スクリーン リーダーを使用してメールで表を挿入するには

スクリーン リーダーを使用してメールで表を挿入するには

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[スクリーン リーダー コンテンツ] というラベルが表示された、読み上げの記号。 このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使用する、視覚に障碍のある方を対象としています。 一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Windows 10 のメールリーダーで使う、キーボードと画面を作成し、メール メッセージに表を編集します。 、ナレーターのテストされていますが、一般的なアクセシビリティ標準や手法をフォローする限り、その他のスクリーン リーダーと連動可能性があります。

注: 

この記事の内容

文字列を表に変換する

一貫性のある区切り文字が使用されている文字列のブロックの場合、表に変換するのは簡単です。

  1. メッセージを作成する際に、表に変換する文字列の一部を選びます。

  2. リボン メニューにフォーカスを移動する Alt キーを押します。

  3. 「挿入]」を聞くし、リボンの[挿入] タブにフォーカスを移動する下向き矢印キーを押しますになるまで、右矢印キーを押します。

  4. 「] ボタン、[テーブルの」とし、Enter キーを押してが聞こえるまでに、右矢印キーを押します。

    表が作成され、メッセージにフォーカスが戻り、選択された表が示されます。 表のプロパティが読み上げられます。

表を挿入する

メールで空のテーブルを挿入すると、 Windows 10 のメールは次の 3 つの行と列の 3 つの基本的なグリッド型のテーブルを追加します。 必要に応じて、後で列と行をさらに追加することもできます。

注: 表のアクセシビリティをできるだけ向上するには、テーブルのタイトル行を指定することが重要です。

  1. メッセージを作成する際に、新しい表を挿入する位置にカーソルを置きます。

  2. リボン メニューにフォーカスを移動する Alt キーを押します。

  3. 「挿入]」を聞くし、リボンの[挿入] タブにフォーカスを移動する下向き矢印キーを押しますになるまで、右矢印キーを押します。

  4. 「] ボタン、[テーブルの」とし、Enter キーを押してが聞こえるまでに、右矢印キーを押します。

    表が作成され、メッセージにフォーカスが戻り、選択された表が示されます。 表のプロパティが読み上げられます。

組み込みの表スタイルを使用する

テーブルを作成した後は、 Windows 10 のメールで組み込みのスタイルを使用してすばやくの外観を変更できます。

  1. 、メッセージの作成中に変更するテーブル内にカーソルを置きます。

  2. リボン メニューにフォーカスを移動する Alt キーを押します。

  3. 「表」を聞くし、テーブルのリボン タブにフォーカスを移動する下向き矢印キーを押しますになるまで、右矢印キーを押します。

  4. 「表のスタイル]」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで、右矢印キーを押します。

  5. [表のスタイル] メニューでは、し、Enter キーを押して、目的のテーブル スタイルが聞こえるまで右矢印キーを押します。

    選んだスタイルが表に適用され、表にフォーカスが戻ります。

表を削除する

  1. メッセージを作成する際に、削除する表の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. リボン メニューにフォーカスを移動する Alt キーを押します。

  3. 「表」を聞くし、テーブルのリボン タブにフォーカスを移動する下向き矢印キーを押しますになるまで、右矢印キーを押します。

  4. サウンドが:「を削除する、ボタンをクリックします」。 Enter キーを押して、[削除] メニューを開きます。

  5. テーブル全体を削除するには、「、[表] ボタンを削除する」と入力しますが聞こえるまで下方向矢印キーを押します。

    表が削除され、フォーカスがメッセージに戻ります。

表のプロパティを変更する

表の配置を変更したり、表のタイトルと説明を入力してアクセシビリティを高めたり、表のスタイル オプションを変更したりすることができます。

  1. メッセージを作成する際に、表の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. リボン メニューにフォーカスを移動する Alt キーを押します。

  3. 「表」を聞くし、テーブルのリボン タブにフォーカスを移動する下向き矢印キーを押しますになるまで、右矢印キーを押します。

  4. リボン] タブのオプション、enter キーを押してを選択し、目的のサウンドがまでは、右矢印キーを押します。

    • 表の配置を調整するには、[配置] を選択します。 Enter キーを押して、目的のオプションが聞こえるまで、矢印キーを使用して、[配置] メニューを参照します。

    • 代替テキストのタイトルと説明を追加するには、セルのサイズを選択し、「代替テキスト]」を聞くし、し、Enter キーを押してになるまで、下方向キーを押します。 代替テキスト] ダイアログ ボックスで、テーブルのタイトルを入力して、1 回、Tab キーを押しし、テーブルの説明を入力します。 [代替テキスト] のダイアログ ボックスを閉じるには Esc キーを押します。

    • 表のスタイル オプションを変更するには、[スタイルのオプション] を選択します。 スタイルのオプション] メニューの [ではのスタイル オプションを選択し、Enter キーを押しますのサウンドが下方向キーを押します。

表に列または行を追加する

  1. 、メッセージの作成中に任意の場所にカーソルを行または列を追加するテーブル。

  2. リボン メニューにフォーカスを移動する Alt キーを押します。

  3. 「表」を聞くし、テーブルのリボン タブにフォーカスを移動する下向き矢印キーを押しますになるまで、右矢印キーを押します。

  4. 「の挿入] ボタン、」し、enter キーを押して、[挿入] メニューを開くが聞こえるまでに、右矢印キーを押します。

  5. [挿入] メニューでは、し、Enter キーを押して、目的のオプションが聞こえるまで右矢印キーを押します。

    列または行が表に追加されます。 フォーカスは表に追加された行または列に移ります。

関連項目

基本的な作業をメールでスクリーン リーダーを使用します。

メールの移動をスクリーン リーダーを使用します。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。 障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。 Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。 お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×