スクリーン リーダーを使用して、プロジェクト チームを作成するには

記事は非常に簡単な概要 (1 つの文) から始めます。読者の立場に立って作成します。 - 読者がこの記事を読む目的は何でしょうか。読者は何を必要としているでしょうか。

  1. 作業を完了するための簡単な手順の一覧から取り掛かります。

    概念を説明する必要がある場合、または前提条件の手順を実行する必要がある場合、簡単なまとめを手順の下の必要な場所に追加し、概念や手順にリンクします。

  2. 手順は簡潔にします - 5 つ以下の手順にまとめるのが望ましく、8 つ以上になるのは望ましくありません。

  3. ユーザー インターフェイスの要素または入力テキストには、UI スタイルを使用します。

  4. 操作を示す動詞には、「選択」や「入力」などを使用し、メニューの場合は、「[メニュー名]、[コマンド名] の順に」という形式をとります。

  5. オプションで、コンテキストのスクリーンショットを追加します (UI が見つけにくい場合、または作業を完了するために必要な場合)。

    最大幅: 520 ピクセル。標準のテーマを使用し、個人情報は表示せずに、関連する情報のみが表示されるようにトリミングします。

ビデオやスクリーンショットを追加する場合は、2 段組みグリッドを使用して、左に手順を表示し、右にビデオやスクリーンショットを表示します。手順とビデオの段組みの例を参照してください。

1 つの記事に対してターゲットとする単語数は 500 を超えないようにしてください。

記事の例

自分の写真を変更する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×