スクリーン リーダーを使用して調べて、SharePoint Online に移動

スクリーン リーダーを使用して調べて、SharePoint Online に移動

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

調べて、アプリのメイン ビューと、要素を移動し、ビュー、関数間を移動するのには、キーボードとスクリーン リーダーを使ってSharePoint Onlineを使用します。 、ナレーターのテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • SharePoint Online を使用する場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 SharePoint Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、SharePoint Online には適用されません。

この記事の内容

メインの領域に切り替える

SharePoint Online内を移動する、画面の要素を順番にキーを押します (転送)] タブのキーと shift キーを押しながら Tab キー (下位)、メインの領域は。

  • バナー]、[サイトのヘッダー

  • 検索バー

  • ツール バー

  • ナビゲーション ウィンドウ

  • メイン コンテンツ領域

ナビゲーション ウィンドウを移動します。

サインインした後、メインのビューにSharePoint Onlineが開きます。 メイン ビューでは、ナビゲーション ウィンドウには、たとえば、フォローしているサイトへのリンクが一覧表示し、最近使用したサイトです。 ナビゲーション ウィンドウのセクション間を移動して、↑ キーまたは下向き方向キーでセクションごとにリストを参照するには、Tab キーを押します。 選択するには、enter キーを押します。

ツールバーを移動します。

SharePoint Onlineメイン ビューでは、ツールバーすることができます、たとえば、新しいサイト] または [ニュースの投稿を作成します。 ] ツールバーの参照に右または左方向キーを使用し、enter キーを押して選択します。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、SharePoint Online の [フォロー中] サイトと [最近使用した] サイトの一覧を探す

Learn how to navigate SharePoint Online using accessible features (アクセシビリティ機能を使用して SharePoint Online を操作する方法)

SharePoint Online のキーボード ショートカット

SharePoint Online でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

障碍のある方に対する、SharePoint サイトのアクセシビリティを高める

調べて、アプリのメイン ビューと、要素を移動し、ビュー、関数間を移動するのには、キーボードとスクリーン リーダーを使ってSharePoint Onlineを使用します。 、ナレーターのテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • スクリーン リーダーの詳細については、「Microsoft Office でのスクリーン リーダーの機能」を参照してください。

  • SharePoint Online を使用する場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使用することをお勧めします。 SharePoint Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。 たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。 また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、SharePoint Online には適用されません。

この記事の内容

メインの領域に切り替える

SharePoint Online内を移動する、画面の要素を順番にキーを押します (転送)] タブのキーと shift キーを押しながら Tab キー (下位)、メインの領域は。

  • バナー]、[サイトのヘッダー

  • 検索バー

  • ナビゲーション ウィンドウ

  • ツール バー

  • メイン コンテンツ領域

ナビゲーション ウィンドウを移動します。

サインインした後、メインのビューにSharePoint Onlineが開きます。 メイン ビューでは、ナビゲーション ウィンドウには、たとえば、フォローしているサイトへのリンクが一覧表示し、最近使用したサイトです。 ナビゲーション ウィンドウのセクション間を移動して、↑ キーまたは下向き方向キーでセクションごとにリストを参照するには、Tab キーを押します。 選択するには、enter キーを押します。

SharePointのサイトでは、ナビゲーション ウィンドウには、たとえば、ホーム ページ、ドキュメントのページ、およびサイト コンテンツへのリンクが一覧表示します。 ↑ キーまたは下向き矢印キーの一覧を参照して選択を行うに Enter キーを押します。

ツールバーを移動します。

SharePoint Online] で、ツールバーすることができます、たとえば、新しいサイト、ページ、またはファイルを作成して、変更を発行します。 ] ツールバーの参照に右または左方向キーを使用し、enter キーを押して選択します。 ツールは] サブメニューがある場合、サブメニュー内で参照を使用して方向キーと下します。

SharePoint Online の最近エクスペリエンスに関する注意事項

できるだけ早く、ドキュメントやページを検索するには、サイト コンテンツ] ページを使用することができます。

ドキュメント ライブラリに移動します。

ナビゲーション ウィンドウ内のドキュメント ライブラリを識別することは難しい] ウィンドウ内を移動すると、スクリーン リーダーは、項目の種類を通知しないとします。 サイト コンテンツ] ページを使用すると、アイテムと右の 1 つを検索するかどうかを確認するのにには、その種類の一覧を参照します。

  1. サイトのホーム ページでは、「入力ナビゲーション コントロール、」リストの現在の選択が続くが聞こえるまで] タブの [キーを押します。

  2. 「サイトのコンテンツ」とし、Enter キーを押してが聞こえるまでに、下向き矢印キーを押します。 サイト コンテンツ] ページが開きます。

  3. 「リストの内容は、このサイト内の」を聞くキーを押して、SR キー + 右または左矢印の一覧を参照するまで、Tab キー キーを押します。 各アイテムの名前、変更の日付と時刻、アイテムの種類が聞こえます。

  4. 目的のドキュメント ライブラリが聞こえたら、Enter キーを押します。 Web ブラウザーの新しいタブで、ドキュメント ライブラリを開きます。

注: 名、名前、またはドキュメント ライブラリの件名の一部がわかっている場合は、検索を使用することができます。 手順については、サイト、ドキュメント ライブラリ、またはページの [検索] を参照してください。

ページに移動します。

  1. サイトのホーム ページでは、「入力ナビゲーション コントロール、」リストの現在の選択が続くが聞こえるまで] タブの [キーを押します。

  2. 「ページ」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまでは、下向き矢印キーを押します。 サイトのページのページが開きます。 ページの一覧の最初の項目には、フォーカスがあります。

  3. 上矢印または下向き方向キーのし、Enter キーを押して、目的のページが聞こえるまでします。

  4. 目的のページが聞こえたら、Enter キーを押します。 Web ブラウザーで新しいタブで、ページが開きます。

注: 名、名前、またはページの件名の一部がわかっている場合は、検索を使用することができます。 手順については、サイト、ドキュメント ライブラリ、またはページの [検索] を参照してください。

関連項目

SharePoint でスクリーン リーダーを使用して、チーム サイトまたはコミュニケーション サイトを作成する

スクリーン リーダーを使用して、SharePoint ページに画像とメディアを追加する

スクリーン リーダーを使用して、アクセシビリティ対応の SharePoint ページにコンテンツとテキストを追加する

SharePoint Online のキーボード ショートカット

SharePoint Online でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

障碍のある方に対する、SharePoint サイトのアクセシビリティを高める

Voiceover を利用 ios SharePoint Onlineアプリを使って、組み込みの iOS スクリーン リーダーを調査し、アプリのメイン ビューと、要素を移動して、ビュー、関数間を移動します。

注: 

  • 新しい Office 365 の機能は Office 365 サブスクリプションをご利用の方に段階的にリリースされるため、ご使用のアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。 より早く新機能を入手するための方法については、Office Insider プログラムにご参加ください

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。 VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • iOS で SharePoint Online にアクセスするには、App Store から Microsoft SharePoint アプリをインストールして使用する必要があります。

この記事の内容

メインの領域に切り替える

IOS 用SharePoint Onlineアプリ内を移動する] を右 (転送) と (下位) の左にスワイプします。 メインのビューには、次の要素が含まれています。

  • メイン コンテンツ領域

  • タブ バー

タブ バーは、画面の下部にあるし、次のタブします。

  • ニュース: 頻繁にアクセスして、フォローしているサイトから最新の記事を表示します。

  • 検索: 最近アクセスしたファイルとサイトを参照して、 SharePointのコンテンツを検索します。

  • 自分: 最近表示と保存されたニュースの項目を参照して、アプリの設定にアクセスします。

コンテンツを移動します。

IOS 用SharePoint Onlineアプリを起動すると、[検索] タブでアクセスします。

  • 画面の要素を移動するには、左または右をスワイプします。

  • アイテムを選ぶには、画面をダブルタップします。

  • メニューまたはリスト内を参照するには、左または右にスワイプしてアイテムを選び、画面をダブルタップします。

関連項目

SharePoint Online でスクリーン リーダーを使用する基本タスク

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×