スクリーン リーダーを使用して PowerPoint にオーディオまたはビデオを挿入する

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint にオーディオまたはビデオを挿入する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

キーボード ショートカットと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、ビデオ ファイルやオーディオ ファイルを追加し、PowerPoint プレゼンテーションを充実させます。オーディオ ファイルは、PowerPoint から直接記録することもできます。

注記: 

この記事の内容

ネットワークからビデオを追加する

YouTube などのビデオ共有コミュニティまたはビデオ埋め込みコードから Web ビデオを追加することができます。

  1. プレゼンテーションで、ビデオを挿入するスライドのコンテンツ領域に移動します。

  2. Alt キーを押しながら N キーを押します。"オンライン ビデオ" と読み上げられます。

  3. Enter キーを押します。[ビデオの挿入] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    共有コミュニティからビデオを追加する

    1. "<コミュニティ名> の検索" と読み上げられるまで、Tab キーを押します。

    2. 検索語句を入力し、Enter キーを押します。ビデオ ピッカーが開き、フォーカスが最初のビデオに置かれます。

    3. 追加するビデオが読み上げられるまで左右の方向キーを押し、Enter キーを押します。

    埋め込みコードからビデオを追加する

    1. "埋め込みコードをここに貼り付ける" と読み上げられるまで、Tab キーを押します。

    2. 埋め込みコードを貼り付けて、Enter キーを押します。

デバイスからビデオを追加する

PC からプレゼンテーションにビデオを追加することができます。

  1. プレゼンテーションで、ビデオを挿入するスライドのコンテンツ領域に移動します。

  2. Alt キーを押しながら N キーを押します。"オンライン ビデオ" と読み上げられます。

  3. 下方向キーを押します。"このコンピューター上のビデオ" と読み上げられます。

  4. Enter キーを押します。Windows の [ビデオの挿入] ダイアログ ボックスが開き、フォーカスが [ドキュメント] フォルダーに置かれます。"ファイル名、編集可能、編集" と読み上げられます。

  5. 追加するビデオ ファイルに移動するか、ファイルへのパスを入力して、Enter キーを押します。

  6. ビデオの形式設定のオプションに移動する必要がある場合には、Alt キー、J キー、P キーの順に押します。"ファイル形式タブ" と読み上げられます。サブメニュー オプション間を移動するには、Tab キーを押します。

    ヒント: このメニューは、ビデオを選んだ場合にのみ使用できます。ビデオを選択しないで Alt、J、P キーを押すと、"Alt、J、P" と読み上げられて、メニューは表示されません。カーソルをスライドに戻すには、Esc キーを押します。

  7. ビデオ再生のオプションに移動する必要がある場合には、Alt キー、J キー、N キーの順に押します。"再生タブ" と読み上げられます。

デバイスからオーディオ ファイルを追加する

デバイスからプレゼンテーションにオーディオ ファイルを追加することができます。

  1. プレゼンテーションで、オーディオ ファイルを挿入するスライドに移動します。

  2. [挿入] メニューを開くには、Alt キーを押しながら N キーを押します。"このコンピューター上のオーディオ" と読み上げられます。

  3. Enter キーを押します。"ファイル名、編集可能、編集" と読み上げられます。Windows の [オーディオの挿入] ダイアログ ボックスが開きます。

  4. 追加するオーディオ ファイルに移動するか、ファイルへのパスを入力します。ファイルを選択するには、Space キーを押します。

  5. ファイルを挿入するには、Enter キーを押します。

  6. オーディオ ファイルの形式設定オプションに移動する必要がある場合には、[挿入] タブで、Alt キー、J キー、P キーの順に押します。"ファイル形式タブ" と読み上げられます。サブメニュー オプション間を移動するには、Tab キーを押します。

    ヒント: このメニューは、オーディオ ファイルを選んだ場合にのみ使用できます。オーディオ ファイルを選択しないで Alt、J、P キーを押すと、"Alt、J、P" と読み上げられて、メニューは表示されません。カーソルをスライドに戻すには、Esc キーを押します。

  7. オーディオの再生オプションに移動する必要がある場合には、[挿入] タブで、Alt キー、J キー、N キーの順に押します。"再生タブ" と読み上げられます。

PowerPoint でオーディオ ファイルを記録する

PowerPoint では、オーディオ ファイルを簡単に直接記録することができます。

  1. プレゼンテーションで、オーディオ ファイルを挿入するスライドに移動します。

  2. Alt キーを押しながら N キー、O キー、R キーを押します。"サウンドの録音ウィンドウ、名前、編集" と読み上げられます。

  3. オーディオ記録の名前を入力します。

  4. "ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押します。"OK ボタン" と読み上げられます。

  5. オーディオを記録し、完了したら、Enter キーを押します。スライドにオーディオ ファイルが挿入されます。

関連項目

Create a presentation using a screen reader (スクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する)

スクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを保存する

ショートカット キーを使用してプレゼンテーションを作成する

ショートカット キーを使用してプレゼンテーションを行う

スクリーン リーダーを使用して PowerPoint でプレゼンテーションを作成するための基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して、PowerPoint を操作する方法

PowerPoint 2016 for Mac では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を利用して、オーディオとビデオをプレゼンテーションに挿入できます。

注記: 

この記事の内容

デバイスまたはネットワークからビデオを追加する

プレゼンテーションにビデオ ファイルを追加して、面白さを添えます。

  1. 標準表示のビデオ ファイルを追加するスライドで、リボンで現在選択されているタブが読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. リボンで、次の音声が聞こえるまで左方向キーまたは右方向キーを押します。"[挿入] タブ。"Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。次のように読み上げられます。"[挿入]、選択されました。"

  3. [挿入] タブで、次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。"[ビデオ] メニュー ボタン。"Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  4. [ビデオ] メニューで、"ファイルからムービー" と読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押して、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。現在選択されているファイルの名前が読み上げられます。

  5. ビデオ ファイルを参照するには、スライドに挿入するビデオが読み上げられるまで Tab キーを押します。

  6. "[挿入] ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押して、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

オーディオ ファイルを追加する

ファイルの場所からオーディオ ファイルを追加するか、PowerPoint 2016 for Mac に直接オーディオをすばやく録音します。

  1. 標準表示のビデオ ファイルを追加するスライドで、リボンで現在選択されているタブが読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. リボンで、次の音声が聞こえるまで左方向キーまたは右方向キーを押します。"[挿入] タブ。"

  3. [挿入] タブで、次の音声が聞こえるまで Tab キーを押します。"[オーディオ] メニュー ボタン。"Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  4. [オーディオ] メニューで、選択するオプションが読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押して、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

  5. 次のいずれかの操作を行います。

    • フォルダーのオーディオ ファイルを参照するには、"ファイルからオーディオ" と読み上げられるまで Tab キーを押して、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。現在選択されているファイルの名前が読み上げられます。

      スライドに挿入するオーディオ ファイルが読み上げられるまで Tab キーを押します。次に、"[挿入] ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押して、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

    • オーディオ ファイルをすぐに録音するには、[オーディオ] メニューで、"オーディオの録音" と読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押して、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。"<既定の録音の名前>、名前。"

      録音の名前を入力します。"[録音] ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押して、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。次のように読み上げられます。"[録音] ボタンを押す。"録音が開始されます。

      オーディオ ファイルを録音します。完了したら、"[停止] ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押して、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。次のように読み上げられます。"[停止] ボタンを押す。""[挿入] ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押して、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。

関連項目

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

PowerPoint 2016 for Mac のキーボード ショートカット

PowerPoint でスクリーン リーダーを使ってプレゼンテーションを作成する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×