スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

スクリーン リーダーを使用して、OneNote のノートブックを共有し共同作業を行う

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

OneNote 2016 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、ノートブックを同僚と共有し、共同作業を効率的に行うことができます。また、ノートブックの単一のページやセクションなどをコピーして特定のノートを作成し、同僚と共有することもできます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「OneNote for Windows のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneNote 2016 を開き、サインインする

ノートブックを共有する場合は、対象のノートブックを OneDrive に保存する必要があります。OneNote を使用する場合には、Microsoft アカウントにサインインしていることをご確認ください。

  1. OneNote をすばやく開くには、Windows + Shift + N キーを押します。

  2. サインインするには、Alt キーを押しながら F キーを押します。ナレーターでは、"[ファイル] メニュー" と読み上げられます。JAWS では、"Backstage ビュー。[ファイル情報]。" と読み上げられます。Y2 を押します。ナレーターでは、"[選択したアカウント] タブの項目" と読み上げられます。JAWS では、"アカウント" と読み上げられます。

  3. S キーを押します。ナレーターでは、"アカウント ウィンドウ。メール アドレスまたは電話番号を入力します。" と読み上げられます。JAWS では、"アカウント。Office にサインインします。" と読み上げられます。

  4. メール アドレスまたは電話番号を入力し、Enter キーを押します。ナレーターでは、"PIN でサインインします。パスワード、テキストの編集。" と読み上げられます。JAWS では、"パスワード、編集。テキストを入力します。” と読み上げられます。

  5. パスワードを入力し、Enter キーを押します。

    注: Microsoft アカウントではなく組織からのアカウントを使用する場合は、サインインの手順が若干異なる場合があります。たとえば、暗証番号 (PIN) またはスマート カードを使用することが必要な場合があります。

ヒント: 前回の使用時に OneNote 2016 からのサインアウトを行っていない場合、サインインを求められることなく、アプリは開きます。

OneDrive にノートブックを保存する

ノートブックを共有する場合は、対象のノートブックが OneDrive に保存されていることを確認します。

OneDrive に新しいノートブックを保存する

共有するノートブックを新規に作成した場合は、それを OneDrive に直接保存します。

  1. Alt キーを押しながら F キーを押します。ナレーターでは、"[ファイル] メニュー" と読み上げられます。JAWS では、"Backstage ビュー。[ファイル情報] タブ。" と読み上げられます。

  2. N キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。新しいタブ項目。" と読み上げられます。JAWS では、"新しいタブ。" と読み上げられます。

  3. 保存場所を選択するには、Tab キーを押し、OneDrive の目的の場所が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを使用します。

  4. 新しいノートブックに名前を付けるには、Tab キーを押します。次のように読み上げられます。"ノートブックの名前を入力します。"新しいノートブックの名前を入力します。

  5. ノートブックを作成するには、Enter キーを押します。ナレーターでは、"Microsoft OneNote ダイアログ ボックス。[ユーザーの招待] ボタン。" と読み上げられます。JAWS では、"ノートブックが作成されました。他のユーザーと共有しますか?" と読み上げられます。

  6. 新しいノートブックを他のユーザーと共有する場合は、Enter キーを押します。

[共有] タブが表示されます。このタブでは、ノートを共有する相手を選ぶことができます。ノートブックの共有方法の詳細については、「ノートブックを共有する」を参照してください。

ノートブックを OneDrive に移動する

共有したいノートブックがあって、OneDrive に保存されていなければ、ノートブックを移動することができます。

  1. 移動するノートブックが開いていることを確認します。

  2. ノートブックを OneDrive に移動するには、Alt キーを押しながら F キーを押し、次に H キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。[共有] タブの項目。" と読み上げられます。JAWS では、次のようにと読み上げられます。"共有タブ"。

  3. 場所を選択するには、Tab キーを押し、OneDrive の目的の場所が読み上げられるまで上方向キーまたは下方向キーを使用します。

  4. OneDrive に保存する前にノートブックの名前を変更する場合は、Tab キーを押します。次のように読み上げられます。"ノートブックの名前を入力します。"新しい名前を入力します。

  5. ノートブックを移動するには、Enter キーを押します。ノートブックが OneDrive に保存されます。同期の進捗状況が読み上げられます。OneDrive との同期が成功すると、ナレーターでは、"Microsoft OneNote ダイアログ ボックス。[OK] ボタン。" と読み上げられます。JAWS では、"ノートブックは新しい場所に同期します。" と読み上げられます。Enter キーを押します。

これで、ノートを共有する相手を選ぶことができるようになりました。ノートブックの共有方法の詳細については、「ノートブックを共有する」を参照してください。

ノートブックを共有する

共有するノートブックを選び、そのノートブックで共同作業するユーザーを招待します。

  1. 共有するノートブックが開いていることを確認します。

  2. ノートブックを共有するには、Alt キーを押しながら F キーを押し、次に H キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。[共有] タブの項目。" と読み上げられます。JAWS では、次のようにと読み上げられます。"[ファイル]。[共有] タブ。" と読み上げられます。

  3. メール経由で共同作業するユーザーを招待するには、S キーを押します。"[ユーザーと共有] タブ" と読み上げられます。

  4. 招待するユーザーを選択するには、Y1 を押します。次のように読み上げられます。"連絡先名を入力します。"招待するユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。

  5. 既定では、招待されたユーザーは、ノートブックを編集できます。招待したユーザーにノートブックの閲覧のみを許可する場合は、Alt キーを押しながら H キーを押し、Y4 キーを押し、下方向キーを押します。次のように読み上げられます。"表示可能。"選択するには、Enter キーを押します。

  6. "[共有] ボタン" という音声が聞こえるまで Tab キーを押し、Enter キーを押してノートブックを共有します。

ノートブック リンクを取得する

招待状を送信するには、代わりにメールや IM を使って、同僚にリンクを送信することもできます。

  1. 共有するノートブックが開いていることを確認します。

  2. ノートブックを共有するには、Alt キーを押しながら F キーを押し、次に H キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。[共有] タブの項目。" と読み上げられます。JAWS では、次のようにと読み上げられます。"[ファイル]。[共有] タブ。" と読み上げられます。

  3. ノートブックを共有するためのリンクを取得するには、L キーを押します。"[共有リンクを取得] タブ" と読み上げられます。

  4. 実行する作業を入力してください。

    • 共有を有効にするには、Y4 キーを押します。ナレーターでは、"[リンクの無効化] ボタン" と読み上げられます。JAWS では、次のようにと読み上げられます。"[共有]。[共有リンクを取得]。[リンクの作成]。" と読み上げられます。リンクをコピーするには、左方向キーを押し、さらに、Control キーを押しながら C キーを押します。

    • 他のユーザーにノートブックの閲覧のみを許可する場合は、Y2 キーを押します。ナレーターでは、"[リンクの無効化] ボタン" と読み上げられます。JAWS では、次のようにと読み上げられます。"[共有]。[共有リンクを取得]。[リンクの作成]。" と読み上げられます。リンクをコピーするには、左方向キーを押し、Control キーを押しながら C キーを押します。

ノートの一部を共有する

ページやセクションなど、ノートの特定の部分を共有したい場合もあります。それを行うには、共有するページまたはセクションを OneDrive 上の特定の場所にエクスポートします。

  1. 共有するページまたはセクションがアクティブになっていることを確認します。ノートブック内の現在のページまたはセクションのみをエクスポートすることができます。

  2. Alt + F + S キーを押します。ナレーターでは、"選択されました。[エクスポート] タブ項目。" と読み上げられます。JAWS では、次のようにと読み上げられます。"Backstage ビュー。[ファイル]。[エクスポート] タブ。" と読み上げられます。

  3. エクスポートする内容を選択します。

    • 現在のページを OneNote ファイル (*.one) としてエクスポートするには、P キーを押しながら O キーを押します。次のように読み上げられます。"[名前を付けて保存] ダイアログ ボックス。"他の形式で保存するには、まず P キーを押し、Tab キーを押します。次に、目的の形式が読み上げられるまで、上方向キーまたは下方向キーを使用します。

    • 現在のセクションを OneNote ファイル (*.one) としてエクスポートするには、S キーを押しながら O キーを押します。次のように読み上げられます。"[名前を付けて保存] ダイアログ ボックス。"他の形式で保存するには、まず S キーを押し、Tab キーを押します。次に、目的の形式が読み上げられるまで、上方向キーまたは下方向キーを使用します。

    注: ノートは、他にも次の形式にエクスポートできます。Word 文書 (*.docx または *.doc)、PDF (*.pdf)、XPS (*.xps)、または Web ページ (*.mht)。

  4. ファイル名を変更する場合は、ファイル名を入力し、Enter キーを押して保存します。

  5. 保存したドキュメントは他のユーザーと共有できるようになります。OneDrive ファイルを他のユーザーと共有する方法の詳細については、「OneDrive でスクリーン リーダーを使用する基本的なタスク」の「コンテキスト メニューを使用してアイテムを共有する」を参照してください。

更新の作成者、日付、時刻を参照する

共有ノートブックの作成者の誰かが変更を加えると、OneDrive 内で自動的に反映されます。ノートを編集する場合は、更新の作成者と、更新が作成された日時を確認できます。

  1. 編集可能なテキストでは、上方向キーまたは下方向キーを使用してノートを参照します。参照すると、スクリーン リーダーが項目を読み取ります。

  2. 変更を加えたユーザーおよびその日時を確認するには、Shift キーを押しながら F10 キーを押し、さらに Shift キーを押しながら Tab キーを押します。作成者の名前、更新の日付と時刻が読み上げられます。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNote 2016 for Windows のショートカット キー

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

OneNote for Mac では、キーボードと、Mac OS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、ノートブックを同僚と共有し、共同作業を効率的に行うことができます。また、ノートブックの単一のページなどをコピーして特定のノートを作成し、同僚と共有することもできます。

注: 

この記事の内容

ノートブックを共有する

共有するノートブックを選び、そのノートブックで共同作業するユーザーを招待します。

  1. OneNote for Mac で共有するノートブックが開いていることを確認します。

  2. ノートブックを共有するには、"やり直す入力ボタン" と読み上げられるまで F6 キーを押します。

  3. "[共有] メニュー ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。"ノートブックにユーザーを招待ボタン" と読み上げられます。

  4. メール経由で共同作業するユーザーを招待するには、Space キーを押します。"名前またはメール アドレスを入力します、テキストの編集、空白" と読み上げられます。

  5. 招待するユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。

    初めてノートブックを共有する場合は、連絡先へのアクセスを要求するポップアップが表示される場合があります。

  6. Tab キーを押します。"簡単なメッセージを含める (オプション)" と読み上げられます。招待にメッセージを付ける場合は、ここで入力します。

  7. 既定では、招待されたユーザーは、ノートブックを編集できます。招待されたユーザーがノートブックの表示だけをできるようにしたい場合は、Tab キーを押し、Control + Option + Space キーを押して、[編集可能] チェック ボックスをオフにします。

  8. Tab キーを押し、"共有ボタン" と読み上げられたら、Control+Option+Space キーを押してノートブックを共有します。

ノートブック リンクを取得する

OneNote for Mac から招待状を送信する代わりに、メールやインスタント メッセージを使って、同僚にリンクを送信することもできます。

  1. OneNote for Mac で共有するノートブックが開いていることを確認します。

  2. ノートブックを共有するには、"やり直す入力ボタン" と読み上げられるまで F6 キーを押します。

  3. "共有メニュー ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。"ノートブックにユーザーを招待ボタン" と読み上げられます。

  4. Tab キーを押します。"ノートブックにリンクをコピー ボタン" と読み上げられます。

  5. Space キーを押します。"表示のみのリンクを取得するには、Space キーを押しますボタン" と読み上げられます。

    • ノートブックへの表示のみのリンクを共有する場合は、Space キーを押します。"ダイアログ、共有リンクの読み込み中" と読み上げられます。

    • ノートブックへの表示と編集のリンクを共有する場合は、Tab キーを押した後、Space キーを押します。"ダイアログ、共有リンクの読み込み中" と読み上げられます。

  6. Space キーを押します。共有リンクがクリップボードにコピーされて、ダイアログが閉じます。

共同作業者に送信するメールやインスタント メッセージに、リンクをコピーできるようになります。

ノートの一部を共有する

ノート内の特定のページだけを共有したいこともあります。その場合は、ページをメール メッセージとして送信したり、PDF としてページを添付したりできます。

  1. 共有するページがアクティブになっていることを確認します。ノートブック内の現在のページのみをエクスポートすることができます。

  2. "やり直し入力ボタン" と読み上げられるまで F6 キーを押します。

  3. "共有メニュー ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、Ctrl キーと Option キーを押しながら Space キーを押します。"ノートブックにユーザーを招待ボタン" と読み上げられます。

  4. "[ページを送信] ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

  5. Space キーを押します。"[メッセージ] ボタン" と読み上げられます。

    • ページをメールで送信する場合は、Space キーを押します。メール アプリで新しいメッセージ ウィンドウが開きます。ページの内容が、書式設定と共に既に貼り付けられています。メール アドレスと件名を追加するだけで、ページを送信できます。

    • ページを PDF の添付ファイルとしてメールで送信する場合は、Tab キーを押した後、Space キーを押します。メール アプリで新しいメッセージ ウィンドウが開きます。ページが PDF として添付されています。メール アドレスと件名を追加するだけで、PDF を送信できます。

作成者情報を非表示にする

既定では、OneNote for Mac のテキスト領域の横には他の作成者のイニシャルが表示され、閲覧モードではそれが VoiceOver で読み上げられます。

  1. "ホーム、選択済み、タブ" と読み上げられるまで F6 キーを押します。

  2. "表示、タブ" と読み上げられるまで右方向キーを押した後、Ctrl + Option + Space キーを押します。

  3. "作成者を表示しない、オフ、チェック ボックス" と読み上げられるまで Tab キーを押します。Ctrl + Option + Space キーを押して、設定をオンにします。

  4. ページ キャンバスに戻るには、"ページ キャンバス、ピリオド" と読み上げられるまで Tab キーを押します。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNote for Mac のキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

OneNote for iOS では、iOS の組み込みスクリーン リーダーである VoiceOver を使用して、ノートブックを共有し、同僚と効率的に共同作業を行うことができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

  • このトピックでは、スマートフォンにメール アカウントを追加していることを前提としています。

この記事の内容

ノートブックを共有する

新しいノートブックを作成すると、OneNote for iOS はそれを自動的に OneDrive に保存するので、後は共有するノートブックを選んで、共同作業する同僚を招待するだけです。

  1. 共有するノートブックが [セクション] ビューで開かれていることを確認します。

  2. "共有メニュー ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  3. "ノートブックにユーザーを招待ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  4. "名前またはメール アドレスの入力テキスト フィールド" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

    初めてノートブックを共有する場合は、連絡先へのアクセスを要求するポップアップが表示される場合があります。

  5. 招待するユーザーのメール アドレスを入力します。OneNote が連絡先にアクセスできる場合は、アドレスを入力しているときに表示されるドロップダウン リストから連絡先を選ぶこともできます。

  6. 画面の下半分を 4 本の指でタップします。"戻る" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

    ヒント: 既定では、招待されたユーザーは招待者のノートブックを編集できます。ノートブックの表示だけを許可したい場合は、"編集可能、切り替えボタン、オン" と読み上げられるまで、右にスワイプします。その後、画面をダブルタップして設定をオフにします。

  7. "送信ボタン" と聞こえるまで左にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

    ノートブックでの作業に招待するメールが、共同作業者に送信されます。

  8. "完了" と聞こえるまで左にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップして [セクション] ビューに戻ります。

ページを電子メールで送信する

ノートブックの 1 ページのみを他のユーザーに見せたい場合は、PDF の添付ファイルとしてメールで送信できます。

  1. メールで送信するノートブックのページを開きます。

  2. "ページの操作ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  3. "ページをメールで送信ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  4. "宛先テキスト フィールド" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  5. 受信者のメール アドレスを入力します。OneNote が連絡先にアクセスできる場合は、アドレスを入力しているときに表示されるドロップダウン リストから連絡先を選ぶこともできます。

    [件名] フィールドには、ページのタイトルが自動的に入力されます。

  6. 画面の下半分を 4 本の指でタップします。"戻る" と読み上げられたら、画面をダブルタップします。

  7. 画面の上半分を 4 本の指でタップします。"キャンセル ボタン" と読み上げられます。

  8. "送信ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

メールが送信され、メニューが閉じ、ページ ビューに戻ります。

ノートブック リンクを取得する

OneNote for iOS から招待状を直接送信する代わりに、メールやインスタント メッセージを使って、同僚にリンクを送信することもできます。

  1. 共有するノートブックが [セクション] ビューで開かれていることを確認します。

  2. "共有メニュー ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  3. "ノートブックへのリンクをコピー ボタン" と聞こえるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

    • ノートブックへの表示のみのリンクを共有する場合は、"表示のみ" と読み上げられるまで右にスワイプします。

    • ノートブックへの表示と編集のリンクを共有する場合は、"表示と編集" と読み上げられるまで右にスワイプします。

  4. 画面をダブルタップします。"共有のリンクを取得しています" と読み上げられます。

    ダイアログが閉じ、[セクション] ビューに戻ります。

リンクがクリップボードにコピーされており、共同作成者に送信するメールやインスタント メッセージに貼り付けることができます。

作成者情報を非表示にする

既定では、OneNote for iOS のテキスト領域の横には他の作成者のイニシャルが表示され、閲覧モードではそれが VoiceOver で読み上げられます。

  1. OneNote for iOS のノートブック リスト ビューで、"設定ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプします。その後、画面をダブルタップします。

    ヒント: ノートブック リスト ビューではない場合は、画面の上半分を 4 本の指でタップします。VoiceOver で戻り先の場所に続けて、"戻るボタン" と読み上げられます。画面をダブルタップして 1 つ上のレベルに戻ります。フォーカスは [戻る] ボタンのままになっているので、"設定ボタン" と読み上げられるまでダブルタップを続けるだけです。

  2. "編集および表示ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、聞こえたら画面をダブルタップします。

  3. "作成者を表示しない、切り替えボタン、オフ" と読み上げられるまで、右にスワイプします。ダブルタップして設定をオフにします。

  4. "戻るボタン" と読み上げられるまで左にスワイプした後、画面をダブルタップします。

  5. "閉じるボタン" と読み上げられます。画面をダブルタップしてトップ レベル ビューに戻ります。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

OneNote for Android では、Android の組み込みスクリーン リーダーである TalkBack を使用して、ノートブック (OneDrive 経由) とページを共有し、同僚と効率的に共同作業を行うことができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

  • OneNote for Android を起動する前に TalkBack を有効にしていることを確認します。

この記事の内容

ノートブックを共有する

OneNote for Android で新しいノートブックを作成すると、OneDrive に自動的に保存されます。スマートフォンに OneDrive アプリがインストールされている場合、そのアプリを使用してノートブック全体を共有できます。

  1. OneNote で共有するノートブックを作成したら、OneDrive アプリを開きます。

  2. OneDrive でファイルとフォルダーを参照するには、目的のアイテム名が読み上げられるまで左右にスワイプします。OneNote ファイルは、"ノートブック <ノートブック名>" と読み上げられます。アイテムを開くには、画面をダブルタップします。

  3. 共有するノートブックを開いた状態で、右にスワイプします。"[ファイル] コマンド ボタン" と読み上げられます。メニューを開くには、画面をダブルタップします。

  4. "共有" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。[共有] メニューが開きます。

  5. "ユーザーの招待" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。"共有するユーザーの編集、編集ボックス" と読み上げられます。

  6. スクリーン キーボードを使用して、招待するユーザーのメール アドレスを入力します。完了したら、キーボード上で指をドラッグし、"完了" が聞こえたら指を放します (必要に応じて画面をダブルタップします)。

    注: 画面上のアイテムを検索することで、キーボードを探すことができます。検索するには、画面に指を置いてドラッグします。アクセスするたびに TalkBack がアイテムを読み上げます。アイテムを選択するには、目的のアイテムで指を離します。デバイスの設定によっては、画面をダブルタップして文字を挿入する必要があります。

  7. 既定では、招待されたユーザーは招待者のノートブックを編集できます。ノートブックの表示だけを許可したい場合は、"オン、編集可能、チェックボックス" と読み上げられるまで、右にスワイプします。その後、画面をダブルタップして設定をオフにします。

  8. "送信" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

    ノートブックでの作業に招待するメールが、共同作業者に送信されます。[共有] メニューが閉じます。

ページを電子メールで送信する

ノートブックの 1 ページのみを他のユーザーに見せたい場合は、Android 版 Outlook のメールで送信できます。

  1. OneNote で、メールで送信するノートブックのページを開きます。

  2. "その他のオプション ボタン" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "ページの共有" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。[共有方法] ダイアログが表示されます。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • ページを PDF 形式の添付ファイルとしてメールで共有するには、"PDF" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    • ページをプレーン テキストとしてメッセージ本文で共有するには、"プレーン テキスト" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

    "Outlook" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。Android 版 Outlook で [新規作成] が開きます。フォーカスは [宛先] フィールドにあります。"編集、宛先、フィールド" と読み上げられます。

    .

  5. スクリーン キーボードを使用して受信者のメール アドレスを入力します。

    注: [件名] フィールドには、ページのタイトルが自動的に入力されます。

  6. メール メッセージを送信するには、"送信" と読み上げられるまで左にスワイプし、画面をダブルタップします。

    注: Android 版 Outlook でメールを作成し、送信する方法の詳細については、「メールを作成、送信する」を参照してください。

  7. メールが送信されると、Outlook は閉じ、フォーカスは OneNote のページ ビューに移ります。

ノートブック リンクを取得する

スマートフォンに OneDrive アプリがインストールされている場合、招待状を送信してノートブックを共有する代わりに、メールやインスタント メッセージを使って、同僚にリンクを送信することもできます。

  1. OneDrive で、共有するノートブックに移動します。次に、"[ファイル] コマンド ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプします。メニューを開くには、画面をダブルタップします。

  2. "[共有] メニュー ボタン" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  3. "共有" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。[共有] メニューが開きます。

  4. 既定では、ノートブックの表示と編集のリンクが生成されます。ノートブックへの表示のみのリンクを共有する場合は、"ドロップダウン リスト、Microsoft 内のユーザーが編集できます" と読み上げられるまで右にスワイプします。画面をダブルタップし、"Microsoft 内のユーザーが編集できます" と読み上げられるまで右にスワイプします。選択するには、画面をダブルタップします。

  5. クリップボードの共有リンクを作成してコピーするには、"リンクのコピー" と読み上げられるまで右にスワイプし、画面をダブルタップします。

  6. [共有] メニューが閉じます。リンクがクリップボードにコピーされており、共同作成者に送信するメールやインスタント メッセージに貼り付けることができます。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

OneNote のアクセシビリティ

OneNote for Windows 10 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用してノートブックを共有し、同僚と効率的に共同作業を行うことができます。特定のノートをコピーして、共有することもできます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「OneNote for Windows 10 のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

OneNote を開く

  1. デバイスで Microsoft アカウントにサインインします。

  2. OneNote を開くには、Windows ロゴ キーを押して、「onenote」と入力します。"OneNote。信頼できる Microsoft Store アプリ" と読み上げられるまで、↑ または ↓ キーを押します。次に、Enter キーを押します。

ノートブックを共有する

新しいノートブックを作成すると、OneNote for Windows 10 はそれを自動的に OneDrive に保存するので、後は共有するノートブックを選んで、共同作業する同僚を招待するだけです。

  1. 共有するノートブックが編集モードで開かれていることを確認します。

  2. ノートブックを開くには、Ctrl + G キーを押してノートブックのナビゲーションを開きます。

  3. 上下の方向キーを使って、開くノートブックに移動します。正しいノートブックが見つかったら、Esc キーを押します。ノートブックが開きます。

  4. ノートブックを共有するには、Alt + H キーを押します。ナレーターで、"選択済み、ホーム タブ項目" と読み上げられます。JAWS では、"[ホーム] タブ" と読み上げられます。次に、"[共有] ボタン" と読み上げられます。Space キーを押して選択します。[共有] タブが開きます。ナレーターでは、"コピーの送信ハイパーリンク" と読み上げられます。JAWS では、"コピーの送信リンク" と読み上げられます。

  5. メールで他のユーザーを共同作業に招待するには、Tab キーを押した後、"このノートブック、<ノートブック名>" と読み上げられるまで、上下の方向キーを押します。Space キーを押して選択します。

  6. Tab キーを押します。ナレーターでは、"メール アドレスの入力、編集中" と読み上げられます。JAWS では、"メール アドレスの入力、編集。テキストを入力します" と読み上げられます。

  7. 招待するユーザーのメール アドレスを入力します。

  8. 既定では、招待されたユーザーは、ノートブックを編集できます。ノートブックの表示のみを許可する場合は、Tab キーを押します。ナレーターでは、"編集可能" と読み上げられます。JAWS では、"コンボ ボックス。編集可能" と読み上げられます。↓ キーを 2 回押すと、"表示可能" と読み上げられます。次に、Enter キーを押します。

  9. "共有ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Space キーを押してノートブックを共有します。

  10. 他のユーザーとのノートブックの共有を停止するには、[共有] タブで、共同作業者の 1 人の名前が読み上げられるまで、Tab キーを押します。その後、上下の方向キーを使って、共有を停止するユーザーまで移動します。Space キーを押した後、"[共有の停止] ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押します。Space キーを押して共有を停止します。

ページを共有する

ノートの特定の部分を共有したい場合もあります。そのためには、ノートブックのページへの共有リンクを作成できます。

注: 職場または学校アカウントを使っている場合は、ページを共有できないことがあります。代わりに、Microsoft アカウントを使ってください。

  1. 共有するページがアクティブになっていることを確認します。ノートブック内の現在のページに対する共有リンクのみを作成できます。

  2. 特定のページを開くには、Ctrl + Shift + G キーを押してセクションのナビゲーションに移動します。セクションの名前が聞こえるまで、Tab キーを押します。その後、上下の方向キーを使って、共有するページを含むセクションに移動します。

  3. Ctrl + Alt + G キーを押してページ ナビゲーションを開きます。ページの名前が読み上げられます。上下の方向キーを使って、共有するページに移動します。正しいページが見つかったら、Space キーを押してページ編集モードに移行します。

  4. ページを共有するには、Alt + H キーを押します。ナレーターで、"選択済み、ホーム タブ項目" と読み上げられます。JAWS では、"[ホーム] タブ" と読み上げられます。次に、"[共有] ボタン" と読み上げられます。Space キーを押して選択します。[共有] タブが開きます。ナレーターでは、"コピーの送信ハイパーリンク" と読み上げられます。JAWS では、"コピーの送信リンク" と読み上げられます。

  5. ページへの共有リンクを作成するには、Tab キーを押し、"このページ、<ページ タイトル>" と読み上げられるまで、上下の方向キーを押します。Space キーを押して選択します。

  6. Tab キーを押します。"[作成] ボタン" と読み上げられます。Space キーを押してリンクを作成します。

  7. リンクをコピーするには、"[コピー] ボタン" と読み上げられるまで、Tab キーを繰り返し押します。読み上げられたら、Space キーを押してコピーします。

    注: リンクを受け取ったユーザーは、ページを表示することだけができます。

  8. ページの共有を停止するには、[共有] タブで、"リンクを持つすべてのユーザーがページを表示可能" と読み上げられるまで Tab キーを押します。Space キーを押します。"[共有の停止] ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押します。Space キーを押して選択します。

コピーをメールで送信する

OneNote for Windows 10 では、ノートのコピーをメールで簡単に送信できます。

  1. 共有するページが編集モードでアクティブになっていることを確認します。

  2. ページのコピーを送信するには、Alt + H キーを押します。ナレーターでは、"選択済み、ホーム タブ項目" と読み上げられます。JAWS では、"[ホーム] タブ" と読み上げられます。次に、"[共有] ボタン" と読み上げられます。Space キーを押して選択します。[共有] タブが開きます。ナレーターでは、"コピーの送信ハイパーリンク" と読み上げられます。JAWS では、"コピーの送信リンク" と読み上げられます。

  3. Space キーを押して選択します。ナレーターでは、"共有ウィンドウ" と読み上げられます。JAWS では、"共有、アプリのリスト" と読み上げられます。

  4. コピーをメールで送信するには、"メール" と聞こえるまで ↓ キーを繰り返し押します。Space キーを押して選択します。

  5. Windows 10 のメール アプリが開きます。フォーカスは [宛先] フィールドに設定されており、コピーを送信するユーザーのメール アドレスを入力できます。スクリーン リーダーを使ってメール メッセージを送信する方法については、「Mail for Windows 10 でスクリーン リーダーを使って新しいメール メッセージを作成して送信する」を参照してください。

関連項目

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNote for Windows 10 のキーボード ショートカット

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

OneNote のアクセシビリティ

OneNote Online では、キーボードと、Windows 組み込みのスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、ノートブックを共有し、同僚と効率的に共同作業を行うことができます。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「OneNote Online のショートカット キー」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • OneNote Online を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。OneNote Online は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、OneNote Online には適用されません。

この記事の内容

ノートブックを共有する

共有するノートブックを選び、そのノートブックで共同作業するユーザーを招待します。

  1. OneNote Online で共有するノートブックが開いていることを確認します。

  2. Ctrl + F6 キーを押します。"[Microsoft サービスの一覧] ボタン" と読み上げられます。

  3. "共有ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押した後、Enter キーを押します。"共有ダイアログ、<アカウント名>、フォーカスは名前または電子メール アドレスを入力します、編集中" と読み上げられます。

  4. 招待するユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。複数ある場合はコンマで区切ります。

  5. Tab キーを押します。"編集可能、編集可能なコンボ ボックス" と読み上げられます。共同作業者にノートブックの表示のみを許可する場合は、Alt + ↓ キーを押した後、"表示可能" と読み上げられるまで再び ↓ キーを押します。選択するには、Enter キーを押します。

  6. Tab キーを押します。"この招待にメッセージを添えます (オプション)、ドット、編集中" と読み上げられます。招待にメッセージを付ける場合は、ここで入力します。

  7. Alt + S キーを押して、ノートブックを共有します。

ノートブック リンクを取得する

OneNote Online から招待状を送信する代わりに、メールやインスタント メッセージを使って、同僚にリンクを送信することもできます。

  1. OneNote Online で共有するノートブックが開いていることを確認します。

  2. Ctrl + F6 キーを押します。"[Microsoft サービスの一覧] ボタン" と読み上げられます。

  3. "共有ボタン" と聞こえるまで Tab キーを押した後、Enter キーを押します。"共有ダイアログ、<アカウント名>、フォーカスは名前または電子メール アドレスを入力します、編集中" と読み上げられます。

  4. "リンクの取得、リンク" と聞こえるまで Tab キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

  5. "リンクの編集 - 組織内のアカウントが必要" と読み上げられます。リンクを制限付きリンクまたは表示リンクに変更する場合は、Enter キーを押し、上下の方向キーを使って目的のオプションに移動した後、Enter キーを押して選択を確定します。

    ヒント: 編集リンクと表示リンクは、組織のアカウントを持つすべてのユーザーが開くことができます。制限付きリンクは、特定のユーザーのみ開くことができます。

  6. Tab キーを押します。スクリーン リーダーでリンク アドレスが読み上げられます。Ctrl + C キーを押してリンクをクリップボードにコピーした後、共同作業者に送信するメールまたはインスタント メッセージにリンクを貼り付けます。

  7. リンクをコピーした後は、Alt + C キーを押してダイアログを閉じます。

共同作業者の存在を確認する

OneNote Online では、他のユーザーが同時にノートブックで作業しているかどうかを確認できます。

  1. OneNote Online で共有ノートブックを表示しているときに、"ホーム タブの項目" と聞こえるまで Ctrl + F6 キーを押します。

  2. "Microsoft にフィードバックを送る、ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押した後、もう一度 Tab キーを押して、共同作成者がノートブックを現在表示しているかどうかを確認します。

    • 共同作業者がノートブックを表示している場合、"<共同作業者の名前> もここにいます、ボタンは折りたたまれています" と読み上げられます。Enter キーを押すと、共同作業者が表示している部分が読み上げられます ("このページ" など)。

    • 他のユーザーがノートブックを表示していない場合は、"今ここには他に誰もいません、ボタンは折りたたまれています、無効状態" と読み上げられます。

  3. ノートブックのテキスト領域に戻るには、"編集可能領域、編集中" と読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押します

ヒント: 作成者の情報をテキスト領域の横に表示するには、"ホーム タブの項目" と読み上げられるまで Ctrl + F6 キーを押した後、W キーを押します。"選択済み、表示タブの項目" と読み上げられます。S キーを押すと、作成者の情報が表示されます。

関連項目

スクリーン リーダーを使って OneNote のノートブックにコンテンツを挿入する

OneNote でスクリーン リーダーを使用して、ノートブック、セクション、ページを整理する

OneNote Online のショートカット キー

OneNote でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

OneNote のアクセシビリティ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×