スクリーン リーダーを使用して OneDrive for Business を同期する

スクリーン リーダーを使用して OneDrive for Business を同期する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Windows の組み込みのスクリーン リーダーであるナレーターとキーボード ショートカットを使用して、コンピューターに OneDrive for Business のファイルを同期することができます。同期すると、エクスプローラーで OneDrive for Business のファイルを直接作業することができ、オフラインでもファイルにアクセスできます。オンラインであれば常に、自分または他のユーザーが変更した内容が同期されます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Windows の OneDrive for Business のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneDrive 同期クライアントを使用して同期する

新しい OneDrive 同期クライアントがコンピューターにインストールされている場合、そのコンピューターで OneDrive にサインインすると、ファイルが自動的に同期されます。セットアップとサインインについては、「Sign in to OneDrive for Business」(OneDrive for Business へのサインイン) を参照してください。

OneDrive for Business 同期クライアントを使用して同期する

以前の OneDrive for Business 同期クライアントを使用している場合は、次の手順に従って同期します。

使用している同期クライアントがわからない場合、「使用している OneDrive のバージョンは何ですか?」を参照してください。

  1. ブラウザーで、職場または学校アカウントで Office 365 または組織の SharePoint サイトにサインインします。

    注: Office 365 へのサインインに関する詳細については、「一般法人向け Office 365 にサインインする場所」を参照してください。

  2. "アプリ起動ツール” と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  3. "OneDrive” と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  4. "新規" と聞こえるまで Tab キーを押します。

  5. “同期” と聞こえるまで右方向キーを押します (ナレーターでは、“同期、メニュー項目” と聞こえます)。次に、Enter キーを押します。[同期] ダイアログ ボックスが開き、“簡単にアクセスできるように、このライブラリをデバイスと同期させます” という音声が聞こえます。

  6. 同期を開始するには、"今すぐ同期” と聞こえるまで Tab キーを押して、Enter キーを押します。[インターネット セキュリティ] ダイアログ ボックスが開き、“この Web サイトがこのコンピューターのプログラムを開くことを許可しますか?” という音声が聞こえます。

  7. セキュリティ ダイアログ ボックスで権限を付与するには、“許可” と聞こえるまで Alt + A キーまたは Tab キーを押して、Enter キーを押します。

  8. [OneDrive for Business] ダイアログ ボックスが、[ファイルの表示] ボタンが選択された状態で開きます。“Microsoft OneDrive for Business、[ファイルの表示] ボタン” という音声が聞こえます。ダイアログ ボックスには、OneDrive for Business の Web アドレスとライブラリが保存されるコンピューター上の場所が含まれます。

    この時点で、セキュリティ ダイアログ ボックスが開く場合があります。このダイアログ ボックスで Office 365 アカウントのメール アドレスを入力する必要がある場合、次の操作を行います。

    1. 自分のアカウントのメール アドレスを入力し、Tab キーを押して [次へ] ボタンに移動し、Enter キーを押します。

    2. [サインイン] ウィンドウが、[パスワード] の編集フィールドが選択された状態で開きます。パスワードを入力します。

    3. Tab キーを押して [サインイン] ボタンに移動し、Enter キーを押します。[サインイン] ウィンドウが閉じられ、[OneDrive for Business] ダイアログ ボックスが [ファイルの表示] ボタンが選択された状態でもう一度表示されます。

  9. 同期するファイルを表示するには、Space キーを押します。エクスプローラーが、OneDrive for Business フォルダーの文書のリストにフォーカスがある状態で開き、"OneDrive for Business、アイテム ビュー" とリストの最初のアイテムの名前が聞こえます。(ナレーターでは、"OneDrive for Business ウィンドウ、テーブル アイテム ビュー" と最初のアイテムの名前が聞こえます)。

エクスプローラーでは、OneDrive のいずれか (CompanyName または OneDrive @ CompanyName) のナビゲーション ウィンドウに、OneDrive for Business フォルダーが一覧表示されます。

自分の文書がコンピューターと同期された後は、Microsoft Office ファイルを OneDrive for Business フォルダーに直接保存できます。保存するファイルで、Alt + F キーを押して、A キーを押します。[名前を付けて保存] の一覧で、上方向キーまたは下方向キーを押して OneDrive for Business フォルダーを選択し、Enter キーを押します。

OneDrive for Business フォルダーの同期を停止する

  1. デスクトップにフォーカスがある状態で、F6 キーを押して [スタート] ボタンに移動します。

  2. "通知のシェブロン ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。通知のオーバーフロー ウィンドウが開きます。

  3. "OneDrive <会社名>、<状態>” と聞こえるまで上方向キーを押します。

  4. コンテキスト メニューを開くには、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  5. "その他のオプション ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押します。Enter キーを押してメニューを開き、S キーを押して設定を開きます。

  6. "同期の停止、リンク" と聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。

  7. 確認のダイアログ ボックスが開き、フォーカスは [アカウントのリンク解除] ボタンの上にあります。OneDrive for Business フォルダーの同期を停止するには、Enter キーを押します。

フォルダーを手動で同期する

  1. デスクトップにフォーカスがある状態で、F6 キーを押して [スタート] ボタンに移動します。

  2. "通知のシェブロン ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。通知のオーバーフロー ウィンドウが開きます。

  3. "OneDrive <会社名>、<状態>” と聞こえるまで上方向キーを押します。

  4. コンテキスト メニューを開くには、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  5. [今すぐ同期] ボタンを使用してフォルダーを手動で同期するには、N キーを押します。ネットワークを使用している場合は、OneDrive for Business が自動的にフォルダーを SharePoint ライブラリと約 10 分ごとに同期します。

同期の問題を表示および解決する

OneDrive for Business と同期して問題が発生した場合は、次の手順を実行し、問題を表示して解決します。

  1. デスクトップにフォーカスがある状態で、F6 キーを押して [スタート] ボタンに移動します。

  2. "通知のシェブロン ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押し、Space キーを押します。通知のオーバーフロー ウィンドウが開きます。

  3. "OneDrive <会社名>、<状態>” と聞こえるまで上方向キーを押します。

  4. コンテキスト メニューを開くには、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

  5. 次のオプションから選択します。

    • 同期の問題を表示するには、V キーを押します。[OneDrive for Business] ダイアログ ボックスが開き、“メニューを終了しています、エクスプローラー、アイテム ビュー、[OneDrive for Business] ダイアログ、[X] アイテムは OneDrive for Business と同期できません” と最初のファイルの名前が聞こえます。

      ファイルの一覧を移動するには、下方向キーを押します。開くファイルを選択し、Tab キーを押して [アイテムを開く] ボタンに移動し、Enter キーを押します。開いたファイルで、同期の問題の原因となっている問題を解決して、ファイルを保存します。

    • このオプションは、同期されていないライブラリを修復します。これは、同期されていないライブラリのサーバー バージョンをコンピューターと同期して、同期されていない変更があるローカルのファイルをバックアップします。

      [修復] を実行するには、E キーを押します。[OneDrive for Business] ダイアログ ボックスが、[修復] ボタンにフォーカスがある状態で開きます。修復するには、Enter キーを押します。

詳細情報

関連項目

Windows の OneDrive for Business のキーボード ショートカット

OneDrive for Business でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneDrive for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

キーボードと、Mac OS の組み込みのスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、Mac のファイルとフォルダーをクラウドの OneDrive for Business と同期します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

この記事の内容

OneDrive アプリを使用して同期する

自分のコンピューターで OneDrive にサインインすると、OneDrive のファイルが自動的に同期されます。Mac に OneDrive アプリをセットアップする際には、同期するファイルとフォルダーを選択するように求められます。セットアップが完了したら、選択したコンテンツが自動的に Mac と同期されます。セットアップ手順については、「OneDrive for Business でスクリーン リーダーを使用した基本的な作業」の「OneDrive を開いて OneDrive for Business をセットアップする」のセクションを参照してください。

Office 365 ポータルを使用して同期する

  1. ブラウザーで Office 365 のページに移動し、組織のアカウントにサインインします。

  2. "Office アプリのインストール" と聞こえるまで、Tab キーを繰り返し押します。"リンク、OneDrive" と聞こえるまで下方向キーを押し、Return キーを押します。

  3. "新規" と聞こえるまで Tab キーを繰り返し押します。フォーカスは [ファイル] ビューの上にあります。

  4. "同期" と聞こえるまで右方向キーを繰り返し押し、Return キーを押します。

  5. OneDrive が開くことを許可するかどうかを確認するダイアログが開きます。"許可" と聞こえるまで Tab キーを繰り返し押し、Return キーを押します。

  6. [OneDrive からファイルを同期する] ダイアログが開きます。このダイアログ ボックスで、Mac の OneDrive フォルダーと同期するフォルダーとファイルを選択できます。

    操作内容の選択:

    • 選択した OneDrive のファイルとフォルダーをすべて同期するには、Return キーを押します。

    • OneDrive で同期するファイルとフォルダーを個別に選択することもできます。ダイアログでアイテム間を移動するには、Control + Option + 左/右方向キーを押します。テーブルに移動するには、Control + Option + Shift キーを押しながら下方向キーを押します。アイテムまたはチェックボックスの選択をオンまたはオフにするには、Space キーを押します。テーブルから離れるには、Control + Option + Shift キーを押しながら上方向キーを押します。選択が終わったら、Control + Option + 右方向キーを押して [同期の開始] ボタンに移動し、Return キーを押します。

詳細については、「Mac での OneDrive: FAQ」を参照してください。

関連項目

OneDrive for Business でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneDrive for Business でアクセシビリティ機能を使用して移動する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×