スクリーン リーダーを使用して、Word 2016 でテンプレートを操作する

スクリーン リーダーを使用して、Word 2016 でテンプレートを操作する

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Word 2016 では、キーボードと、Windows の組み込みスクリーン リーダーであるナレーターを使用して、アクセシビリティ対応の Word 2016 のテンプレートでカバー レター、履歴書、イベントのチラシなどを簡単に作成できます。書式設定やスタイルを心配する必要はありません。テンプレートにあらかじめ用意されています。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • キーボード ショートカットについては、「Windows 版 Microsoft Word 2016 のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

テンプレートの概要

テンプレートは、書式設定、スタイル、およびあらかじめ定義されたプレースホルダー テキストが集まったものです。Word 2016 では、プロジェクトの進捗レポート、履歴書、イベント用のチラシ、研究論文、タスク リストなどを簡単に作成するための、さまざまなアクセシビリティ対応のテンプレートを検索できます。

スクリーン リーダーによって、テンプレートのフォーム フィールドのプレースホルダー テキストが読み上げられます。フォーム フィールドにテキストを入力して、プレースホルダー テキストを置き換えます。フォーム フィールドから別のフィールドに移動するには、上、下方向キーまたは Tab キーを押します。

テンプレートを使用したファイルに加えた変更は、元のテンプレートには影響しません。テンプレートを使用して新しい文書を作成するときは、常に別のファイルが作成されます。そのため、忘れずにファイルを保存してください。独自のテンプレートを作成または既存のテンプレートを編集する場合は、次の手順を参照してください:「テンプレートを作成する」。

アクセシビリティ対応のテンプレートを検索する

注: オンライン テンプレートを検索するには、インターネットに接続する必要があります。

  1. Word 2016 を開きます。

  2. [ファイル] タブに移動するには、キーボードの Alt キーを押しながら F キーを押します。

  3. テンプレートのコレクションを開くには、N キーを押します。次の音声が聞こえます: “[新規作成] タブの項目を選択しました。”

  4. アクセシビリティ対応のテンプレートを検索するには、S キーを押します。次の音声が聞こえます: “オンライン テンプレートを検索します。“検索フィールドで、「アクセシビリティ対応のテンプレート」と入力し、Enter キーを押します。

  5. 検索結果から、適切なテンプレートを見つけるには、方向キーを押します。テンプレートを移動するごとに、その名前を聞くことができます。

  6. テンプレートを選択するには、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます: “<テンプレート名> の作成ボタンが選択されました。“

    JAWS では、次の音声が聞こえます: “[ファイル] の [新規作成] タブ、<テンプレートの説明>。“

  7. 文書で作業を開始するには、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます: “<文書名> Word ウィンドウ。テンプレートをもとに新しい文書を編集する準備が整いました。”

    JAWS では、テンプレートの最初のフォーム フィールドを聞くことができます。

例: テンプレートを使用してカバー レターを作成する

たとえば、あらかじめ書式設定された Word 2016 テンプレートを使用して、本格的なカバー レターを作成し、履歴書に添えます。

  1. Word 2016 で、上記の「Word_2016 でアクセシビリティ対応のテンプレートを検索する」にあるように、アクセシビリティ対応のテンプレートを検索します。

  2. 検索結果で、次の音声が聞こえるまで右方向キーを押します。“カバー レター ボタン。“

    注: カバー レターが検索結果の最初のテンプレートの場合は、自動的に選択されます。

    次に、Enter キーを押します。次の音声が聞こえます: “カバー レターの作成ボタンが選択されました。”テンプレートを使用して新しい文書の作成を開始するには、Enter キーを押します。

  3. カバー レターが [ホーム] タブに開きます。次の音声が聞こえます: “<文書名>、Word ウィンドウ、<文書名> を編集します。“

    JAWS を使用している場合は、フォーカスが最初のフォーム フィールドに直接移動し、“氏名“ という音声が聞こえます。自分の名前を入力し、手順 5 に移動します。

  4. 自分の名前を追加するには、右方向キーを押します。次の音声が聞こえます: “氏名。“次に、自分の名前を入力します。

  5. 市区町村、番地、および郵便番号を追加するには、下方向キーを押します。次の音声が聞こえます: “都道府県、市区町村、番地、郵便番号“次に、住所情報を入力します。

  6. 自分の電話番号を追加するには、Tab キーを押します。次の音声が聞こえます: “電話番号。“自分の電話番号を入力します。

  7. メール アドレスを追加するには、Tab キーを押します。次の音声が聞こえます: “メール。“​​次に、メール アドレスを入力します。

  8. カバー レターに日付を追加するには、Tab キーを押します。次の音声が聞こえます: “日付。“次に、日付を入力します。

  9. 受取人の名前を追加するには、下方向キーを押します。次の音声が聞こえます: “受取人の名前。“次に、受取人の名前を入力します。

  10. 受取人の肩書き、会社名、市区町村、番地、および郵便番号を追加するには、下方向キーを押します。次の音声が聞こえます: “肩書き、会社、住所、市区町村、郵便番号。“次に、受取人の情報を入力します。

  11. 挨拶文の後に、受取人の名前を追加するには、下方向キーを押します。次の音声が聞こえます: “受取人の名前。“次に、受取人の名前を入力します。

  12. カバー レターの本文テキストを追加するには、下方向キーを押します。プレースホルダー テキストの内容を聞きます。次に、テキストを入力します。プレースホルダー テキストが削除されます。

    ヒント: カバー レターにオンライン履歴書などへのハイパーリンクを追加する手順については、次を参照してください: 「ハイパーリンクを作成または編集する」。

  13. カバー レターの結語に移動するには、下方向キーを押します。次の音声が聞こえます: “敬具。“

    注: 場合によっては、結語の “敬具“ はテンプレートのフォーム フィールドではありません。ただし、あらかじめ書式設定されたテキストを削除することにより、フォーム フィールド以外のテキストを編集し、独自に入力することができます。

    JAWS では、次の音声が聞こえます: “フォーム フィールド外“ はフォーム フィールド以外のテキストです。その後は、実際のテキストの音声を聞きます: “敬具。“

  14. 自分の名前でレターに署名するには、下方向キーを押します。次の音声が聞こえます: “氏名、選択されました、編集します。“次に、自分の名前を入力します。

  15. カバー レターを保存するには、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。Word 文書を保存する方法については、「Word で文章を保存する」を参照してください。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

関連項目

Word 2016 でスクリーン リーダーを使用し、文書にテキストを追加したり、文書内のテキストを編集したりする

Word でスクリーン リーダーを使用し、綴りや文法を確認する

Windows 版 Microsoft Word 2016 のキーボード ショートカット

Word でスクリーン リーダーを使用して実行する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

アクセシビリティ機能を利用して Word を操作する方法

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×