スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams でプライベートにメッセージを送信したり、チャットを行う

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams でプライベートにメッセージを送信したり、チャットを行う

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Microsoft Teams でキーボードと JAWS スクリーン リーダーを使用して、連絡先とチャットを行います。他のユーザーからメッセージが送られてくるとすぐに通知音が聞こえます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Microsoft Teams のキーボードのショートカット」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS を使っていることを前提としています。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

スレッドを開始する

  1. Alt + 2 を押して [チャット] を開きます。リスト ウィンドウには既存の [お気に入り]、[最近] の連絡先、および [おすすめ] の連絡先が表示されます。

  2. 「リスト ボックス、お気に入りのチャット」(お気に入りとして保存した連絡先がある場合)、または「リスト ボックス、最近のチャット」と読み上げられるまで Ctrl + F6 を押します。

  3. チャットしたい連絡先の名前と空き時間情報が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを押します。

    ヒント: 探している連絡先が [お気に入り]、[最近] または [おすすめ] のリストにない場合は、Alt + E を押してから [検索] フィールドを使用してそれらを検索します。詳細については、「スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う」をご覧ください。

  4. Enter を押します。「選択済み、新規メッセージを作成、編集」と読み上げられます。

  5. メッセージを入力して、Enter を押します。「メッセージが送信されました」と読み上げられます。

  6. メッセージに他のユーザーから返信があると、「返信メッセージがあります」と読み上げられ、その後に返信者の名前とメッセージのテキストが続きます。

    注: 現在チャットしているユーザーとは別のユーザーからのメッセージを受信する場合や、別のビューの表示中にメッセージを受信する場合、「通知」と読み上げられて送信者の名前が続きます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用して、アラートを検出して対応する

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用するときの基本的なタスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して Microsoft Teams をナビゲートする方法を説明します

Microsoft Teams on Mac でキーボードと Mac OS の組み込みのスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、連絡先とチャットを行います。他のユーザーから返信されると通知音が聞こえます。

注: 

スレッドを開始する

  1. Option + 2 を押して [チャット] を開きます。リスト ウィンドウには既存の [お気に入り]、[最近] の連絡先、および [おすすめ] の連絡先が表示されます。

  2. 「水平分割」と読み上げられるまで Command + F6 を押します。

  3. チャットしたい連絡先の名前と空き時間情報が読み上げられるまで右方向キーを押します。

    ヒント: 探している連絡先が [お気に入り]、[最近] または [おすすめ] のリストにない場合は、Option + E を押してから [検索] フィールドを使用してそれらを検索します。詳細については、「スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う」をご覧ください。

  4. Control + Option + Space キーを押します。「新規メッセージを作成、編集」と読み上げられます。

  5. メッセージを入力して、Enter を押します。「メッセージが送信されました」と読み上げられます。

  6. メッセージに他のユーザーから返信があると、「返信メッセージがあります」と読み上げられ、その後に返信者の名前とメッセージのテキストが続きます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用して、通知を検出して対応する

Microsoft Teams のキーボード ショートカット

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用するときの基本的なタスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して Microsoft Teams をナビゲートする方法を説明します

Microsoft Teams on Mac で Mac OS の組み込みのスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、連絡先とチャットを行います。他のユーザーから返信されると通知音が聞こえます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

スレッドを開始する

  1. 「チャット タブ」と読み上げられるまで左または右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。「選択、チャット タブ」と読み上げられます。最近の会話がある場合は、リスト ウィンドウにそれらが表示されます。

  2. 「新しいチャット ボタン」と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。「受信者の検索、検索フィールド」と読み上げられます。[新しいチャット] ウィンドウが開き、[宛先] フィールドがフォーカスされます。

  3. 連絡先を検索するには、スクリーン キーボード上の最初の文字が読み上げられるまで右にスワイプします。

  4. 検索語を入力するには、目的の文字が読み上げられるまで指 1 本でキーボードをスライドし、画面をダブルタップします。その文字が [宛先] フィールドに追加されます。

  5. 入力と同時に検索結果が一覧表示されます。結果に移動するには、連絡先名が読み上げられるまで左または右にスワイプします。連絡先を選択するには、画面をダブルタップします。

  6. 「ここにメッセージを入力してください」と読み上げられるまで右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。「テキスト フィールド、編集しています、先頭に挿入ポイント」と読み上げられます。

  7. 上記の指示に従い、スクリーン キーボードを使用してメッセージを入力します。

  8. メッセージを送信するには、「送信ボタン」と読み上げられるまで左にスワイプしてから、画面をダブルタップします。「通知、メッセージは正常に送信されました」と読み上げられます。

  9. メッセージに他のユーザーから返信があると、VoiceOver によって新しいメッセージまたは未読のメッセージが読み上げられます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用するときの基本的なタスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して Microsoft Teams をナビゲートする方法を説明します

Microsoft Teams for Android で Android の組み込みのスクリーン リーダーである Takback を使用して、連絡先とチャットを行います。他のユーザーからメッセージが送られてくるとすぐに通知音が聞こえます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

スレッドを開始する

  1. 「チャット タブ」と読み上げられるまで右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。リスト ウィンドウに表示される最近の会話リストの最初の項目が読み上げられます。

  2. 「新しいチャット ボタン」と読み上げられるまで右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。「編集ボックス、宛先、ここで連絡先を検索してください」と読み上げられます。スクリーン キーボードが画面の下半分に表示されます。

  3. 検索語を入力するには、目的の文字が読み上げられるまで指 1 本で画面の下半分をスライドし、指を画面から離してから画面をダブルタップします。その文字が [宛先] フィールドに追加されます。

  4. 入力と同時に検索結果が一覧表示され、読み上げられます。フォーカスが最初の検索結果に移動します。リスト内を移動するには、連絡先名が読み上げられるまで左または右にスワイプします。連絡先を選択するには、画面をダブルタップします。

  5. 「ここにメッセージを入力してください、編集ボックス」と読み上げられるまで右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。

  6. 上記の指示に従い、スクリーン キーボードを使用してメッセージを入力します。

  7. メッセージを送信するには、「メッセージの送信ボタン」と読み上げられるまで左または右にスワイプしてから、画面をダブルタップします。「メッセージは正常に送信されました」と読み上げられます。

  8. メッセージに他のユーザーから返信があると、「メッセージを受信しました、項目 <number of the current item and its position in the list of items> を表示しています」と読み上げられます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用するときの基本的なタスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を使用して Microsoft Teams をナビゲートする方法を説明します

Microsoft Teams on the web でキーボードと Windows OS の組み込みのスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、連絡先とチャットを行います。他のユーザーからメッセージが送られてくるとすぐに通知音が聞こえます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Microsoft Teams on the web を使用する場合は、Web ブラウザーに Microsoft Edge を使用することをお勧めします。Microsoft Teams on the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Microsoft Teams on the web には適用されません。

スレッドを開始する

  1. Alt + 2 を押して [チャット] を開きます。リスト ウィンドウには既存の [お気に入り]、[最近] の連絡先、および [おすすめ] の連絡先が表示されます。

  2. 「お気に入りのチャットの見出し」(お気に入りとして保存した連絡先がある場合)、または「最近のチャット」と読み上げられるまで Ctrl + F6 を押します。

  3. チャットしたい連絡先の名前と空き時間情報が読み上げられるまで下方向キーを押します。

    ヒント: 探している連絡先が [お気に入り]、[最近] または [おすすめ] のリストにない場合は、Alt + E を押してから [検索] フィールドを使用してそれらを検索します。詳細については、「スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う」をご覧ください。

  4. Enter を押します。「新規メッセージを作成、編集」と読み上げられます。

  5. メッセージを入力して、Enter を押します。「メッセージが送信されました」と読み上げられます。

  6. メッセージに他のユーザーから返信があると、「返信メッセージがあります」と読み上げられ、その後に返信者の名前とメッセージのテキストが続きます。

    注: 現在チャットしているユーザーとは別のユーザーからのメッセージを受信する場合や、別のビューの表示中にメッセージを受信する場合、送信者の名前とメッセージのテキストが順に読み上げられます。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Microsoft Teams で会話、ユーザー、ファイルの検索を行う

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用して、通知を検出して対応する

Microsoft Teams でスクリーン リーダーを使用するときの基本的なタスク

アクセシビリティ機能を使用して Microsoft Teams をナビゲートする方法を説明します

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×