スクリーン リーダーを使用して選択し、テキスト ボックスと Word で画像を読む

スクリーン リーダーを使用して選択し、テキスト ボックスと Word で画像を読む

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Word 2016 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、Word 2016 文書内の画像、図形、テキスト ボックスを選択し、読み上げることができます。

Word 2016 の [選択] ウィンドウを使用すると、文書に含まれているすべての画像、図形、テキスト ボックスを一覧表示することができます。ナレーターを使用してこの一覧を読み上げることができます。また、一覧されたアイテムを選択して、代替テキストを読み上げたり、編集したりすることができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Windows 版 Microsoft Word 2016 のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

テキスト ボックス内のテキストへのアクセス

テキスト ボックスは文書のテキスト レイヤーの上にあって固定されていないため、スクリーン リーダーはそれらを本文の読み上げ中に検出することができません。テキスト ボックス内のテキストにアクセスするには、[選択] ウィンドウを使用します。

ヒント: テキスト ボックスなどの最初のフローティング シェイプにフォーカスをすばやく移動するには、Ctrl キーと Alt キーを押しながら 5 キーを押します。次に、フローティング シェイプを切り替えるには、Tab キーを押します。標準のナビゲーションに戻るには、Esc キーを押します。

  1. 文書内で、Alt キーを押しながら H キーを押して、[ホーム] タブを開きます。

  2. [選択] ウィンドウを開くには、「SL」と入力し、次に「P」と入力します。ナレーターが "[すべて表示] ボタン" と読み上げます。 テキスト ボックス、画像、および図形が一覧表示されます。

    注: 文書内に区切り (ページやセクション区切りなど) が存在する場合、[選択] ウィンドウには次の区切りまでのアイテムのみが一覧表示されます。

  3. 方向キーを使用して、一覧を上下に移動します。一覧の項目間を移動するたびにナレーターが項目を読み上げます。

  4. テキスト ボックスを選択するには、Space キーを押します。

  5. コンテキスト メニューを開くには、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。ナレーターが次のように読み上げます。"[切り取り] メニュー項目"。

  6. ナレーターで、方向キーを使用して [テキストの編集] 項目に移動し、Enter キーを押します。任意のキーを押して、カーソルをテキスト ボックス内に置きます。

    JAWS では、まず、テキスト ボックスに合わせて文書のテキストを整列する必要があります。テキスト ボックス内に行を収めるには、[左右の​​折り返し] に移動し、右方向キーまたは左方向キーを使用して [行内] に進み、Enter キーを押します。Esc キーを押して、文書の本文に戻ります。

  7. これで、ナレーターは、テキスト ボックス内のテキストを読み取ることができるようになります。読み上げを開始するには、Caps Lock キーを押しながら M キーを押します。後で文書の本文に戻るには、Esc キーを 2 回押します。

    テキスト ボックスの内容を JAWS で読み上げるには、Alt キーを押しながらテンキーの 5 キーを押します。

[選択] ウィンドウを使用して画像にアクセスする

インライン画像ではないイメージは、スクリーン リーダーにアクセスできることがあります。文書内のすべての画像にアクセスするには、選択ウィンドウを使用します。

ヒント: 画像などの最初のフローティング シェイプにフォーカスをすばやく移動するには、Ctrl キーと Alt キーを押しながら 5 キーを押します。次に、フローティング シェイプを切り替えるには、Tab キーを押します。標準のナビゲーションに戻るには、Esc キーを押します。

  1. 文書内で、Alt キーを押しながら H キーを押して、[ホーム] タブを開きます。

  2. [選択] ウィンドウを開くには、「SL」と入力し、さらに「P」と入力します。

    画像、図形、およびテキスト ボックスが一覧表示されます。

    注: 文書内に区切り (ページやセクション区切りなど) が存在する場合、[選択] ウィンドウには次の区切りまでのアイテムのみが一覧表示されます。

  3. 方向キーを使用して、一覧を上下に移動します。一覧の項目間を移動するたびにナレーターが項目を読み上げます。

  4. 画像を選択して、Space キーを押します。

  5. 文書の本文に戻るには、Esc キーを押します。ナレーターが文書のファイル名を読み上げます。

  6. これでナレーターは、画像の代替テキストが存在する場合にそれを読み取ることができます。読み上げを開始するには、Caps Lock キーを押しながら M キーを押します。

    JAWS では、Ctrl キーを押しながらテンキーの 5 キーを押します。

[選択] ウィンドウを使用しないでインライン イメージにアクセスする

文書を読みながらインライン画像で作業する場合、[選択] ウィンドウを開く必要はありません。

  1. ナレーターは、文書を読み上げる際に画像を読み上げます。画像で停止するには、Ctrl キーを押します。

    ヒント: 適切な位置を見失ってしまったために文書内を 1 単語ずつ前後に移動する必要がある場合は、ナレーターが画像を読み上げるまで左方向キーまたは右方向キーを押します。

  2. 画像を選択するには、Shift キーを押しながら右方向キーを押します。

  3. これで画像で作業できるようになります。たとえば、図を開くには、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Word に画像や写真を挿入するには

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Windows 版 Microsoft Word のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

キーボードと VoiceOver、組み込みの Mac OS のスクリーン リーダーを選択し、画像、図形、そのWord 2016 for Macドキュメント内のテキスト ボックスを読むWord 2016 for Macを使用します。

Word 2016 for Macで、[選択] ウィンドウを使用して、すべての画像、図形、その文書内のテキスト ボックスをリストとして表示できます。VoiceOver] の一覧を参照し、代替テキストの読み取りや編集したり、リストの項目を選択できます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Word for Mac のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Mac OS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「VoiceOver スタートアップガイド」をご覧ください。

  • 文書の閲覧と編集は印刷レイアウト表示で行うことをお勧めします。他の表示モードでは、VoiceOver が安定して動作しない可能性があります。

トピックの「

テキスト ボックス内のテキストへのアクセス

テキスト ボックスは、文書のテキストのレイヤー上にある浮動と VoiceOver が見つからないに本文のテキストの読み上げ時にします。テキスト ボックス内のテキストにアクセスするには、選択ウィンドウを使用します。

  1. ドキュメント、f6 キーを押して、サウンドが「< 現在] タブの [> 選択すると、] タブの [」が聞こえるまで、右矢印キーを押します"のレイアウト] タブ。"。コントロール + オプション + Space キーを押して、[レイアウト] タブを開きます。

  2. 選択ウィンドウを開くには、"の選択] ウィンドウ] チェック ボックスをオフに、"を聞くし、コントロール + オプション + Space キーを押してになるまで] タブの [キーを押します。VoiceOver によってアナウンスされます:「チェック、オブジェクトの選択、チェック ボックスをオンします」。テキスト ボックス、画像、および図形は、リストに表示されます。

    注: 文書内で改ページとセクション区切り) (などがある場合は、選択ウィンドウには、次の改行までのアイテムだけが一覧表示します。

  3. 使用してまたは ↓ キーの一覧を上下に移動します。VoiceOver は、移動すると、リスト アイテムを発表します。テキスト ボックスとして発表:「テキスト ボックス < 番号 >.」アクセス、f6 キーを押して、VoiceOver によってアナウンスされますアイテム アイテムの場合、"テキスト、内容が選択されている、< テキスト >、編集テキスト領域を現在開いている"。

  4. テキストを編集するには、コントロール + オプション + shift キーを押しながら下方向矢印キーを押してテキストを入力します。

  5. 終了したら、オブジェクトの選択] に移動する f6 キーを押してが聞こえるまで:「オブジェクトの選択] タブ」。文書の本文に戻るには、esc キーを押します。

[選択] ウィンドウを使用して画像にアクセスする

インライン画像ではないイメージは、VoiceOver にアクセスできることがあります。文書内のすべての画像にアクセスするには、選択ウィンドウを使用します。

  1. ドキュメント、f6 キーを押して、サウンドが「< 現在] タブの [> 選択すると、] タブの [」が聞こえるまで、右矢印キーを押します"のレイアウト] タブ。"。コントロール + オプション + Space キーを押して、[レイアウト] タブを開きます。

  2. 選択ウィンドウを開くには、"の選択] ウィンドウ] チェック ボックスをオフに、"を聞くし、コントロール + オプション + Space キーを押してになるまで] タブの [キーを押します。VoiceOver によってアナウンスされます「チェック、オブジェクトの選択、チェック ボックスをオンします」テキスト ボックス、画像、および図形は、リストに表示されます。

  3. 使用してまたは ↓ キーの一覧を上下に移動します。VoiceOver は、移動すると、リスト アイテムを発表します。画像として発表:「< 番号 > を描きます」。アクセス、f6 キーを押して、VoiceOver によってアナウンスされますアイテムとしてアイテムの場合:"< 代替テキスト >、イメージ"。

  4. コンテキスト メニューを開くし、図の書式設定、追加または代替テキストを変更するオプションにアクセスをコントロールとオプションながら shift キーを押しながら M キーを押します。文書の本文に戻るには、esc キーを押します。

[選択] ウィンドウを使用しないでインライン イメージにアクセスする

文書を読むときに、インライン画像で作業する場合は、選択ウィンドウを開く必要はありません。

  1. VoiceOver は、文書をカーソルを移動するときに、画像を発表します。VoiceOver によってアナウンスされますインライン画像として使う:"< 代替テキスト >、レイアウトの項目のテキスト行内の画像"。

  2. 画像を選択するには、shift キーを押しながら右方向キーを押します。

  3. これで画像を操作できます。たとえば、コンテキスト メニューを開くには、コントロールとオプションながら shift キーを押しながら M キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Word に画像や写真を挿入するには

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Word for Mac のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

組み込みの iOS 画面に移動し、テキスト ボックスと、電話のWordドキュメント内の画像を読み、リーダーの使用 VoiceOver] です。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

テキスト ボックス内のテキストを読む

テキスト ボックスは、文書のテキストのレイヤー上にある浮動、VoiceOver をスキップして、ページのテキストの読み上げ時に、それらに個別に移動できます。

  1. 電話でWord文書を開きます。文書の本文に到達するまで右へスワイプします。Voiceover を利用するには、テキストの読み上げが開始されます。

  2. VoiceOver は、ページの最後に達したと VoiceOver まで右へスワイプ最初のテキスト ボックスを発表内容を読み込みます。

  3. ページで、右へスワイプは、次のテキスト ボックスに移動します。

    ページのフッターを入力すると、ページ上のすべてのテキスト ボックスが読まれています。右へスワイプ、次のページに移動します。

文字列内でアクセスの画像

  1. 電話でWord文書を開きます。文書の本文に到達するまで右へスワイプします。Voiceover を利用するには、テキストの読み上げが開始されます。

  2. VoiceOver は、右へスワイプ] ページの末尾に達しています。VoiceOver は、ページの最初の画像の代替テキストを読み上げます。代替テキスト、画像がない場合は、サウンドが:「イメージ」。

  3. ページ上の次の画像に移動] を右にスワイプします。

    ページのフッターを入力すると、ページ上のすべての画像を移動します。右へスワイプ、次のページに移動します。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

移動し、テキスト ボックスと、電話のWordドキュメント内の画像を読むには、TalkBack、組み込みの Android スクリーン リーダーを使用します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

テキスト ボックス内のテキストを読む

  1. 電話でWord文書を開きます。文書のテキストの 1 つの段落を一度に読み TalkBack まで右へスワイプを開始します。

  2. 次の段落に移動すると、右にスワイプします。「四角形] テキスト ボックスに、」を聞くときに、文書内のテキスト ボックスに達しています。TalkBack は、テキスト ボックスの内容を読み上げます。終了したら、または次のテキスト ボックスに移動するドキュメントを続けるには、右にスワイプします。

文字列内でアクセスの画像

  1. 電話でWord文書を開きます。文書のテキストの 1 つの段落を一度に読み TalkBack まで右へスワイプを開始します。

  2. 次の段落に移動すると、右にスワイプします。TalkBack が「イメージ」が続く、画像の代替テキストを読み取る画像が表示されたら、代替テキスト、画像がない場合は、サウンドがだけ「イメージ」終了したら、文書を続けるには、右に移動したりする次の画像にスワイプします。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してテキストを挿入および変更する

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

Wordドキュメント内のテキスト ボックスを参照して選び、ナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーのWord Mobileを使用します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

テキスト ボックス内のテキストを読む

テキスト ボックスは、文書のテキストのレイヤー上にある浮動、ナレーターしない本文のテキストの読み上げ時に読むことを個別に移動します。

  1. 聞こえるまで 1 本の指を上下のスワイプ:「アイテム」にします。

  2. 「四角形」が聞こえるまで右へスワイプ

  3. ナレーターは、テキスト ボックスの内容を今すぐ読み取ることができます。閲覧を開始するには、3 本の指で下へスワイプします。次のテキスト ボックスに移動すると、右にスワイプします。

関連項目

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

アクセス可能な機能を使用して Word を操作する方法を学習します。

Word 文書に画像を参照して選び、キーボードとナレーター、組み込みの Windows スクリーン リーダーを使ってWord Onlineを使用します。

注: 

  • Windows 10 Fall Creators Update でナレーターを使用する場合、Office Online でドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを編集するには、スキャン モードをオフにする必要があります。詳細については、「Turn off virtual or browse mode in screen readers in Windows 10 Fall Creators Update」 (Windows 10 Fall Creators Update のスクリーン リーダーで仮想モードまたはブラウズ モードをオフにする) を参照してください。

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Word Online のショートカット キー」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Word Online を使用する場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。Word Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Word Online には適用されません。

Access のインライン画像

  1. スクリーン リーダーは、ドキュメントを読み込むとき、画像を発表します。停止するには、画像、Ctrl キーを押します。

    注: 適切な位置にあったして戻る、または文書内で単語を一度に転送する必要がありますは、画像をお知らせ、スクリーン リーダーが聞こえるまで左または右矢印キーを押します。

  2. 画像を選択するには、shift キーを押しながら右方向キーを押します。

  3. これで画像で作業できるようになります。たとえば、図を開くには、Shift キーを押しながら F10 キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して Word に画像または画像を挿入するには

Word でスクリーン リーダーを使用してスペル チェックと文章校正を行う

Word Online のショートカット キー

Word でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×