スキップしてメイン コンテンツへ
スクリーン リーダーを使用する予定表にプランナー タスクを追加するには

スクリーン リーダーを使用する予定表にプランナー タスクを追加するには

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

キーボードとスクリーン リーダーを使ってMicrosoft Plannerを使用すると、予定表にPlannerタスクを追加できます。 、ナレーターのテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Planner を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 Planner は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Planner には適用されません。

予定表にプランナー タスクを追加します。

  1. 「タスク」を聞くし、Enter キーを押してするまでは、 Plannerメイン] ビューで、shift キーを押しながら Tab キーを押します。 [マイ タスク]ビューが開きます。

  2. 「その他] ボタン、」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで、Tab キー キーを押します。 サウンドが:「自分のタスクを Outlook の予定表に追加する」します。 Enter キーを押します。 「マイ タスク」フィード iCalendar と Outlook 予定表に追加] ダイアログを開きます。

    注: 計画の所有者は、iCalendar の前に、予定表にインポートできますフィードを有効にする必要があります。

  3. Tab キーを押します。 サウンドが:「このオプションを選択すると、発行を取り消す」。 ICalendar 形式でPlannerタスクを発行するには、「発行選択すると、」が聞こえるまでに下方向キーを押します

  4. ICalendar のフィードを自分の予定表に、インポートするには、次のいずれかの操作を行います。

    • Tab キーを 1 回押します。 「グループ」と読み上げられます。 Outlook入る iCalendar をインポートするには、enter キーを押します。

    • Tab キーを 2 回押します。 フィード、コピーして貼り付け、予定表にインポートしている iCalendar の HTTP アドレスが聞こえます。

  5. 「を閉じると、」と「タスク」フィード iCalendar と Outlook 予定表を追加するダイアログ ボックスを閉じ、Enter キーを押してが聞こえるまで、shift キーを押しながら Tab キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して並べ替えし、プランナーでボード上のタスクを注文します。

Microsoft プランナーで整理チーム作業に対応

Microsoft プランナーのショートカット キー

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して Microsoft Planner 内を移動する方法

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×