スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

スクリーン リーダーを使用して Word の中を移動する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとスクリーン リーダーを調査し、それぞれのビューを移動し、間を移動するWordを使用します。 ナレーター、JAWS、NVDA とテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

Wordメイン ビューには、次の主な機能が含まれています。

  • クイック アクセス ツールバーおよびタイトル バー、画面の上部にあります。

  • [クイック アクセス ツールバー] などのタブファイルホーム挿入レイアウト校閲、およびビューと併せてアシスト検索フィールドには、共有が含まれているリボン タブの行] ボタン。 リボンの [現在選択されている] タブに固有のオプションを含むについては、リボンのタブの行の下にあるすぐにあります。

  • メイン コンテンツ領域は、リボンの下にある、ドキュメントのコンテンツが含まれています。 メイン コンテンツ領域またはその下にある側に開くことができるウィンドウ枠のオプションがあります。

  • 文書のページ数、単語数、言語、およびズーム レベルなどの統計情報を含む、画面の下部にあるステータス バー。

ビューの主な要素を切り替えるには、それぞれ「リボン タブ」] ウィンドウを開く、または「ステータス バーで、」の名前、文書の名前が聞こえるまで F6 キーを押します。

クイック アクセス ツールバーとタイトル バーを移動するには、alt キーを 1 回押します。 サウンドが: リボンのタブ。 Enter キーを押してをオンにし、目的のオプションが聞こえるまで、shift キーを押しながら Tab キーを押します。

リボンのタブを移動するには、左キーを押してまたは] タブの名前を聞くかを制御するまで、右矢印キーを必要しして選び、Enter キーを押します。 リボンのタブ間を移動するキーボード ショートカットを使用することもできます。

リボンには、[リボン タブから移動するには、1 回 Tab キーを押します。 リボンの最初のオプションの名前が聞こえます。 リボンのオプション間を移動するには、必要なオプションを選択して Enter キーを押してが聞こえるまで] タブの [キーを押します。 直接オプションを選択するのにキーボード ショートカットを使用することもできます。

ステータス バーを移動するには、上矢印または下矢印キーを選択して Enter キーを押して] タブまたはコントロールの名前が聞こえるまでします。

ビュー間を移動します。

メインのビューでは、に加えてWordによく使用されるビューは、次があります。

  • ファイルメニュー、新規開いている]、[保存などのコマンドが含まれています。

    [ファイル] メニューを開くには、alt キーを押しながら F キーを押します。 「ファイル]、[情報」のサウンドがされ、[情報] タブを開きます。 [ファイル] メニューを移動するには、方向キーを押して上下の矢印キーし、enter キーを押してタブを開き、目的のメニュー項目が聞こえるまでします。 メニューの [ファイル] タブ内を移動するには、必要なオプションが聞こえるまで Tab または Shift + tab キーを押します。

    [ファイル] メニューを終了して、メインのビューに戻り、Esc キーを押します。

  • 個人用の設定] など、 Word設定が含まれている [オプション] ウィンドウの校正言語を設定し、設定します。

    オプションウィンドウを開くには、alt キーを押しながら F、T. をキーを押します。サウンドが:"Word のオプション"。 カテゴリを移動するには、ウィンドウの [コンテンツ] ウィンドウにフォーカスを移動する Tab キーを押し、カテゴリの名前の名前が聞こえるまで下方向矢印キーを押します。 [コンテンツ] ウィンドウ内を移動するには、方向キーを押して方向キーと下までのサウンドが必要なオプションを選択して Enter キーを押します。

    オプションウィンドウを終了して、メインのビューに戻り、キーを押して] タブの ["OK、"を聞くして Enter キーを押します。 変更を加えずにメインのビューに戻るには、esc キーを押します。

  • 閲覧モードビューは閲覧のテキストを見やすくするために設計されており、手書きではなく閲覧するためのツールが含まれています。

    閲覧モードを有効にするには、alt キーを押しながら W キーをトレイ キーを押します。閲覧モードを使用する方法の詳細については、読み取りモードを使用するを参照してください。

    閲覧モードを終了するには、esc キーを押します。

  • ナビゲーションウィンドウで、簡単に文書のある場所から別に移動することができます。 見出し、ページ、または検索結果に基づいたドキュメントを移動することができます。

    切り替えるナビゲーションウィンドウとオフを切り替えるには、alt キーを押しながら W キーの K キーを押します。ナビゲーション ウィンドウを使用する方法の詳細については、ナビゲーション ウィンドウを使用するを参照してください。

文書を使ってみる

ヒント: テキスト ボックスや画像などの最初のフローティング シェイプにフォーカスをすばやく移動するには、Ctrl キーと Alt キーを押しながら 5 キーを押します。 次に、フローティング シェイプを切り替えるには、Tab キーを押します。 標準のナビゲーションに戻るには、Esc キーを押します。

スキャン モードを使用します。

文書のテキストを移動するには、スクリーン リーダーでのスキャン モードを有効にします。 ナレーターの capslock + space キーを押します。

スキャン モードを有効になっている、使用し、下向き方向キーに段落とその他の要素間で切り替えると、ドキュメントを移動することができます。 スクリーン リーダーでは、すべてのテキスト、し自体の段落書式を読み上げます。

閲覧モードを使用する

Wordの閲覧モードでは、読み上げなど、テキストの読み上げに最適化する機能が含まれています。

  • 閲覧モードを有効にするには、alt キーを押しながら W キーをトレイ キーを押します。

  • 閲覧モードでは、全画面閲覧メニューに移動するには、alt キーを押しし、[メニュー] タブ、enter キーを押してをオンにし、目的の名前が聞こえるまで Tab キー キーを押します。

  • 読み上げを使用して、alt キーを押しながら W キーを閲覧モードで R キーを押します。 閲覧のコントロールにアクセスするをし、enter キーをオンにする] オプションが聞こえるまで Tab キーを押しします。

    注: 最適な結果の読み上げに使用する前に、スクリーン リーダーをオフにすると便利なポイントがある場合があります。

ナビゲーション ウィンドウを使用します。

ナビゲーションウィンドウを使用すると、見出し] または [文書の検索結果にすばやく移動します。

  1. ナビゲーションウィンドウにするには、alt キーを押しながら W キーの K キーを押します。

  2. メインのビューからナビゲーションウィンドウにフォーカスを移動、する必要があるまで F6 キーを押します。 [ナビゲーション] にします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 目的の見出しに移動するを使用してまたはし、enter キーを押して、フォーカスを目的のポイントにメインのビューで、文書に戻るには、目的の 1 つが聞こえるまで、下向き矢印キーします。

    • 「文書の検索」し、検索語句を入力し、Enter キーを押しますが聞こえるまでは、[ナビゲーションウィンドウの検索フィールドを使用するには、上方向キー キーを押します。 サウンドが:「次にあります」。 検索結果を交互に、目的の形になるまで Enter キーを押します。

ズームを使って表示内容を拡大または縮小する

拡大して文書の一部を大きく表示したり、縮小表示して、ページ サイズを小さくの詳細を確認します。

  1. Alt キーを押しながら W キーを Q キーを押します。スクリーン リーダーを使っている場合のサウンドが「ズーム」または「ウィンドウを拡大します」

  2. 到達%スピン、パーセンテージを入力するかを使用してまで、またはパーセンテージを変更するのには、矢印キーを押し] タブの [キーを押します。

  3. 表示されるまで[OK ] ボタンを押しながら Enter キーを押して、Tab キーを押します。

検索機能を使用する

すばやくオプションを探したりアクションを実行したりするには、[検索] テキスト フィールドを使用します。 [検索] 機能の詳細については、「Office の Microsoft Search を使用して必要な情報を探す] を参照してください。

  1. アイテムを選択するか、ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートにアイテムを配置し、そこでアクションを実行します。 たとえば、Excel スプレッドシートでは、セルの範囲を選択します。

  2. [検索] テキスト フィールドに移動するには、Alt + Q キーを押します。

  3. 実行するアクションの検索語句を入力します。 たとえば、箇条書きリストを追加する場合は、[箇条書き] と入力します。

  4. 下方向キーを押して、検索結果を参照します。

  5. 該当する結果が見つかったら、Enter キーを押してそれを選択し、アクションを実行します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Windows 版 Microsoft Word のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Word 文書に障碍のあるユーザーにアクセスできるように

キーボードと VoiceOver、組み込みの Mac OS のスクリーン リーダーを使ってWord for Macを使用して、調査、それぞれのビューに移動し間を移動します。

注: 

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

Wordでメインのビューを移動するには、キーを押します (転送) の f6 キーと shift キーを押しながら f6 キーを押します (下位)。 フォーカスのメインのビューで、次の領域を移動します。

  • ドキュメントのコンテンツ領域

  • 現在選択されているリボン タブ

  • クイック アクセス ツール バー

  • ステータス バー

  • ナビゲーション ウィンドウが有効な場合

リボンのタブに移動します。

リボン タブは、 Wordのメイン メニュー バーです。 リボンに達するまでのタブ、f6 キーを押して、リボン、現在選択されている] タブの [サウンドがたとえば、「ホーム] を選択、] タブの [。」 タブ間を移動するには、右または左方向キーを使用します。 タブを選択するには、space キーを押します。 その下にある] タブの [固有のリボンが表示されます。 選択したリボンを参照する方法については、移動リボンに移動します。

一般的なタブと各タブに何ができるの例をいくつかの一覧を示します。

  • Home

    書式を設定し、テキストと数字を配置します。

  • Insert キー

    ドキュメント内に、表、画像、図形、そのグラフを挿入します。

  • 描画

    フリーハンドの描画ツールを使用します。

  • デザイン

    テーマを選択、段落の間隔を調整する透かしやページ罫線を追加します。

  • レイアウト

    余白、印刷の向き] ページのサイズを設定します。

  • 参考資料

    コンテンツ、脚注、およびクロス リファレンスのテーブルを追加します。

  • 差し込み印刷

    宛名ラベル] または [送信できる複数のユーザーに直線Wordからドキュメントを作成します。

  • 校閲

    スペル チェックと文書内のユーザー補助機能のコメントと注釈を使用して他のユーザーと共同作業する.

  • 表示

    印刷レイアウトなどのビューを選択し、ページのズーム レベルを設定、ラーニング ツールにアクセスします。

リボンを移動します。

右のリボン タブに移動した後、前述のリボン タブに移動することは、リボンに移動して、そのコマンドとオプションを参照] タブの [キーを押します。 逆方向に移動するには、Shift + Tab キーを押します。 リボンのままに F6 キーを押してを選んで、または Space キーを押します。

ヒント: コマンドと各リボンのオプションにアクセスするキーボード ショートカットを使用する方が効率的なはします。 詳細については、 Word for Mac のキーボード ショートカットを参照してください。

ビュー間を移動します。

メインのビューでは、に加えてWordによく使用されるビューは、次があります。

  • [スタート] ページでアクセスするWordアプリを開いたときにします。 [スタート] ページで、新しいドキュメントを作成、テンプレートを参照、既存の文書を開くでき、アカウント情報にアクセスできます。

    後で、[スタート] メニューに戻るには、「ファイルのボタン」し、Space キーを押してが聞こえるまで f6 キーを押します。 サウンドが:「新しいおよび最近使用したファイルを開く」します。 メニューに移動するには、Tab キーまたは右または左方向キーをキーを押します。 選択するには、Space キーを押します。

  • [アプリ] メニューが含まれているその他のメニューとコマンドの選択] などのテキストを編集して、表の書式設定します。 アプリ] メニューにフォーカスを移動するには、コントロール + オプション + M キーを押しメニューが聞こえるまで Tab キー キーを押します。

    たとえば、[ファイル] メニューで新しい文書を既存のドキュメントを開く、保存、共有、したりWordオプションにアクセスして、現在作業中のファイルを印刷できます。 [ファイル] メニューを開くには、コントロールと Option キーを押しながら M キーを押します。 「ファイル、」再生し、Space キーを押してするまで、Tab キー キーを押します。 [ファイル] メニューを移動するには、↑ キーまたは下向き方向キーです。 サブメニューを開くには、右矢印キーを押します。 選択するには、Space キーを押します。

    [ファイル] メニューを閉じて、ワークシートに戻り、Esc キーを押します。

  • Word の [環境設定] ウィンドウで [オート コレクトとリボンのオプションなどのWord設定にアクセスできます。

    Word の [環境設定] ウィンドウを開くには、[コマンド + カンマ (,) キーを押します。 ウィンドウ内の移動] タブの [キーを押します。 設定を選択するには、Space キーを押します。 [設定] ダイアログを開きます。 設定] ダイアログ ボックスを移動するには、Tab キーまたは方向キーを押します。 選択するには、Space キーを押します。

    Word 環境設定] ウィンドウを閉じて、ワークシートに戻り、Esc キーを押します。

文書を使ってみる

Wordのドキュメントを開くときに、コンテンツ領域にフォーカスがあります。 "テキストの編集、"が聞こえるまで f6 キーを押してから、内容表示域、フォーカスを移動している場合は、文書内でカーソルを続けます。 コンテンツ領域内を移動するいくつかの方法があります。

ショートカット キーを使用する

ナビゲーションのショートカットの一覧、 Word for Mac のキーボード ショートカットを参照してください。

文書の本文にフォーカスがある場合は、コンテンツを扱うコントロール + オプション + shift キーを押しながら下方向キーを押します。

  • 文書の先頭に移動するには、コマンド + Home または Fn + コマンド キーを押しながら左方向キーを押します。

  • 左または右に 1 単語を移動するには、オプション + 左または右方向キーを押します。

  • 1 つの段落を上または下へ移動するにコマンド + 下方向キーを押してまたは方向キーをセットアップします。

  • 前の挿入位置に移動するには、shift キーを押しながら f5 キーを押します。

  • コンテンツの操作を停止するには、コントロール + オプション + shift キーを押しながら上方向キーを押します。

VoiceOver ローター、クイック ナビゲーション、またはアイテムの選択] ダイアログ ボックスを使用します。

項目に直接移動するには、ローター、クイック ナビゲーションは、アイテムの選択などの VoiceOver の機能を使用できます。 たとえば、セクションの見出しまたはリンクに直接移動できます。

  • ローターを開くには、Control + オプション + U キーを押します。

  • アイテムの選択] ダイアログ ボックスを開くには、Control + オプションを押しながら I キーを押します。

  • クイック ナビゲーション ライセンス認証を行うには、同時に右または左方向キーを押します。

VoiceOver の機能を使用する方法の詳細については、 VoiceOver 入門ガイドを参照してください。

ナビゲーション ウィンドウを使用する

すばやくが表示されます。 文書の本文の左側にナビゲーション ウィンドウを使用して全体のページ間を移動できます。

  1. 名前を使用している] タブのたとえば、「ホーム] が選択されて、] タブの [」が聞こえるまで f6 キーを押す

  2. Control + オプション + 右方向キーを押して、サウンドが「ビューで、タブの [」コントロール + オプション + space キーを押します。

  3. Tab キーを押し、"ナビゲーション ウィンドウ、オフ、チェック ボックス" と聞こえたら、Control + Option + Space キーを押してウィンドウをオンにします。 サウンドが:「サイド バー,] 作業ウィンドウ」。 ナビゲーション ウィンドウにフォーカスが移動します。

  4. 方向キーを押して、コントロール + オプション + shift キーを押しながら方向キーが聞こえるまで: ビュー、リボンします。

  5. ナビゲーション ウィンドウにフォーカスを移動、「サイドバー] 作業ウィンドウで、」を聞くし、コントロール + オプション + shift キーを押しながら下方向キーを押しますになるまでコントロール + オプション + 右方向キー キーを押します。

  6. 「文書のサムネイル」を聞くし、コントロール + オプション + shift キーを押しながら下方向キーを押しますになるまで、Control + オプション + → キーを押します。 VoiceOver によってページ数と現在のページが伝えられます。

  7. ページ間を移動するには、Control + オプション + ダウンを押すか、ページに移動するにはコントロール + オプション + Space キーを押して、目的のサウンドがされるまで、方向キーをセットアップします。

フォーカスが選択されたページのテキストに移動します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Word for Mac のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Word 文書に障碍のあるユーザーにアクセスできるように

キーボードと VoiceOver、組み込みの iOS スクリーン リーダーを使ってWord for iOSを使用して、調査、それぞれのビューに移動し間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • Word for iOS のタッチ機能については、「Word for iPhone タッチ ガイド」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

Wordメイン ビューには、次の主な機能が含まれています。

  • トップ メニュー バー閉じる共有、およびファイルなどのオプションが含まれます。

  • ドキュメント コンテンツ領域トップ メニューの下に表示され、画面の大多数を占めます。

  • 文書の太字下線、およびリストなどのオプションを書式設定が含まれている、クイック ツール バーときの外観、画面の下部にあるコンテンツ領域に編集可能な要素を選択します。

  • 必要に応じて、画面の下部からがポップアップ表示され、さまざまなツールが含まれているいくつかのタブを含むリボン メニュー。

トップ メニュー バーに移動するには、ドキュメントのコンテンツにスワイプしては、「ファイル」が聞こえるまで左します。 1 つが聞こえるまでトップ バーのオプション、左右にスワイプしてメニューを選択するには、し、目的し、画面を 2 回タップします。

クイック ツール バーに移動すると、まで右へスワイプ聞く、必要なオプションを選択して画面を 2 回タップし、[ドキュメントの編集可能な要素を選択します。

リボン メニューに移動すると、「リボンを表示」と画面を 2 回タップが聞こえるまでトップ メニュー バー、スワイプして左に移動します。 現在選択されているリボンの [メニュー] タブの [サウンドがします。 タブを変更するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右、目的のタブと [二重-] タブの [画面の名前が聞こえるまで。 リボン メニューで、左にスワイプまたは右に移動すると、オプションが聞こえるまでにして選択して画面を 2 回タップします。

ビュー間を移動します。

メインのビューでは、に加えてWordによく使用されるビューは、次があります。

  • [ファイル] メニューコピーの保存エクスポート、および印刷などのオプションが含まれます。

    [ファイル] メニューを開くには、スワイプして左「ファイル」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまでを使用します。 メニューのスワイプして左または右を移動アイテムが聞こえるまで、ダブルタップで画面。 しないと、メニューをスワイプして左「完了」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまでを使用します。

  • 検索ビュー、文書内の検索結果を参照することができます。

    検索ビューを使用するには、「検索」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまでのままにスワイプします。 使用して、検索の単語を入力、スクリーン キーボードします。 結果サイクル検索するには、ドキュメント、スワイプして左「次の検索結果:」または「前検索の結果」を聞くと、画面を 2 回タップになるまでします。 まで、ドキュメントのコンテンツにフォーカスがある [検索] ビューで、右へスワイプのままにし、画面を 2 回タップします。

文書を使ってみる

文書のテキストを表示するには、スワイプして右または左 VoiceOver の] 現在開いているページをお知らせが聞こえるまで続けて「コンテンツ」を選択します。 スクリーン リーダー ナビゲーション モードで、見出し、段落、行、または、単語などの変更の上下のスワイプと右または左にスワイプして移動します。

VoiceOver ローターを使って、上下にスワイプした場合に文書内をどのように移動するかを選びます。 たとえば [単語] を選ぶと、スワイプするたびに、挿入ポイントが文書内の単語間を移動します。

文書をスクロールするには、3 本の指で上下をスワイプします。 画面から指とき、VoiceOver を使っているページを表します。

ページ レイアウトビューを使用して、簡単に閲覧、テキストを編集する、ページ上のテキストの量を増やすし、スマート フォンの小さい画面にコメントを追加します。 左またはに到達するまで、ページ レイアウト] ボタン、画面を 2 回タップし、右にスワイプします。

IPhone 用の Word の操作に関する注意事項

外付けキーボードで VoiceOver を使用します。

外付けキーボードで VoiceOver を使っていて、ショートカット キーを使いたい場合は、必ず QuickNav をオフにしてください。 外付けキーボードで、左右の方向キーを同時に押します。 VoiceOver によって、QuickNav がオフであることが通知されます。 方向キーをもう一度押して、QuickNav をオンにします。

キーボード ショートカットについては、「Word for iPhone でキーボード ショートカットを使用する」を参照してください。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word for iPhone でキーボード ショートカットを使用する

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Word 文書に障碍のあるユーザーにアクセスできるように

キーボードと TalkBack、組み込みの Android スクリーン リーダーを使ってWord for Androidを使用して、調査、それぞれのビューに移動し間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • Word for Android のタッチ機能については、「Word for Android タッチ ガイド」を参照してください。

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

Wordメイン ビューには、次の主な機能が含まれています。

  • トップ メニュー バーを保存して閉じますなどを元に戻す場合は、メニューオプションが含まれます。

  • ドキュメント コンテンツ領域トップ メニューの下に表示され、画面の大多数を占めます。

  • 文書の書式設定オプションなど、太字下線、およびリストを含むクイック ツール バー。 コンテンツ領域に編集可能な要素が選択されている画面の下部に表示されます。

  • 必要に応じて、画面の下部からがポップアップ表示され、さまざまなツールが含まれているいくつかのタブを含むリボン メニュー。

トップ メニュー バーに移動するには、ドキュメントのコンテンツに「メニュー」が聞こえるまでのままにスワイプします。 いずれかの名前が聞こえるまで] ボタン、左右にスワイプしてバー上を選択し、目的し、画面を 2 回タップします。

クイック ツール バーに移動すると、まで右へスワイプ聞く、必要なオプションを選択して画面を 2 回タップし、[ドキュメントの編集可能な要素を選択します。

リボン メニューに移動すると、"その他のオプション] を聞くと、画面を 2 回タップになるまで、バーの右へスワイプ クイック ツールに移動します。 現在選択されているリボンの [メニュー] タブの [サウンドがします。 タブを変更するに 2 回タップの画面で、[左にスワイプまたは右するまでは、目的のタブと [二重-] タブの [画面の名前を聞きます。 リボン メニューで、左にスワイプまたは右に移動すると、オプションが聞こえるまでにして選択して画面を 2 回タップします。

ビュー間を移動します。

メインのビューでは、に加えてWordによく使用されるビューは、次があります。

  • コピーの保存エクスポート、および印刷などのファイルのコマンドを表示するファイル] メニュー。

    [ファイル] メニューを開くには、スワイプして左「ファイル」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまでを使用します。 メニューのスワイプして左または右を移動アイテムが聞こえるまで、ダブルタップで画面。 しないと、メニューをスワイプして左「完了」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまでを使用します。

  • 検索バー、文書内の検索結果を参照できます。

    検索バーを使用するには、左スワイプし、画面を 2 回タップし、「検索」が聞こえるまでします。 [スクリーン キーボードを使用して検索する用語を入力します。 ドキュメント、「前の検索」が聞こえるまでスワイプまたは「次を検索、」の検索結果に切り替えると画面を 2 回タップします。 右へスワイプ、検索バーを閉じるには、「検索バーを閉じる」と画面を 2 回タップしを鳴らします。

文書を使ってみる

右へスワイプ、文書のテキストを調査または現在開いているページを通知のスクリーン リーダーが聞こえるまでのままにし、「コンテンツ」します。 スクリーン リーダー ナビゲーション モードで、見出し、段落、行、または、単語などの変更の上下のスワイプと右または左にスワイプして移動します。

TalkBack スクリーン リーダーを使うし、タッチ ジェスチャ

Word for Android を組み込みの Android スクリーン リーダーの TalkBack と連携させます。 TalkBack が有効になっていると、デバイスで選択、またはアクティブ化したものが音声で説明されます。 これには、Word の画面、メニュー、ポップアップ ウィンドウの内容に加えて、コマンド、場所、リスト、ボタンが含まれます。

グローバル コンテキスト メニューとローカル コンテキスト メニューを使用する

TalkBack で移動する際に、2 つのコンテキスト メニューを使って、設定とコントロールを見つけることができます。 グローバル コンテキスト メニューには、どこでも動作可能なコマンドが含まれています。 ローカル コンテキスト メニューのコマンドは、フォーカスされている項目に依存します。

グローバル コンテキスト メニューとローカル コンテキスト メニューの詳細については、「グローバル コンテキスト メニューとローカル コンテキスト メニュー」を参照してください。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Word でスクリーン リーダーを使用して実行する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Word 文書に障碍のあるユーザーにアクセスできるように

ナレーターは、組み込みの Windows スクリーン リーダーの調査とそれぞれのビューを移動し、それらの間を移動するWord Mobileを使用します。

注: 

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

Wordメイン ビューには、次の主な機能が含まれています。

  • トップ メニュー バー、検索モバイル ビュー、および共有などのコマンドが含まれています。

  • ドキュメントのコンテンツ、トップ メニューの下に表示され、画面の大多数を占めます。

  • 複数のリボン タブに、画面の下部から表示され、ドキュメントの作成および書式設定など、太字下線、およびリストに関連するコマンドが含まれている、コマンド パレットが区切られます。

トップ メニュー バーに移動するには、ドキュメントのコンテンツが聞こえるまで右にスワイプして:「ファイル」。 いずれかの名前が聞こえるまで] ボタン、左右にスワイプしてバー上を選択し、目的し、画面を 2 回タップします。

コマンド パレットに移動すると、「パレット、他のオプション、コマンド」と画面を 2 回タップという言葉がするまで右へスワイプします。 現在選択されているタブが読み上げられます。 タブを変更するには、2 回タップ、画面をスワイプまたは右し、目的の画面を 2 回タップし、タブの名前が聞こえるまで。 メニューの左にスワイプまたは右に移動すると、オプションが聞こえるまでにして選択して画面を 2 回タップします。

ビュー間を移動します。

メインのビューでは、に加えてWordによく使用されるビューは、次があります。

  • Backstageビューを開く]、[保存]、[印刷などのファイルのコマンドが含まれています。

    Backstageビューを開くには、まで右へスワイプ「ファイル、」再生して、画面を 2 回タップします。 メニューのスワイプして左または右を移動アイテムが聞こえるまで、ダブルタップで画面。 Backstageビューを終了するには、スワイプして左「戻ると、」と画面を 2 回タップしが聞こえるまでを使用します。

  • 検索バー、文書内の検索結果を参照できます。

    検索ビューを使用するには、「検索」を聞くと、画面を 2 回タップしになるまでのままにスワイプします。 使用するために、検索する語句を入力、スクリーン キーボードします。 結果サイクル検索するには、ドキュメント、スワイプして左「次を検索する場合」または「、前の検索」を聞くと、画面を 2 回タップになるまでします。 検索の編集が終了したら、「閉じる検索バー、」と、2 回タップが聞こえるまで右にスワイプする画面です。

文書を使ってみる

「コンテンツ」を選択します後に、現在開いているページを通知するリーダーの画面が聞こえるまで左、右へスワイプまたは文書のテキストを操作するには スクリーン リーダー ナビゲーション モードで、見出し、段落、行、または、単語などの変更の上下のスワイプと右または左にスワイプして移動します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用して箇条書きリストまたは番号付きリストを作成する

Word Mobile for Windows 10 で外付けキーボードのショートカット キーを使う

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Word 文書に障碍のあるユーザーにアクセスできるように

キーボードとスクリーン リーダーを調査し、それぞれのビューを移動し、間を移動するWord Onlineを使用します。 ナレーター、JAWS、NVDA とテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • Word Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットはデスクトップ プログラムとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく Ctrl + F6 キーを使用します。 また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) のような共通のショートカットは Web ブラウザーには適用されますが、Word Online には適用されません。

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

ビュー間を移動します。

文書を使ってみる

操作アシストを使用する

メインのビュー内を移動します。

Word Onlineメイン ビューには、次の主な機能が含まれています。

  • タイトル バーを他のアプリケーションでは、名前と現在開いているファイルのパスを表示するための [リストの Microsoft サービス] ボタンが含まれています。

  • 実行する操作アシストするだけでなく、ファイル自宅挿入ページ レイアウト参照校閲ビュー、およびヘルプには、画面の上部にあるリボンのタブのタブします。フィールドです。 現在選択されている] タブに固有のボタンが含まれているリボンについては、リボンのタブの行の下にあるすぐにあります。

  • ドキュメントのコンテンツを含む、リボンの下のメイン コンテンツ領域です。

  • 文書のページ数、単語数、言語、およびズーム レベルなどの統計情報を含む、画面の下部にあるステータス バー。

メイン表示要素間の切り替え、ctrl キーを押しながら f6 キーを押して、「Microsoft サービスの一覧」のサウンドが、現在選択されているリボン タブ、「編集領域」、または現在のページ番号、それぞれします。

タイトル バーをリボンのタブにあるステータス バーを移動するには、選択して、enter キーを押して開きます] タブまたはコントロールの名前が聞こえるまで Tab キーまたは Shift + tab キーを押します。

リボンには、[リボン タブから移動するには、Ctrl キーを押しながら Enter キーを押します。 リボンの最初のボタンの名前が聞こえます。 リボンのボタンの間を移動するには] ボタンを選択して Enter キーを押しての名前が聞こえるまで Tab キーまたは Shift + tab キーを押します。

ビュー間を移動します。

メインのビューでは、に加えてWordによく使用されるビューは、次があります。

  • ファイルメニュー、新規開いている]、[保存などのコマンドが含まれています。

    [ファイル] メニューを開くには、alt キーを押しながら Windows ロゴ キーをトレイ キーを押します。「メニューを閉じる]」を聞くし、メニューを閉じる] ボタンにフォーカスがある、 [ファイル] メニューを開きます。 タスクを移動するには、 [ファイル] メニューには、し、enter キーを押してタブを開き、目的のメニュー項目が聞こえるまで Tab キーまたは Shift + tab キーを押します。 メニューの [ファイル] タブ内を移動するには、必要なオプションが聞こえるまで Tab キーまたは Shift + tab キーを押します。

    「[閉じる] メニューの [」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまでは、 [ファイル] メニューのままに shift キーを押しながら Tab キーを押します。

  • 閲覧表示されるテキストを読みやすくが対応しています。

    さらに、閲覧表示でWord Onlineでは、ユーザー補助する読みやすく、スクリーン リーダーを使用しているユーザーに提供します。 アクセシビリティ モードでは、 Word Onlineは、ブラウザーでタグ付けに Portable Document Format (PDF) のバージョンのファイルを表示します。 スクリーン リーダーが、ブラウザーでその PDF バージョンのテキストと書式を読み上げます。

    閲覧表示を有効にするには、alt キーを押しながら Windows ロゴ キー、W、トレイ キーを押します。Enter キーをオンにし、目的のオプションが聞こえるまではを閲覧表示] ツールバーに移動すると、shift キーを押しながら Tab キーを押します。

    Microsoft Edge でナレーターを使用している、 Word Online自動的にモードに切り替わりますアクセシビリティ閲覧表示を開くたびにします。 「ユーザー補助モード]」を聞くし、Enter キーを押してするまでにアクセシビリティ モードを手動で切り替えるオンまたはオフにするには、shift キーを押しながら Tab キーを押します。

    「文書の編集」を聞くし、Enter キーを押してするまでは、閲覧表示を終了するには、shift キーを押しながら Tab キーを押します。 サウンドが:「Word で編集します」。 Wordで、ドキュメントを開くには、[Enter キーを押します。 Word Onlineに戻るには、1 回 Tab キーを押します。 "ブラウザーで編集する" と読み上げられます。 Enter キーを押します。

  • ナビゲーション ウィンドウで、簡単に文書のある場所から別に移動することができます。 見出し、ページ、または検索結果に基づいたドキュメントを移動することができます。

    切り替えるナビゲーション ウィンドウのオンとオフを切り替えるには、alt キーを押しながら Windows ロゴ キー、W の K キーを押します。ナビゲーション ウィンドウを使用する方法の詳細については、ナビゲーション ウィンドウを使用するを参照してください。

文書を使ってみる

ナビゲーション ウィンドウを使用する

ナビゲーション ウィンドウを使用して、迅速かつ簡単に文書の見出し間を移動することができます。

  1. ナビゲーション ウィンドウにするには、alt キーを押しながら Windows ロゴ キー、W の K キーを押します。

  2. メインのビューから、ナビゲーション ウィンドウにフォーカスを移動するが聞こえるまでに ctrl キーを押しながら f6 キーを押して:「閉じる」します。

  3. 見出しに移動するには、「見出し」を再生し、Enter キーを押して] タブの [キーを押します。 見出しに移動するには、し、enter キーを押して、フォーカスを目的のポイントにメインのビューで、文書に戻るには、目的の 1 つが聞こえるまで Tab キーを押しします。

文書を拡大/縮小します。

  1. ステータス バーにフォーカスを移動するには、Ctrl キーを押しながら F6 キーを押します。 現在のページが聞こえます。

  2. パーセントおよび「の拡大レベル、」拡大/縮小し、enter キーを押して [ズーム] ダイアログを開くには、現在が聞こえるまで tab します。

  3. 「[OK] ボタン」を再生するときに、現在選択されているズーム レベルが聞こえるまで Tab キー キーを押します。

  4. 倍率を選択するには、使用してまたは下方向キーします。

  5. 率を再生するときに、"OK、"を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで] タブの [キーを押します。

操作アシストを使用する

コマンドをすばやく検索するには、[操作アシスト] を使用します。 [操作アシスト] 機能の詳細については、こちらのビデオをご覧ください。Using Tell Me to get things done quickly with a screen reader and keyboard ([操作アシスト] を使用して、スクリーン リーダーとキーボードですばやく作業する)

[操作アシスト] を使用してコマンドを検索するには、次のように操作します。

  1. 処理を実行するセルまたはセル範囲を選択します。

  2. Alt キーと Q キーを押して、[操作アシスト] 編集フィールドに移動します。

  3. 実行するコマンドを入力します。 たとえば、"箇条書き" と入力します。

  4. 下矢印キーを使用して、検索結果を参照します。Enter キーを押していずれかを選びます。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

スクリーン リーダーを使って Word Online の文書をダウンロードする

Word Online のショートカット キー

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Word 文書に障碍のあるユーザーにアクセスできるように

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×