スクリーン リーダーを使用して Excel ワークシートにコメントを追加します。

スクリーン リーダーを使用して Excel ワークシートにコメントを追加します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボードと JAWS など、組み込みの Windows スクリーン リーダーのナレーターのスクリーン リーダーを使ってExcel 2016を使用して、 Excel 2016ワークシートにフィードバックを送信するコメントを追加します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Excel for Windows のショートカット キー」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  1. Excel 2016] では、コメントを追加するワークシートを開きます。

  2. ワークシートのセルのコメントを表示する場所に移動します。

    ヒント: 既にコメントが含まれるセルへ移動すると、ナレーターはセルの内容を読み上げた後に「コメントを含む」を発表します。

  3. Alt キーを押しながら R キーを選択したセルにコメントを追加するには C キーを押します。

  4. コメントで入力し、2 回、セルにフォーカスを戻すには Esc キーを押します。

関連項目

Excel for Windows のショートカット キー

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

キーボードと、VoiceOver、組み込みの Mac OS のスクリーン リーダーなどのスクリーン リーダーをExcel 2016 for Macを使用して、 Excelワークシートにフィードバックを送信するコメントを追加します。

注: 

  1. Excel 2016 for Mac] では、コメントを追加するワークシートを開きます。

  2. ワークシートのセルのコメントを表示する場所に移動します。

    ヒント: 既にコメントが含まれるセルへ移動すると、VoiceOver によってアナウンスされます「コメントを含む」内容とセルの場所を読み上げた後にします。

  3. 「ホーム、選択すると、タブ、」が聞こえるまでに、Fn + f6 キーを押すしが聞こえるまでに、右矢印キーを押します"のレビュー] タブ。"。コントロール + オプション + Space キーを押して、[校閲] タブを選択します。

  4. Tab キーを押して、サウンドが「新しいコメント、ボタン、」選択したセルに新しい空のコメントを追加するにはコントロール + オプション + Space キーを押して、します。

  5. コメントで入力し、2 回、セルにフォーカスを戻すには Esc キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して検索および置換する Excel のデータ

Excel 2016 for Mac のキーボード ショートカット

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

Voiceover を利用、組み込みの iOS スクリーン リーダーのExcelワークシートにフィードバックを送信するのにコメントを追加するのにExcel for iOSを使用します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • Excel for iOSでタッチ機能をExcel for iPhone タッチ ガイドを参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

  1. Excel for iOS] では、コメントを追加するワークシートを開きます。

  2. ワークシートで、コメントを表示するには、セルに移動しにフォーカスを移動するには、[画面を 2 回タップし、します。

    ヒント: 既にコメントが含まれるセルへ移動すると、VoiceOver はユーザーに知らせます「コメントを含む」

  3. 「リボンを表示」と画面を 2 回タップが聞こえるまでに、画面の上部の周りに指をドラッグします。サウンドが:「ホーム] タブ」。

  4. タブの [選択] メニューを開くが聞こえるまで右にスワイプして画面を 2 回タップ「校閲,] タブの [」と、画面を 2 回タップします。

  5. 聞こえるまで右にスワイプして「コメントの挿入、ボタン、」と画面を 2 回タップします。

  6. 使用して、スクリーン キーボードをコメントを入力します。完了したら、「完了、ボタン、」が聞こえるまでに、画面の右上隅を 1 本の指をドラッグし、画面を 2 回タップし、します。

    セルにコメントを追加し、ワークシートにフォーカスを返します。

関連項目

Excel for iPhone で外付けキーボードを使う

Excel for iPad で外付けキーボードを使う

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

使ってExcel for Android TalkBack、組み込みの Android スクリーン リーダーをExcelワークシートにフィードバックを送信するコメントを追加します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • Excel for Android のタッチ機能については、「Excel for Android タッチ ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

  1. Excel for Android] では、コメントを追加するワークシートを開きます。

  2. ワークシートで、コメントを表示するには、セルに移動しにフォーカスを移動するには、[画面を 2 回タップし、します。

    ヒント: 既にコメントが含まれるセルへ移動すると、TalkBack はユーザーに知らせます「コメントを含む」

  3. 聞こえるまでに、画面の上部の周りに指をドラッグして、ポップアップ メニューを閉じ、下、左にスワイプして「その他のオプション、ボタン、」し、[画面を 2 回タップします。サウンドが:「] タブのメニューの [ホームを選択します」。

  4. タブの [選択] メニューを開くが聞こえるまで右にスワイプして画面を 2 回タップ「校閲,] タブの [」と、画面を 2 回タップします。

  5. 聞こえるまで右にスワイプして「コメント、ボタン、」と画面を 2 回タップします。

  6. 使用して、スクリーン キーボードをコメントを入力します。完了したら、「完了、ボタン、」が聞こえるまでに、画面の右上隅を 1 本の指をドラッグし、画面を 2 回タップし、します。

    セルにコメントを追加し、ワークシートにフォーカスを返します。

関連項目

Excel for Android で外付けキーボードを使う

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

キーボードとナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーを使ってExcel Onlineを使用して、 Excel Onlineワークシートにフィードバックを送信するコメントを追加します。

注: 

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Office Online でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Excel Online のショートカット キー」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Excel Online を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。Excel Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 キー (ヘルプ) や Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Excel Online には適用されません。

  1. Excel Online] では、コメントを追加するワークシートを開きます。

  2. ワークシートのセルのコメントを表示する場所に移動します。

    ヒント: 既にコメントが含まれるセルへ移動すると、ナレーターは、コメント記述者の名前が続くし、[コメントを読み上げる「では、コメントが含まれている」を発表します。

  3. たとえば、「ホーム] タブの [項目」の現在のリボンタブの名前が続く「選択すると、」が聞こえるまで、ctrl キーを押しながら f6 キーを押して

  4. 「非選択すると、[校閲] タブの [項目」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで、Tab キー キーを押します。

  5. 「コメント新しいコメント] で、」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで、Tab キー キーを押します。[コメント] ウィンドウを開きます。

  6. コメントを入力します。新しい行を開始する enter をすることができます。

  7. 「投稿] ボタン、」し、enter キーを押して、コメントを保存するが聞こえるまでに] タブの [キーを押します。

関連項目

Excel Online のショートカット キー

Excel でスクリーン リーダーを使用する基本的な作業

アクセシビリティ機能を利用して Excel を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×