スクリーン リーダーを使用して拡大または縮小 OneNote のノート

スクリーン リーダーを使用して拡大または縮小 OneNote のノート

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

OneNote 2016 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、ページを拡大または縮小できます。書式を崩さずにページの内容のサイズを一時的に変更できます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「OneNote for Windows のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

[表示] リボン タブでページのコンテンツを拡大または縮小できます。タッチ スクリーン機能があるコンピューターの場合は、指を使用したピンチ操作でページを拡大することができます。

  1. 拡大するページで、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のページを拡大し、ノートの特定の部分を近くで見るには ([拡大])、Alt キー、Ctrl キー、Shift キーを押しながら、正符号 (+) キーを押します。

    • 現在のページを縮小し、ノートのより多くの部分を一度に見るには ([縮小])、Alt キー、Ctrl キー、Shift キーを押しながら、負符号 (-) キーを押します。

  2. 既定の設定に戻すには、Alt キーを押しながら W キーを押して [表示] リボン タブに移動し、(数字の) 1 キーを押します。

ヒント: 目的の拡大率になるまで、[拡大] と [縮小] を連続して複数回選択します。選択ごとに OneNote で適用されるレベルに満足できない場合は、特定の倍率を設定できます。Alt キーを押しながら W キー、Q キーの順に押し、目的の倍率を入力し、Enter キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

Windows の OneNote のキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

OneNote for Mac では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、ページを拡大または縮小できます。書式を崩さずにページの内容のサイズを一時的に変更できます。

注: 

[表示] リボン タブでページのコンテンツを拡大または縮小できます。OneNote for Mac では、ノートブックの各ページに適用した拡大設定が記憶されます。OneNote をシャットダウンし、再起動した場合でも、設定は有効です。

  1. 拡大するページで、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のページを拡大し、ノートの特定の部分を近くで見るには ([拡大])、command キーを押しながら、正符号 (+) キーを押します。"拡大" と読み上げられます。

    • 現在のページを縮小するには ([縮小])、Ctrl キーを押しながら、負符号 (-) キーを押します。"縮小" と読み上げられます。

  2. 既定の設定に戻すには、Ctrl キーを押しながら 0 (ゼロ) キーを押します。""ズームをリセットします" と読み上げられます。

ヒント: 目的の拡大率になるまで、[拡大] と [縮小] を連続して複数回選択します。選択ごとに OneNote で適用されるレベルに満足できない場合は、特定の倍率を設定できます。"<現在のリボン タブ>、(...) タブ、(...)/4" と読み上げられるまで F6 キーを押し、"[表示] タブ、4/4" と読み上げられるまで→キーを押します。次に、command キーと option キーを押しながらスペース キーを押し、[表示] タブに移動します。"<現在の拡大率>、ズーム、コンボボックス" と読み上げられるまで Tab キーを押し、目的の拡大率を入力し、Enter キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNote for Mac のキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

OneNote for iOSページを拡大するには、携帯電話のズーム機能を使って VoiceOver、組み込みの iOS スクリーン リーダーを使用します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

ズーム機能を有効にする

スマートフォンのアクセシビリティ設定でズーム機能を有効にします。

  1. スマートフォンで、[設定] アイコンのあるホーム画面に移動するには、3 本の指で右または左にスワイプします。"設定" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. [設定] で [アクセシビリティ] メニューを開くには、"[全般] ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。"[アクセシビリティ] ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. [ズーム] メニューを開くには、"ズーム機能、オフ ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  4. [ズーム] 機能を有効にするには、"ズーム機能、オフ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

ノートで拡大する

ズーム機能を有効にすると、OneNote for iOS でジェスチャを使ってページのコンテンツを拡大できます。

拡大する OneNote のページで、次のいずれかの操作を行います。

  • 画面を拡大し、ノートの特定の部分を近くで見るには、3 本の指で画面をダブルタップします。

  • ズームを別のポイントに移動するには、3 本の指で画面をドラッグします。

  • 既定の拡大率に戻すには、3 本の指でダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

Android の組み込みスクリーン リーダーである TalkBack と、スマートフォンの拡大機能を使用して、OneNote for Android ページを拡大します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

  • OneNote for Android を起動する前に TalkBack を有効にしていることを確認します。

この記事の内容

拡大機能を有効にする

スマートフォンの [ユーザー補助] 設定で拡大機能を有効にします。

  1. スマートフォンの [設定] で [ユーザー補助] メニューを開くには、"ユーザー補助" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. [拡大操作] メニューを開くには、"拡大操作、オフ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. 拡大機能を有効にするには、"トリプルタップして拡大/縮小します" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。"オフ スイッチ" と聞こえるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。拡大が有効になり、"オン" と読み上げられます。

ノートで拡大する

拡大機能を有効にすると、OneNote for Android でジェスチャを使用することにより、ページのコンテンツを拡大できます。

拡大する OneNote のページで、次のいずれかの操作を行います。

  • 画面を拡大し、ノートの特定の部分を近くで見るには、画面をトリプルタップします。既定の設定に戻すには、もう一度トリプルタップします。

  • ズームを別のポイントに移動するには、2 本の指で画面をドラッグします。

  • 既定の拡大率に戻すには、画面をトリプルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のページを読み上げる

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターと、スマートフォンの拡大機能を使用して、OneNote for Windows 10 ページを拡大します。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

拡大機能をオンにします。

スマートフォンの簡単操作設定で拡大機能を有効にします。

  1. スマートフォンの [設定] で [簡単操作] メニューを開くには、"簡単操作" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  2. [拡大] メニューを開くには、"拡大" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. 拡大表示を有効にするには、"オフ、拡大表示、トグル スイッチ" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。拡大表示が有効になり、"オン、拡大表示、トグル スイッチ" と読み上げられます。

ノートで拡大する

拡大機能を有効にすると、OneNote for Windows 10 でジェスチャを使用することにより、ページのコンテンツを拡大できます。

拡大する OneNote のページで、次のいずれかの操作を行います。

  • 画面を拡大し、ノートの特定の部分を近くで見るには、2 本の指で画面をダブルタップします。

  • ズームを別のポイントに移動するには、2 本の指で画面をドラッグします。

  • 拡大時に拡大率を変更するには、2 本の指で画面を押しながら指を上下にドラッグして、拡大率を増減します。

  • 既定の拡大率に戻すには、2 本の指でダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

OneNote のアクセシビリティ

Web ブラウザーで、OneNote Online と Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、ページを拡大または縮小できます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「OneNote Online のショートカット キー」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • OneNote Online を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。OneNote Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、OneNote Online には適用されません。

Microsoft Edge の [拡大] 機能と [縮小] 機能を使用して、ページのコンテンツを拡大または縮小できます。

  1. OneNote Online で Microsoft Edge を使用しているときに、次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のページを拡大するには ([拡大])、Ctrl キーを押しながら、正符号 (+) キーを押します。"拡大" と読み上げられます。

    • 現在のページを拡大するには ([拡大])、Ctrl キーを押しながら、負符号 (-) キーを押します。"縮小" と読み上げられます。

  2. 目的の拡大率になるまで、[拡大] と [縮小] を連続して複数回選択します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

OneNote Online のショートカット キー

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

OneNote のアクセシビリティ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×