スクリーン リーダーを使用して OneNote を調査して

スクリーン リーダーを使用して OneNote を調査して

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードとスクリーン リーダーを調査し、それぞれのビューを移動し、間を移動するOneNoteを使用します。 、ナレーターのテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

F6 (転送) または shift キーを押しながら F6 (下位) を次の順序でメインのビューの要素を順番にキーを押します。

  • メイン コンテンツ領域を現在のページの内容を表示します。

  • [ページ全体のビュー] ボタン。 詳細については、ページ全体のビューを参照してください。

  • リボン タブの行] など、ファイルHome挿入描画履歴校閲ビューとフィードバック] ボタンのタブが含まれます。 リボンの [現在選択されている] タブに固有のオプションを含むについては、リボンのタブの行の下にあるすぐにあります。

  • 他のノートブックに切り替える] ボタンと同様に、現在のノートブックのすべてのセクションが含まれているセクション] タブの [のコレクションです。

  • 現在のセクション内のすべてのページを含むページ] タブのコレクションです。

  • 検索ボックスに次のスコープ オプションを使用することができます。

    • 現在のページ

    • 現在のセクション

    • 現在のセクション グループ

    • 現在のノートブック

    • すべてのノートブック

リボンのタブに移動するには、alt キーを押します。 「リボン タブ」に続けて、現在選択されている] タブの名前が聞こえます。 リボンのタブ間を移動するには、左または右方向キーを使用します。

リボンには、[リボン タブから移動するには、[Enter キーを押します。 リボンの最初のオプションの名前が聞こえます。 リボンのオプション間を移動するにキーを押します (転送) キーまたは shift キーを押しながら Tab (下位) enter キーをオンにし、目的のオプションが聞こえるまで。

直接オプションを選択するのにキーボード ショートカットを使用することもできます。

ビュー間を移動します。

メインのビューでは、よく使用されるビューは、次にOneNoteあります。

[ファイル] メニュー

[ファイル] メニューで新規作成開く共有エクスポート、および送信] などのコマンドにアクセスしたり、 Officeアカウント情報にアクセスできます。

  1. Alt + F キーを押して [ファイル] メニューを開きます。

  2. メニューの [タブ間を移動するには、上向きを押すか、下向き方向キーのいずれかを選択] タブの [キーを押しますが聞こえるまでします。 方向キー、Tab キーを使用して、タブに移動してに Enter キーを押します。

  3. [ファイル] メニューを閉じて、メインのビューに戻り、Esc キーを押します。

オプション ウィンドウ

OneNoteのオプション] ウィンドウで、[設定にアクセスする個人設定など校正言語を設定し、設定します。

  1. Alt キーを押しながら F、Tオプション] ウィンドウを開くキーを押します。

  2. 項目のオプション間を移動するには、上向きを押すか、下向き方向キーのいずれかを選択] タブの [キーを押しますが聞こえるまでします。 Tab キー (転送) を押します。 shift キーを押しながら Tab (下位) のカテゴリで別のオプション間を移動して、現在選択されているオプションを切り替えるには、Space キーを押します。

  3. オプションウィンドウを閉じ、メインのビューに戻り、Enter キーを押します。

ページ全体のビュー

ページ全体のビューを使用する場合は、メイン コンテンツ領域とビューの切り替えボタンを除くすべてのメイン表示要素は表示されません。 全画面表示モードにすると、ユーザーやスクリーン リーダーがページを操作しやすくなります。

ページ全体のビューに切り替えるには、f6 キーを押しますが聞こえるまで「ナビゲーション コントロール、ページ全体のビューを」Enter キーを押します。 標準ビューに戻るには、f6 キーを押しますが聞こえるまで「ナビゲーション コントロール、標準表示では、」Enter キーを押します。

ノートブックを使ってみる

各OneNoteノートブックは、ページには、さらに、セクションに分割されます。 各ページには、1 つまたは複数のノート コンテナーにタイトルとページの日付が含まれています。 スクリーン リーダーは、「コンテンツのブロック」としてコンテナーのメモを参照してください。

メイン コンテンツ領域内を移動するには、方向キーを使用します。

現在のセクション内の別のページに移動するに「ページ] タブの [コレクション」が聞こえるまで f6 キーを押して、方向キーを押して、必要なページを見つけるには、キーし、Space キーを押します。 メイン コンテンツ領域で選択したページが開きますがフォーカスを移動する.

現在のノートブックに別のセクションに移動するには「セクション] タブの [コレクション」が聞こえるまで f6 キーを押してを追加するには、セクションを見つけるには右または左方向キーを押してし、Space キーを押します。 選択したセクションは、アクセスして、フォーカスがあるが、最後のページが表示されているメイン コンテンツ領域に表示されます。

別のノートブックに切り替えるには、「セクション] タブの [コレクション」が聞こえるまで f6 キーを押して左方向キーを押して「クリックすると、その他のノートブックを表示」が聞こえるまでメニューを開くには、Space キーを押すと、現在のノートブックの名前を続けます。 方向キーを押して、下向き矢印キーをクリックし、Space キーを押してノートブックを検索します。 選択したノートブックは、アクセスして、フォーカスがあるが、最後のページが表示されているメイン コンテンツ領域に表示されます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

Windows の OneNote のキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote ノートブックに障碍のあるユーザーにアクセスできるように

キーボードと VoiceOver、組み込みの macOS スクリーン リーダーを使ってOneNote for Macを使用して、調査、それぞれのビューに移動し間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

F6 (転送) または shift キーを押しながら F6 (下位) を次の順序でメインのビューの要素を順番にキーを押します。

  • メイン コンテンツ領域、キャンバスで、現在のページの内容を示しています。

  • クイック アクセス ツールバーは、次のようなボタンが含まれている元に戻す、やり直すには、通知センターと改善 Office のヘルプ

  • リボンのタブの行]ホーム挿入描画するには、ビューと、[共有と完全なキャンバス モードの切り替えボタンなどのタブが含まれているです。 リボンの [現在選択されている] タブに固有のオプションを含むについては、リボンのタブの行の下にあるすぐにあります。

  • セクションの一覧で、現在のノートブック内のすべてのセクションが含まれます。

リボンのタブを移動するには、[現在選択されている] タブの名前が聞こえるまで F6 キーを押します。 リボン タブ間を移動するにキーを押して、Tab キー (転送) または Shift + Tab (下位)。

リボンには、[リボン タブから移動するには、Control + オプション + Space キーを押し、リボンの最初のオプションが聞こえるまで Tab キーを押し (聞こえたらに関して:「フル キャンバス モードの切り替え」)。 リボンのオプション間を移動するにキーを押します (転送) キーまたは shift キーを押しながら Tab (下位) コントロールとオプション + space キーをオンにし、目的のオプションが聞こえるまで。 オプションでは、新規作成] メニューを開き場合、は、方向キー、Tab キーを使用してを移動しに Return キーを押します。

直接オプションを選択するのにキーボード ショートカットを使用することもできます。

ビュー間を移動します。

メインのビューでは、よく使用されるビューは、次にOneNote for Macあります。

[ファイル] メニュー

[ファイル] メニューの [新規作成開く同期共有、および印刷などのコマンドにアクセスできます。

  1. Fn + Control + f2 キーを押して、F、し、[ファイル] メニューを開くには、コントロール + オプション + Space キーを押します。

  2. メニューの [タブ間を移動するには、方向キーを押してまたは下向き矢印キーを 1 つを選択] タブの [キーを押し、目的のサウンドがまでします。 方向キー、Tab キーを使用して、タブに移動して、選択 Return キーを押します。

  3. [ファイル] メニューを閉じて、メインのビューに戻り、Esc キーを押します。

[環境設定] ダイアログ

OneNote環境設定ダイアログ ボックスで、スペル チェック、ナビゲーション、およびプライバシーの設定などの設定にアクセスできます。

  1. キーを押して Command + カンマ符号 (,)の [環境設定] ダイアログを表示します。

  2. 項目のオプション間を移動するにキーを押します (転送) キーまたは Shift + Tab (下位) し、選択コントロール + オプション + Space キーを押して、目的の 1 つが聞こえるまで。 キー、Tab キー (転送) または Shift + Tab (下位) でカテゴリを別のオプション間を移動して、現在選択されているオプションを切り替えるには、コントロール + オプション + Space キーを押します。

  3. 環境設定ダイアログを閉じ、メインのビューに戻り、Esc キーを押します。

完全なキャンバス モード

完全なキャンバス モードを使用して、ほとんどのメイン表示要素は表示されません。 全画面表示モードにすると、ユーザーやスクリーン リーダーがページを操作しやすくなります。

  1. 聞こえるまで Tab キーを押し、現在選択されている] タブの名前が聞こえるまで f6 キーを押して「フル キャンバス モードの切り替え、ボタン、」コントロール + オプション + Space キーを押します。

    完全なキャンバス モードを使用しているようになりました。

  2. 完全なキャンバス モードを終了するには、手順 1 を繰り返します。

ノートブックを使ってみる

各OneNoteノートブックは、ページには、さらに、セクションに分割されます。 各ページには、1 つまたは複数のノート コンテナーにタイトルとページの日付が含まれています。 スクリーン リーダーは、「コンテンツのブロック」としてコンテナーのメモを参照してください。

メイン コンテンツ領域内を移動するには、方向キーを使用します。

現在のセクション内の別のページに移動] コマンドとコントロールながら G キーを押して、方向キーを押して、下矢印を目的のページを見つけるには、方向キーです。 メイン コンテンツ領域には、選択したページが開きます。

現在のノートブックに別のセクションに移動するには、「セクションの一覧で」を聞くと、方向キーを押してし、下矢印を追加するセクションを見つけるには、方向キーになるまで f6 キーを押してください。 選択したセクションは、最後のページにアクセスしたことを示すメイン コンテンツ領域に表示されます。

「取引先企業とノートブック、ボタンを表示」と、ノートブックの一覧を開くには、コントロール + オプション + Space キーを押してが聞こえるまで、別のノートブックに切り替えるは Tab キーを押して「セクションの一覧で」が聞こえるまで f6 キーを押します。 リストに移動し、方向キーを押して、下矢印を目的のノートブックを見つけるには、方向キー コントロール + オプション + shift キーを押しながら下方向キーを押します。 選択したノートブックは、最後のページにアクセスしたことを示すメイン コンテンツ領域に表示されます。

ヒント: ノートブックを検索するには、コマンド キーを押しながら F キーを押して、検索する文字列を入力して Return キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote for Mac のキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote ノートブックに障碍のあるユーザーにアクセスできるように

OneNote for iOS voiceover を利用、組み込みの iOS スクリーン リーダーを使って、それぞれのビューに移動. 間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

OneNote for iOSアプリのメインのビューには、次の要素が含まれています。

  • [ユーザー アカウント] ボタンが、Microsoft アカウントとして編集および表示する同期、および通知などの他の設定を管理する場所の設定] メニューが表示されます。

  • [通知] ボタン

  • 編集] ボタンを使うと、ノートブック、セクション、またはページのリストを整理します。

  • 新しいノートブック ボタン

  • 最近使用したページへのリンクで始まる、ノートブックのリスト

  • ノートブック] タブ、検索] タブの [メモ] タブを開くためのボタンのナビゲーション バー

メインのビューを移動するには、要素間を移動するには、右または左にスワイプします。 選択範囲を行う画面を 2 回タップします。

注: OneNote for iOSする前に、使用した場合は、最後に使用したビューで開きます。

ビュー間を移動します。

ノートブック] タブ、検索] タブの [メモ] タブの [間を移動するには、ナビゲーション バーで、タブのいずれかの名前が聞こえるまで、画面の一番下の周囲に指をドラッグします。 右または左にスワイプを開く、または選択を行うには、[画面を 2 回タップ タブを検索します。

[ノートブック] タブでは、 OneNote for iOSメイン ビューまたは [現在選択されているノートブックが表示されます。

[検索] タブが、ノートブックとSticky Notesに検索を使用すると、検索ボックス。

[メモ] タブにアクセスして、 OneNote for iOSアプリから Microsoft Sticky Notesを追加できます。

ノートブックを使ってみる

各OneNoteノートブックは、ページには、さらに、セクションに分割されます。

  1. ノートブックが見つかるまで、メインの表示、スワイプして右または左からノートブックを開くにし、目的の画面を 2 回タップします。 セクションのビューが開きます。

  2. スワイプして左右し、目的の画面を 2 回タップ] セクションを見つけます。 [ページ] リストを開きます。

  3. スワイプして左右に移動し、目的の画面を 2 回タップのページを見つけます。 キャンバスを開きます。 通常は、キャンバスには、ページ タイトル、日付、1 つまたは複数のコンテンツのブロックが含まれています。

  4. キャンバス内を移動するには、1 本の指で左右にスワイプします。

前のビューに戻るには「[戻る] ボタンでは、」と画面を 2 回タップが聞こえるまでのままにスワイプします。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote ノートブックに障碍のあるユーザーにアクセスできるように

使ってOneNote for Android TalkBack、組み込みの Android スクリーン リーダーを調査し、それぞれのビューを移動し、間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、Android の組み込みのスクリーン リーダーである、TalkBack を使用していることを前提としています。 TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • OneNote for Android を起動する前に TalkBack を有効にしていることを確認します。

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

OneNote for Androidアプリのメインのビューは、[ノートブック] タブとも呼ばれます。 次の要素が含まれています。

  • 職場または学校のアカウントと同様に、Microsoft アカウントを管理するアカウントのメニューを開くユーザー アカウント] ボタン

  • 新しいノートブック] ボタン

  • 他のオプション] メニューを開くすべての同期バッジを開始設定、およびフィードバックを送信するオプションを使用しています。

  • 最近使用したページへのリンクで始まる、ノートブックのリスト

  • (これは、このビュー)ノートブック] タブ、検索] タブの [メモ] タブを開くためのボタンのナビゲーション バー

メインのビューを移動するには、要素間を移動するには、右または左にスワイプします。 選択範囲を行う画面を 2 回タップします。

注: OneNote for Androidする前に、使用した場合は、最後に使用したビューで開きます。

ビュー間を移動します。

ノートブック] タブ、検索] タブの [メモ] タブの [間を移動するには、ナビゲーション バーで、タブのいずれかの名前が聞こえるまで、画面の一番下の周囲に指をドラッグします。 右または左にスワイプを開く、または選択を行うには、[画面を 2 回タップ タブを検索します。

[検索] タブが、ノートブックとSticky Notesに検索を使用すると、検索ボックス。

[メモ] タブにアクセスして、 OneNote for Androidアプリから Microsoft Sticky Notesを追加できます。

ビューから戻るには、下にスワイプしてから左にスワイプします。 これは、[戻る] ボタンを押した場合と同じです。

ノートブックを使ってみる

各OneNoteノートブックは、ページには、さらに、セクションに分割されます。

  1. ノートブックが見つかるまで、メインの表示、スワイプして右または左からノートブックを開くにし、目的の画面を 2 回タップします。 セクションのビューが開きます。

  2. スワイプして左右し、目的の画面を 2 回タップ] セクションを見つけます。 [ページ] リストを開きます。

  3. スワイプして左右に移動し、目的の画面を 2 回タップのページを見つけます。 キャンバスを開きます。 通常は、キャンバスには、ページ タイトル、日付、1 つまたは複数のコンテンツのブロックが含まれています。

  4. キャンバス内を移動するには、1 本の指で左右にスワイプします。

ビューから戻るには、下にスワイプしてから左にスワイプします。 これは、[戻る] ボタンを押した場合と同じです。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブック、セクション、ページを整理する

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote ノートブックに障碍のあるユーザーにアクセスできるように

キーボードとスクリーン リーダーを調査し、それぞれのビューを移動し、間を移動するOneNote for Windows 10を使用します。 、ナレーターのテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

F6 (転送) または shift キーを押しながら F6 (下位) を次の順序でメインのビューの要素を順番にキーを押します。

  • メイン コンテンツ領域を現在のページの内容を表示します。

  • リボン タブの行]ホーム挿入描画ビューと併せて、通知、共有、全画面表示モードの入力および他のボタンなどのタブが含まれます。 リボンの [現在選択されている] タブに固有のオプションを含むについては、リボンのタブの行の下にあるすぐにあります。

  • [検索] ボタン。

  • 最近使ったノートへのリンクなど、ノートブックの一覧です。

  • 現在のノートブックのセクションの一覧です。

  • 現在のセクション内のページの一覧です。

リボンのタブに移動するには、alt キーを押します。 「リボンを選択すると、」、それに続けて、現在選択されている] タブの名前が聞こえます。 リボンのタブ間を移動するには、左または右方向キーを使用します。

リボンには、[リボン タブから移動するには、下向き矢印キーを押します。 リボンの最初のオプションの名前が聞こえます。 リボンのオプション間を移動するには、enter キーをオンにし、目的のオプションが聞こえるまで左または右方向キーを使用します。 オプションでは、新規作成] メニューを開き場合、は、方向キーを使用して操作し、enter キーを押して選択します。

直接オプションを選択するのにキーボード ショートカットを使用することもできます。

ビュー間を移動します。

メインのビューでは、よく使用されるビューは、次にOneNote for Windows 10あります。

[設定] メニュー

OneNoteの [設定] メニューで同期の設定の文章校正などの設定にアクセスできます。

  1. Alt キーを「その他] ボタンが折りたたまれている」が聞こえるまで Tab キーを押しながら Enter キーを押します。 下方向矢印キーを押しますを聞く「の設定、」し、Enter キーを押します。

  2. カテゴリの間を移動するには、上向きを押すか、enter キーをオンにし、目的の 1 つが聞こえるまで、下向き矢印キーします。 Tab キー (転送) を押します。 shift キーを押しながら Tab (下位) のカテゴリで別のオプション間を移動して、現在選択されているオプションを切り替えるには、Space キーを押します。

  3. カテゴリから、[設定] メニューに戻る、esc キーを押します。 [設定] メニューを閉じるには、esc キーを押します。

全画面表示モード

全画面表示モードを使用しているときにメイン コンテンツ領域を除くすべてのビューの主な要素と 1 つのツール バーは表示されません。 全画面表示モードにすると、ユーザーやスクリーン リーダーがページを操作しやすくなります。

  1. 聞こえるまで Tab キーを押し、Alt キーを押して「全画面表示モードに入る、ボタン、」Enter キーを押します。

    全画面表示モードに切り替わります。 メイン コンテンツ領域にフォーカスがあります。

  2. 全画面表示モードを終了するには、f6 キーを押します。 ツールバーの最初のアイテムが聞こえたら、次のように聞こえるまで Tab キーを押します。 Shift + Tab のキーを押します。 サウンドが:「描画全画面表示を終了,] ボタン」。 次に、Enter キーを押します。

ノートブックを使ってみる

各OneNoteノートブックは、ページには、さらに、セクションに分割されます。 各ページには、1 つまたは複数のノート コンテナーにタイトルとページの日付が含まれています。 スクリーン リーダーは、「コンテンツのブロック」としてコンテナーのメモを参照してください。

メイン コンテンツ領域内を移動するには、方向キーを使用します。

現在のセクション内の別のページに移動すると、「ページ」が聞こえるまで f6 キーを押して、方向キーを押して方向キーと下し、Enter キーを押して、目的のページを見つけるにします。 メイン コンテンツ領域で選択したページが開きますがフォーカスを移動する.

現在のノートブックに別のセクションに移動するに「セクションで、」が聞こえるまで f6 キーを押して、方向キーを押して方向キーと下し、Enter キーを押して、目的のセクションを検索します。 方向キーを押して、下向き方向キーと上で説明したように、ページを選択します。

別のノートブックに切り替えると、"Notebooks"で、方向キーを押してと下方向キーで、目的のノートブックを検索し、Enter キーを押しますが聞こえるまで f6 キーを押します。 方向キーを押して、下向き方向キーと上で説明したように、セクションとページを選択します。

操作アシストを使用する

コマンドをすばやく検索するには、[操作アシスト] を使用します。 [操作アシスト] 機能の詳細については、こちらのビデオをご覧ください。Using Tell Me to get things done quickly with a screen reader and keyboard ([操作アシスト] を使用して、スクリーン リーダーとキーボードですばやく作業する)

[操作アシスト] を使用してコマンドを検索するには、次のように操作します。

  1. 処理を実行するセルまたはセル範囲を選択します。

  2. Alt キーと Q キーを押して、[操作アシスト] 編集フィールドに移動します。

  3. 実行するコマンドを入力します。 たとえば、"箇条書き" と入力します。

  4. 下矢印キーを使用して、検索結果を参照します。Enter キーを押していずれかを選びます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote for Windows 10 のキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

OneNote ノートブックに障碍のあるユーザーにアクセスできるように

キーボードとスクリーン リーダーを調査し、それぞれのビューを移動し、間を移動するOneNote Onlineを使用します。 、ナレーターのテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • OneNote Online を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。 OneNote Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、OneNote Online には適用されません。

この記事の内容

メインのビュー内を移動します。

OneNote Onlineのメインのビューには、次の要素が含まれています。

  • メニュー バーには、Microsoft のアプリ起動ツールのボタン、検索ボックスに、チャット、通知、設定、ヘルプ、およびユーザー アカウントのボタンが含まれています。

  • 新しいノートブック] ボタン。

  • 5 つのタブに分割する、ノートブックのリスト。

    • 最近使用しました。

    • 固定済み

    • 自分のノートブック

    • 共有アイテム

    • 検出

    その名前を聞くときに、タブを開くには、Enter キーを押します。 [タブの [ドキュメントの数が聞こえます。 自体] タブの [行の直後に、ドキュメントが表示されます。 タブに内容が含まれない場合、スクリーン リーダーを発表、たとえば、「共有 Office ドキュメントがありません」

Tab キー (転送) または Shift + Tab (下位) メイン ビュー内の要素間を移動するキーを押します。 開きたいノートブックの名前が聞こえたら、Enter キーを押します。 これは、お使いのブラウザーで新しいタブを開きます。

注: ランドマーク間を移動する ctrl キーを押しながら f6 キーを押しては、メインのビューではなく、ノートブック ビューでのみ使用できます。

ノートブックのビュー内を移動します。

OneNote Onlineのノート表示には、次のランドマークが含まれています。

  • ある Microsoft アプリ起動ツール ボタン通知と共有が含まれているメニュー バーのボタンします。

  • 含まれるファイルHome挿入描画履歴]ビューと、印刷OneNote で開く] と [ Microsoft にフィードバック] などのタブがリボン タブの行する] ボックスを確認します。

  • ナビゲーション ウィンドウは、ノートブック、セクション リスト、およびページ リストが含まれています。

  • 検索] ボタン。

  • メイン コンテンツ領域です。

Ctrl キーを押しながら f6 キーを押して、ランドマーク間を移動します。

リボンのタブ

リボンのタブを移動するには、ctrl キーを押しながら f6 キーを押します、現在選択されている] タブをたとえば、「ホーム] タブの [項目」の名前が聞こえるまで リボン タブ間を移動するにキーを押して、Tab キー (転送) または Shift + Tab (下位)。

リボンには、[リボン タブから移動するには、[Enter キーを押します。 リボンの最初のオプションの名前が聞こえます。 リボンのオプション間を移動するにキーを押します (転送) キーまたは shift キーを押しながら Tab (下位) enter キーをオンにし、目的のオプションが聞こえるまで。 直接オプションを選択するのにキーボード ショートカットを使用することもできます。

ノートブック

各OneNoteノートブックは、ページには、さらに、セクションに分割されます。 メイン コンテンツ領域には、1 つまたは複数のノート コンテナーにタイトルとページの日付を含む、現在選択されているページが表示されます。

セクションとノートブックのページを参照するには、ctrl キーを押しながら f6 キーを押しますが聞こえるまで:「このパネルを使用して、ノートブック、セクション、およびページ、」と、次のいずれかの操作します。

  • 別のセクションに移動すると、キーを押して] タブの [サウンドが「セクションのリスト、」セクションの名前を続けます。 ↑ キーを押してと下方向キーのセクションが見つかるまでし、enter キーを押してメイン コンテンツ領域で、最新のページを開きます。 メイン コンテンツ領域にフォーカスが移動します。

  • 別のページに移動すると、キーを押して] タブの [サウンドが「ページ リスト、」ページの名前を続けます。 ↑ キーを押してと下方向キー、ページを見つけますし、enter キーを押して、メイン コンテンツ領域で開きます。 メイン コンテンツ領域にフォーカスが移動します。

メイン コンテンツ領域内を移動するには、SR キー + 方向キーを押します。

操作アシストを使用する

コマンドをすばやく検索するには、[操作アシスト] を使用します。 [操作アシスト] 機能の詳細については、こちらのビデオをご覧ください。Using Tell Me to get things done quickly with a screen reader and keyboard ([操作アシスト] を使用して、スクリーン リーダーとキーボードですばやく作業する)

[操作アシスト] を使用してコマンドを検索するには、次のように操作します。

  1. 処理を実行するセルまたはセル範囲を選択します。

  2. Alt キーと Q キーを押して、[操作アシスト] 編集フィールドに移動します。

  3. 実行するコマンドを入力します。 たとえば、"箇条書き" と入力します。

  4. 下矢印キーを使用して、検索結果を参照します。Enter キーを押していずれかを選びます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote Online のショートカット キー

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

OneNote ノートブックに障碍のあるユーザーにアクセスできるように

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×