーム ウィンドウに移動します。

  1. ドックに移動するには、[コントロール + オプション + D キーを押します。

  2. 左または右矢印キーを押して、"Outlook"を聞く

  3. アラームの数が聞こえるまでに、上向き矢印キーを押します。

  4. アラーム ウィンドウを開くには、Space キーを押します。

Microsoft Outlook のメイン ビュー間を移動します。

  • メールに移動するには、[Command + 1 キーを押します。

  • 予定表に移動するには、[Command + 2 キーを押します。

  • ユーザーに移動するには、[Command + 3 キーを押します。

  • タスクに移動するには、[Command + 4 キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して予定または Outlook で会議をスケジュールするには

Outlook for Mac のキーボード ショートカット

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

iOS 版 Outlook voiceover を利用、組み込みの iOS スクリーン リーダーを使って、それぞれのビューに移動. 間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

iOS 版 Outlookで予定表を開くと、既定のメイン ビューには、将来のイベントの議題ビューが表示されます。 メインのビューの上端には、ウィンドウのナビゲーションの表示] ボタン、現在の月の名前、現在の予定表ビューとイベントの作成を変更する [議題ビュー] ボタンがあります。

日付の選択は強調表示されている現在の日付] ボタンの下にあります。 日付の選択] の下にあるが、現在と今後の予定表のイベントをリストとして表示されます。 上方向にスワイプまたは下にリストをスクロールするとします。

予定表の一覧で画面の下部にある、イベントは、メール検索および予定表] タブの [メインOutlookビュー間を移動します。

  • メインのビューを操作するには、画面上で 1 本の指をスライドします。 移動すると、VoiceOver でアイテムが読み上げられます。

    ヒント: VoiceOver ローターを使用して、メインのビューに移動することもできます。 たとえば、見出しの間を移動するに有効にする、ローター「見出し」を聞くまで上または見出し間を移動するまで下にスワイプします。

議題ビュー内を移動します。

  1. 左または「予定表、今日」が聞こえるまで右へスワイプ

  2. 時間の前に移動し、移動下位まで下にスワイプしてに上方向にスワイプします。

  3. 「議題、」選択した日の後に、現在選択されている日付と最初の予定表のイベントが聞こえるまで右へスワイプします。

  4. 予定表のイベントの一覧の前に移動し、下にスワイプする前後に移動するに上方向にスワイプします。 ナレーターは、名前、開始時刻、期間、および各イベントに出席者の数。

  5. 現在選択されているイベントを開くには、2 回タップ画面。 [イベント] ウィンドウを開きます。

[イベント] ウィンドウを移動します。

[イベント] ウィンドウには、完全なイベントの詳細と説明が含まれています。 ウィンドウの上部には、予定表、イベントが所属する予定表の名前と予定表と、 [削除] ボタンのメール アドレスに戻るには、[戻る] を含むツールバーが含まれています。

[イベント] ウィンドウを移動するには、左または右上のウィンドウの要素間を移動するのにスワイプします。 ナレーターは、強調表示されている各要素の名前。 目的のいずれかを確認すると、2 回タップ画面。

[イベント] ウィンドウを操作するには、画面上で 1 本の指をスライドします。 移動すると、VoiceOver でアイテムが読み上げられます。

ビューを切り替える

Outlook 設定内を移動します。

通知、予定表との統合オプションなどの予定表の設定を変更できます。

  1. 左または右の「ナビゲーション ウィンドウのボタンを表示」と画面を 2 回タップが聞こえるまでにスワイプして、ナビゲーション ウィンドウを開きます。

  2. 「[設定] ボタン、」と、2 回タップが聞こえるまで右にスワイプして、画面の設定] ウィンドウを開きます。

  3. さまざまな設定を切り替えるに左右にスワイプして、設定が聞こえるまでし、目的し、選択、画面を 2 回タップします。 一部の設定は、別のウィンドウで開きます。 必要な場合は、「[戻る] ボタン、」と画面をダブルタップが聞こえるまで左にスワイプする [設定] ウィンドウに戻ることができます。

  4. [設定] ウィンドウを閉じて、メインのビューに戻る、「を閉じる] を」と画面を 2 回タップが聞こえるまでのままにスワイプします。

Outlook メールと予定表間を移動します。

  • 予定表にアクセスするには、「] タブの [予定表の」と画面を 2 回タップが聞こえるまでメイン ビューに直接をスワイプします。

  • メールにアクセスするには、「メールで送信] タブの [」と画面を 2 回タップが聞こえるまでメイン ビューに直接をスワイプします。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して予定または Outlook で会議をスケジュールするには

Outlook でスクリーン リーダーを使用して会議出席依頼を開封し返信する

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

使ってAndroid 版 Outlook TalkBack、組み込みの Android スクリーン リーダーを調査し、それぞれのビューを移動し、間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。 一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

メインの表示と画面の要素を移動します。

Android 版 Outlook、現在の週の予定表を表示するメイン ビューで予定表を開くし、次の週が表示されます。 メインの表示と画面要素内を移動するには。

  • 右または左にスワイプ画面要素間でフォーカスを移動します。

  • メインののみ画面の領域を順番に切り替えます (ナビゲーション引き出し日の選択] ボタンを展開] ボタン、毎日の現在の予定表で、新しいイベントの追加] ボタンと、ポップアップ ダイアログなど、アカウントにサインイン] ダイアログ ボックスを開くことのある)、1 回だけ上方向にスワイプします。 サウンドが:"を"制御します。 右または左にスワイプ メインの領域を順番に表示します。 ナビゲーションの既定の設定に戻すには、1 回だけ下方向にスワイプします。

    注: TalkBack Android 版 Outlook、スワイプして右または左繰り返しポップアップ ダイアログ ボックスに移動するために開いたときに、アカウントにサインインするように指示する場合はします。 サウンドが:「ボタンでサインインします」。 画面を 2 回タップし、自分のアカウントへのサインイン画面の指示に従います。

  • ボタンの選択可能な要素にフォーカスがあるときに 2 回タップの操作を実行するし、要素を選択します。

予定表には、次の地域が含まれています: 中央、上、現在の予定表にあるメニュー バーと、一番下にあるナビゲーション バー。

メニュー バー

メニュー バーでは、画面の上部にあります。 新しいアカウントを追加し、自分のアカウント設定] およびAndroid 版 Outlook設定にアクセスすることができますが、左上の隅の [ナビゲーションの引き出し] ボタンが含まれています。 日の選択も含まれている展開] ボタンを展開または現在の予定表ビューを折りたたむことができます。 日の選択に移動する際の展開] ボタン、TalkBack 発表の現在の月と年"2018年 6 月"などです。

アカウントの設定] に移動します。

  1. ナビゲーションの引き出しを開くには、スワイプして右または左が聞こえるまで「開くナビゲーション引き出し、ボタン、」と画面を 2 回タップします。 「] メニューの [」後で表示するアイテムの数が聞こえます。

  2. ナビゲーション引き出しが、予定表のアカウント間を移動するには、開く、スワイプして右または左中です。 各アカウントには、予定表誕生日など、1 つまたは複数の表示設定があります。 Talkback お知らせ、予定表に含めるしたくないものを確認すると、たとえば、「チェック、誕生日予定表の表示設定] チェック ボックスを」2 回タップ、画面をオフまたは上のバックアップします。

  3. ナビゲーションの引き出しを終了し、[予定表に戻る、下、左にスワイプします。

設定に移動します。

  1. [設定] メニューを開くにスワイプして右または左が聞こえるまで「開くナビゲーション引き出し、ボタン、」と画面を 2 回タップします。

  2. 「の設定、」を聞くと、画面を 2 回タップになるまで右へスワイプします。

  3. [設定] メニューを閉じて、受信トレイに戻る、下、左にスワイプします。

現在の予定表

現在の予定表は、現在の週、数日のイベントのリストが続きます日選択画面で次の週を示しています。 日の選択を参照するには、次または前の日付に移動するには、右または左にスワイプします。 現在選択されている日付に焦点をイベント リストに画面を 2 回タップします。

次の 3 つ以上の週を表示するのには、現在のカレンダーを展開するには、スワイプして左または現在の月が聞こえるまで右「日の選択は、ボタンを展開する」が続くと、画面を 2 回タップします。 同じボタンを使用して、現在の予定表を縮小できます。

1 日の選択] の下にある一覧はイベントの次のいくつかの日、または選択した日の日のパレットから選択した場合。 イベントを参照するには、次または前の日付に移動するには、右または左にスワイプします。 イベントの詳細にアクセスするに 2 回タップ画面。 イベントを終了するには、下、左にスワイプします。

現在の予定表ビューには、新しいイベントを作成するに右へスワイプするまで左「追加新しいイベント] ボタン、」を聞くや画面を 2 回タップします。 イベントの作成ツールには、画面の予定表が置き換えられます。 イベント フィールドの間を移動して、右または左にスワイプ、スクリーン キーボードの情報を入力します。 左または右の「保存」、および画面を 2 回タップしが聞こえるまでにスワイプして、イベントを保存します。

ナビゲーション バー

ナビゲーション バーでは、画面の下部にあります。 メール検索、および予定表のクイック アクセス ボタンが含まれています。

ビューを切り替える

予定表検索またはメール予定表、スワイプして右または左「メール、」「検索」が聞こえるまでまたは「予定表、」に移動し、画面を 2 回タップします。 応答には、現在のビューが発表します。 サウンドが:「選択している、」ビューの名前を続けます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して予定または Outlook で会議をスケジュールするには

Outlook でスクリーン リーダーを使用して会議出席依頼を開封し返信する

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

ナレーターは、組み込みの Windows スクリーン リーダーの調査とそれぞれのビューを移動し、それらの間を移動するOutlook カレンダーを使用します。

注: 

この記事の内容

メインの表示と画面の要素を移動します。

Outlook カレンダーを開いたときに、現在の週の予定表を示す議題ビューが表示されます。 メインの表示と画面要素内を移動するには。

  • 「項目」を聞くし、し、画面の要素間でフォーカスを移動する右または左にスワイプするまでにスワイプします。

  • ボタンの選択可能な要素にフォーカスがあるときに 2 回タップの操作を実行するし、要素を選択します。

メインのビューには、次の地域が含まれています: 上、現在の予定表、および、中央のイベントの一覧にあるメニュー バーと、一番下にあるナビゲーション バー。

メニュー バー

メニュー バーでは、画面の上部にあります。 左上隅を追加または表示する予定表を選択することができますがの [ナビゲーション] ボタンが含まれています。 [詳細を表示する] ボタンを表示または非表示の予定表の現在のビューを使うとも含まれています。

現在の予定表

議題ビューの現在の予定表では、次のいくつかの日のイベントのリストが続きます日選択画面で、現在の週を示しています。 日の選択を参照するには、次または前の日付に移動するには、右または左にスワイプします。 現在選択されている日付に焦点をイベント リストに画面を 2 回タップします。

5 つ以上の週を表示するのには、現在のカレンダーを展開するには、スワイプして右または左が聞こえるまで"詳細を表示する] ボタンが折りたたまれている"を画面を 2 回タップします。 同じボタンを使用して、現在の予定表を縮小できます。

イベントの一覧

1 日の選択] の下にある一覧はイベントの次のいくつかの日、または選択した日の日のパレットから選択した場合。 イベントを参照するには、次または前の日付に移動するには、右または左にスワイプします。 イベントの詳細] ウィンドウにアクセスするに 2 回タップ画面。 [詳細] ウィンドウを終了し、ビューに戻り、議題、「戻る] ボタンが折りたたまれている」と画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプします。

ナビゲーション バー

ナビゲーション バーでは、画面の下部にあります。 ナビゲーション バーで、たとえば、新しいイベントを作成、予定表ビューを変更したり、その他のオプション] メニューにアクセスできます。 [その他のオプション] メニューから、アカウントとOutlook カレンダーの設定にアクセスできます。

アカウントの設定] に移動します。

  1. ウィンドウを開き、その他のオプション、「その他のオプション、折りたたまれている] ボタン、ボタン、」が聞こえるまで右へスワイプし、画面を 2 回タップします。 "その他のオプション、メニュー" と読み上げられます。

  2. 聞こえるまで右にスワイプして、[アカウントの管理] メニューを開くには、「アカウントの管理、ボタン、」と画面を 2 回タップします。 [メニュー、スワイプして右または左、予定表のアカウントの間を移動します。

  3. [アカウントの管理] メニューを閉じて、ビューに戻り、議題、「戻る] ボタンが折りたたまれている」と画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプします。

設定に移動します。

  1. ウィンドウを開き、その他のオプション、「その他のオプション、折りたたまれている] ボタン、ボタン、」が聞こえるまで右へスワイプし、画面を 2 回タップします。 サウンドが:「詳細オプション, メニュー」。

  2. 聞こえるまで右にスワイプすると、[設定] メニューを開くには、「の設定、ボタン、」と画面を 2 回タップします。

  3. [アカウントの管理] メニューを閉じて、ビューに戻り、議題、「戻る] ボタンが折りたたまれている」と画面を 2 回タップが聞こえるまで右へスワイプします。

Outlook の予定表と Outlook のメール アプリ間を移動します。

  1. Outlook カレンダー、ホーム画面に移動するまで右へスワイプは、「開始] ボタンが折りたたまれている」と画面を 2 回タップしを鳴らします。

  2. 「Outlook メール]」と、2 回タップが聞こえるまで右にスワイプする画面です。 Outlook メールを開きます。

  3. 聞こえるまで右へスワイプOutlook カレンダー、 Outlook メール、内に移動する"を起動する] が折りたたまれているボタン] を 2 回タップ] 画面で、右へスワイプが聞こえるまで「すべてのアプリ、ボタン、」と画面を 2 回タップします。 "Outlook の予定表] と [を 2 回タップが聞こえるまで右にスワイプして、アプリの一覧で、画面。 Outlook カレンダーを開きます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して予定または Outlook で会議をスケジュールするには

Outlook でスクリーン リーダーを使用して会議出席依頼を開封し返信する

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

キーボードとナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーを使ってOutlook Web Appを使用して、調査、それぞれのビューに移動し間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Outlook Web App を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 詳細については、「Microsoft Edge のヘルプ」を参照してください。 Outlook Web App は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンドの外部から内部へ、および内部から外部へ移動するには、F6 キーではなく Ctrl + F6 を使用します。 また、一般的なショートカット気に F1 (ヘルプ) Outlook Web Appいない - web ブラウザーに CTRL + O (開く) を適用するとします。

  • Outlook Web Appのレイアウトは、アクセシビリティの高いキーボード ナビゲーションに関する最新の国際ガイドラインに準拠します。 スクリーン リーダーに固有の特定のキーボード ショートカットを使用している場合は、ページで ARIA マークアップを利用できます。

  • 予定表に関連オフ閲覧ウィンドウを使って手順が記載されています。

  • 現在、Outlook.office.com (Outlook on the Web) を更新中です。 一部のユーザーは既に新しい Outlook を使用していますが、それ以外のユーザーは更新が完了するまで従来のバージョンが既定の操作環境として表示されます。 詳細については、「新しい Outlook on the web に関するサポートを受ける」を参照してください。 このトピックの手順は新しい環境に適用されるため、従来の環境から新しい Outlook に切り替えることをお勧めします。 新しい Outlook に切り替えるには、「コマンド、新しい Outlook を試してみる」と読み上げられるまで Ctrl キーを押しながら F6 キーを押し、続けて Enter キーを押します。 「コマンド、新しい Outlook を試してみる」の代わりに「コマンド ツール バー」と読み上げられる場合は、新しい Outlook を既に使用しています。

この記事の内容

メインの表示と画面の要素を移動します。

Outlook Web Appで予定表を開くと、メインのビューが表示されます。 現在の日付を聞くと、その日のイベントがあるかどうか。 今月のイベントの合計数も読み上げられます。 メイン ビュー内を移動し、画面の構成要素。

  • 画面の要素間でフォーカスを移動する] タブの [キーを押します。

  • 順番に、メイン画面の領域のみ (、新しいイベント] ボタン、日付の選択、予定表のリスト、モジュール スイッチャー、予定表ビュー オプション、および予定表ビュー)、ctrl キーを押しながら f6 キーを押して、「ジャンプ先]」のサウンドがの後に移動する地域の名前[Enter キーを押します。

  • ボタンの選択可能な要素にフォーカスがあるアクションを実行するし、要素を選んで Enter キーを押します。

Outlook Web App予定表では、次のメイン ビューと領域が含まれている: 中央の現在の予定表の上、ナビゲーション ウィンドウと右側の議題ビューの水平方向のナビゲーション バー。

水平方向のナビゲーション バー

水平ナビゲーション バーは、画面の上部、URL アドレス フィールドの下にあります。 アプリ起動ツールをクリックし、左側、中央、右側の上でヘルプの設定] などの一般的な情報へのアクセスで検索フィールドに固定されたアプリが含まれています。

の設定] などの一般的な情報にアクセスする場合は、議題ビューの右側にある別のウィンドウが開きます。

ナビゲーション ウィンドウ

ナビゲーション ウィンドウでは、[トップ]、および日付の選択とその下にある予定表] リストにある [新しいイベント] ボタンが表示されます。 ]、[ウィンドウの下部にあるボタンが表示されたクイック アクセスメール予定表連絡先、およびタスクのモジュール セレクターが表示されます。

ウィンドウ内の項目間を移動するには、タブの [キーを押します。

現在の予定表

現在の予定表は、現在予定表の週や月単位などのビューの選択を示しています。 予定表を参照するには、方向キーを押してまたは下向き矢印キーです。

現在の月と年の調査、前後の月を選択または選択 (週の作業の現在の予定表のビューを選択するか月を使用してをするコマンド ツールバーがある、現在の予定表の上部にあります。月、] や [今日)、予定表を共有します。 ツールバー項目間を移動する左または右方向キーを押してし、アイテムを選択して Enter キーを押します。

新しいイベントの作成を開始するには、ctrl キーを押しながら N キーを押します。 イベントの作成ツールには、画面の予定表が置き換えられます。 イベントのフィールド間を移動する] タブの [キーを押します。 "保存ボタン"を聞くし、し、Enter キーを押してになるまでは、イベントを保存するには、shift キーを押しながら Tab キーを押します。 保存せずにイベントの作成ツールを終了するには、esc キーを押します。

ビューを切り替える

「モジュールの切り替えにジャンプする」し、Tab キーを押し、右矢印キーを押して、モジュールし、Enter キーを押して、目的の名前のサウンドが聞こえるまでは、メール連絡先、またはタスクには、予定表から移動、ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。

設定] ウィンドウを開くには、キーを押して] タブの [サウンドが「設定] ボタン、」し、Enter キーを押します。 Tab キーを使用して、目的の設定に移動し、Enter キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して予定または Outlook で会議をスケジュールするには

Outlook on the web および Outlook.com のショートカット キー

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook メールに障碍のあるユーザーにアクセスできるように

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×